講師紹介(五十音順)

相場師朗

相場師朗

株職人、現役プロトレーダー。
20歳より株取引を始め、売買歴35年。自己資金の運用をメインにトレード技術の講義活動を行い、その範囲は海外にも及ぶ。
現在、ラジオ日経「相場師朗の株塾」でMCを務め、「モーニングスター」など大手投資情報会社や大手証券会社で講師を務めることも多い。全国で開くセミナーは常に超満員で、受講枠の待ちが約10カ月の講座もあり、 1日セミナーのギャラは1,000万円を超える。
その真摯かつ実践的な講義は熱烈な支持を集め、プロ投資家も教えをうける。

石原順

石原順(西山孝四郎)

相場の周期およびボラティリティー(変動率)を利用した独自トレンド分析や情報ネットワークを活かした売買技術で多くの投資家を魅了している。
1986年より株式・債券・CB・ワラント等の金融商品のデーリング業務に従事、1994年よりファンド・オブ・ファンズのスキームで海外のヘッジファンドの運用に携わる。為替市場のトレンドの美しさに魅了され、日本において為替取引がまだヘッジ取引しか認められなかった時代からシカゴのIMM通貨先物市場に参入し活躍する。
現在は数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍している。

石原順

村田美夏/ウルフ村田

通称“ウルフ村田”として年間2億円稼ぐ凄腕トレーダーなどでテレビや雑誌でもお馴染み。その強いキャラクターとは裏腹に緻密な分析のもとにトレードを行う誠実で謙虚な人柄である。
東京大学経済学部を首席で卒業し、日本長期信用銀行に入社するも1998年に同行が経営破綻。2000年にサラリーマン生活に終止符を打ち、昼はトレードをしながらお酒が好きという理由で、夜はキャバクラに勤める。キャバクラを首席で卒業後は、金融トレーダー兼エンジェル投資家として、海外や日本の複数の企業支援を行う。2010年に、現在代表を務めるサクセスワイズを設立し、代表取締役に就任。農業・飲食・健康に関連する事業者さまの販促PRサイト「健康安心なび」などを運営している。
株式会社サクセスワイズ代表取締役社長、国連諮問機関BPW(Business and Professional Women)東京クラブ会長。

えつこ

えつこ

毎月10万円からスタートして、月末には数百万円にまで膨らませる専業主婦トレーダー。
SEとして銀行や証券会社に勤務し、その後、ソフト開発の会社も経営していたが、息子を妊娠後、専業主婦になる。今は専業トレーダーとなり、相場の勢いをつかむ方法を独学で学び、毎日トレードに励んでいる。
FXの利益で、発展途上国の子供たちや貧困層を援助する財団を設立することが夢。著書の『待つFX』はベストセラーとなり、ブルベア大賞2010を受賞。

江守哲

江守哲

エモリキャピタルマネジメント株式会社 代表取締役
慶應義塾大学商学部卒業後、住友商事に入社し、非鉄金属取引に従事。1996年に英国住友商事(現欧州住友商事)に出向しロンドンに駐在。その後、Metallgesellschaft Ltd.、三井物産フューチャーズを経て、2007年7月にアストマックス入社。同社でファンドマネージャーに就任。アストマックス退社後、2015年4月にエモリキャピタルマネジメントを設立。
ヘッジファンドを中心とした資産運用や株式・為替・債券・コモディティ市場の情報提供などを事業として展開。

桐谷広人

桐谷広人

1949年、広島県生まれ。投資家、将棋棋士(七段)。
現役時代から財テク将棋棋士として知られ、2007年に引退してからは、ほとんど現金を使わない「株主優待生活」を始める。一時は株式を約400銘柄、時価3億円まで膨らむが、リーマンショックでの痛い経験から、その後は優待・配当銘柄を売らずに、「持つ投資戦略」を重視するようになる。株主優待を活用することで生活費はほとんど現金を使わず、自分にとって利用価値が低い期限付き商品券については金券ショップに売るなど、さまざまな方法を駆使して高く売却している。

向後はるみ

向後はるみ

ラジオNIKKEI第1「実践!相場の女神 注目銘柄分析」パーソナリティ。
ネットマネーやダイヤモンドZAI、日刊ゲンダイ月曜連載などマネー誌等へ執筆多数。全国でセミナー講演なども行っている。Yahoo!ファイナンス株価予想は、コンテンツ開始時より参加。夕刊フジの人気企画「株1グランプリ」の年間グランドチャンピオン大会、2014年優勝。15年準優勝。16年優勝。
地合いを考慮した短期向け銘柄、中長期向け銘柄のスクリーニングや使い分けが得意で、実践を意識した値動きの良い銘柄選定に定評。
ブログ:Amebaオフィシャルブログ「はる日和

小次郎講師

小次郎講師(手塚宏二)

チャート研究家、トレード手法研究家。
タートルズのトレード手法を元にしたトレードルール作成のノウハウを公開して高い評価を得る。テクニカル分析の講座では、各種テクニカル分析を一般投資家がその指標を使って利益を上げられるところまで詳しく使い方を解説してくれるということで人気を博す。
投資教育をライフワークとしている。公式一目均衡表チャートの開発者。
みんなの株式「みんコモコラムアワード」2013年、2014年連続大賞受賞!ブルベア大賞、2015年準大賞、2016年大賞受賞
ブログ「小次郎講師の移動平均線大循環分析ブログ

