携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (09月22日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
ボリンジャー
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株
決算書 M&A FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

アンディ 鏑木繁
小次郎講師 New!
バカラ村 林輝太郎
増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
←131 133→

<< Home / 《オススメの一冊》一覧 / メッサーラ さん

『マネーの公理
スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

マックス・ギュンター, 林康史, 石川由美子
日経BP
四六判 256頁
2005年12月発売
1,680円 (税込)
マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

今回コメントくださったのは メッサーラ さん です
Q1 オススメ書を教えて下さい。

 ”不安になるほどのリスクを取らないようにしましょう”
 ”投資対象を複数にしてリスクを分散しましょう”

こうした、相場本にありがちなフレーズに慣れている人は、冒頭から驚かされることになります。なんせ第一の公理には「心配は病気ではなく健康の証。心配なことがないなら十分なリスクを取ってない」とあり、副公理は「分散投資の誘惑に負けるな」なのですから。

第二公理でも、よく言われる「損小利大――利は大きくのばしましょう」とは正反対の「常に早すぎるほど早く利食え」と主張しています。内容の一部を少し詳しく書きますと、「機動力」の項目では「より魅力的なものが見えたら、ただちに投資を中断しなければならない(魅力的なものに資金を移せ)」とあるのですが、これなども数々の投資本で否定されてきた「やってはいけないこと」の一つではなかったでしょうか。

「執着」の項目と合わせて見てみると、著者はこう主張しているかのようです。
「株の塩漬けなどはもってのほか。ナンピンも“引かされ玉を助ける打ち出の小槌”と思われがちだが、仮にそれで救出することができたとしても、そもそも(救済のための)資金投入がベストな選択であったか?いやそうではなかったはずだ、投機の目的を決して忘れるな。引かれ玉を助けることが投機目的ではない。もしあなたがナンピンによってもっとよい投機機会が失われてしまったら、それは大きな損失だ。儲けることこそが真の目的なのだ。もっと全体を見ろ」と。

資金を他の投機対象に向けるという選択肢を忘れてしまってはいないか?と警告しているのです。相場をやっている者でも、いや、その中にいるからこそ忘れてしまいがちな「資金的機動力」について改めて考えさせられます。

長期計画をたてようとする計画好きな輩への忠告でもある「長期計画についてはたった一つでよい。それは”金持ちになろうとする意志”だけだ」というのも印象的なフレーズでした。

また、筆者は「直感」を「軽視」も「盲信」もせず、「識別をしろ」と主張しています。「注意を払うことを忘れなければ、直感は有効な投機ツールになる」と述べ、では直感とはなんなのか?どうしてそれが有効なツールになりうるかを論理的 (?) に説明しようと試みることも忘れていません。このような、説明・位置づけしづらい現象や、心理的なものが起因する「相場で大衆が取りがちな数々の行動」をいい意味での理屈をそえて説明しようとする態度は本書全体を通じて感じられます。

監訳者が後書きで述べている通り、「賛成できるとは言えない部分もある」し、私自身もいくつかの公理はそれぞれが相反するものになっていると感じるところもあります。ですが、それも、そう、ちょうど著者が第十公理で取りあげているデカルトのような懐疑心をこの本にすら適用するような態度で臨めば、きっとそこから得られるものは、読んだことによって被るかもしれない損失(私はほとんどそれは無いと思いますが)を大きく上回るでしょう。

ああ、長々と説明しても徒労に終わりそうです。どんなに詳しく説明するより読んでもらった方が早いですね。とにかくこれは、帯に推薦文を記したラリーウィリアムズが、「版権を買い取ろうと試みた」「いまでも年に一回は読み返す」書籍であり、そして彼に“This is the best book I've ever read on the art of being a speculator.”(投機家である事というアートについて、私がこれまでに読んだ中で最高の本である) と、言わしめた本なのです。
その事実だけで一読する価値ありと判断していいのかもしれません。

Q2 5点満点で採点すると?
読みやすい		★★★
知識がつく		★★★★
おもしろい		★★★★★
儲かる			★★★
専門的			★★★
目から鱗			★★★★★
いつか役立つ		★★★★★
何度も読み返したくなる	★★★★★
総合オススメ度		★★★★★

メッサーラ さん


「ロビンス−タイコム先物チャンピオンシップ」第6回大会優勝者

相場歴4年。商品先物歴3年。第6回「ロビンス−タイコム先物チャンピオンシップ」 では5ヶ月で509.88%のパフォーマンスを出し優勝。個人トレーダーでもある大阪 Clear GroupのClear氏と共にトレード関連のサイトを運営予定。また、この春、東京・ 大阪・名古屋にてタイコム社主催のセミナー開催予定。

共同運営予定サイト

今後のセミナー予定
ありがとうございました。

このコーナーの更新は、Traders Shopより無料で配信しているメールマガジンでもお知らせしています。


<< Home / 《オススメの一冊》一覧 / メッサーラ さん Page Top

Copyright(C) 1999-2017 Traders Shop All Rights Reserved.

■投資ニュース

  • 2017/09/24 13:30:
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (12MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「地政学」ランキング(09/07更新)

    バックナンバー

    マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート

    1. マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート
    2. トランプ・シフト これからの世界経済に備える14のこと
    3. 情報を「お金」に換える シミュレーション思考
    4. [オーディオブックCD] 金森薫の世界情勢マンスリー 2017年9月特集号
    5. DVD 円高デフレの終焉と日本株復活

    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。