近藤和才

近藤和才

2008年4月〜12月にかけて開催された「ロビンス・タイコム先物チャンピオンシップ」では、2357%の国内新記録にて優勝する。これは1984年以来の本場米国大会を含めても、あのラリー・ウィリアムズの10000%に次ぐ大記録である。
1993年、大学卒業後まもなくメキシコに渡り、現地の日系建機メーカーにて海外営業、生産管理業務に携わる。この時、メーカーの利益が製品の優劣よりも、為替レートや原料価格に大きく左右されることを痛感する。1997年から2007年まで海運サービス会社にて穀物取引と傭船活動に従事する。その間に、一般的にはあまり知られていない傭船料および船舶燃料デリバティブ取引を手掛ける。同じ頃、オンライン取引の導入と共に現物 株式取引を始める。その後、株の信用取引を経て、商品先物取引を経験し、レバレッジの魅力から本業と副業が入れ替わるほど相場に没頭し、2007年に退社する。

斉藤正章

斉藤正章

1975年、東京都生まれの個人投資家。
システム開発会社でプログラマー兼システムエンジニアとして8年間勤務した後、独立。2003年より独学でシステムトレードを開始してから約3年間で6000%近い利回りを達成。2006年に運用資金の4割を失ってから新たなシステムを開発し、現在は年利40%前後で安定した運用を続けている。
システムトレード実践用ソフトウェア「システムトレードの達人」の開発者。 著書に『入門株のシステムトレード 利益が出るロジックのつくり方』、『システムトレード発見のポイント』など多数。DVDに『システムトレード運用術ーシンプルな売買ルールと機械的な資金管理』、『DVD 最も利益を生むシンプルな戦略 斉藤正章の究極のトレード実践セミナー』など多数。

坂本慎太郎(ブッコミ、Bコミ)

坂本慎太郎(ブッコミ、Bコミ)

日系証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。2008年から株式会社かんぽ生命保険に転じ、社債・地方債・財投機関債のファンドマネージャーを経験した後、運用計画の策定・株式のストラテジスト、株式のファンドマネージャーとして運用に携わる。中長期投資は世界情勢、需給、業績等をもとに相場の方向感を押さえつつ、業績や資金動向等の需給に重きを置いた運用を行っている。短期投資は日本株を中心に板読みやチャート分析によるデイトレードを行っている。
現在はこころトレード研究所を運営。

志摩力男

志摩力男

慶應義塾大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券などでプロップトレーダーを歴任。
その後、香港にてマクロヘッジファンドマネージャーとして活躍、独立した現在も世界各地の有名トレーダー等と交流がある。

菅下清廣

菅下清廣

スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長であり、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問を務める。また、国際金融コンサルタント、経済評論家として国内外の金融機関、新興企業、ベンチャー企業のコンサルタントや金融顧問を務め、「経済の千里眼」の異名をとり、政財界に多くの信奉者を持つ。
1969年に大和証券に入社し、その後は世界最大の証券会社 メリルリンチや米国の名門投資銀行キダー・ピーボディ、ラザードジャパンアセットマネジメント株式会社で、機関投資家の金融顧問や政府系資金の財務戦略を担当。
主な出版物に『2014 大予測 大相場のゆくえ 株式市場はこうなる!(フォレスト出版刊)』、『菅下清廣の次にくる爆騰期待株90銘柄(廣済堂出版)』、『大富豪だけが知っている「金の坐」の法則(小学館)』など多数。

田代岳(YEN蔵)

田代岳(YEN蔵)

愛称YEN蔵。
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。
為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開する。FXの印象が強いが、現在は短期トレードやインバウンド銘柄、板読みなど個別株デイトレードをを主戦場として稼いでいる。

玉川陽介

玉川陽介

コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ株式会社代表取締役。
大学在学中に統計データ処理受託の会社を設立。同社を毎年増収増益で成長させ、2006年に売却。その資金で本格的に投資を始める。その後、国内外で不動産投資と証券投資を幅広く行う。
自らの投資収益を主たる収入源としながら、『週刊ダイヤモンド』など経済誌への記事執筆も行っている。『不動産投資1年目の教科書』、『勝者1%の超富裕層に学ぶ「海外投資」7つの方法』などすべての著書が増刷を重ねる。2014年には17年超にかけて経験した『インカムゲイン投資の教科書』を執筆。リスクを抑えて安定的に高利で資産を増やす投資法としてETFやREITなどを長期保有、売買益のリターンではなく配当や分配金などを高利回りで得られると多くの個人投資家から反響を得た。その投資家としての分析や視点に定評がある。

DUKE。

DUKE。(デューク。)

個人投資家。テクノファンダメンタル派。
米国公認会計士。慶應義塾大学を卒業後、東証1部上場企業に入社。管理会計、経営計画に長く携わり、経営陣への収益分析報告の責任者を務める。2003年、結婚と同時に株式投資を始める。手痛い大失敗を繰り返すも、ライブドアショック、リーマンショックを乗り越える。その後、ウィリアム・オニールの投資法に出会い、開眼。以来、自身の「新高値ブレイク投資術」の改善を続けている。
2014年、株式投資での累計利益が1億円を突破。2016年の日経平均株価がマイナスに沈む厳しい環境下でも、1億円の利益を達成。家庭では3児のイクメンパパ。好奇心が旺盛で、旅行と新しいことが大好き。将来、宇宙旅行に行く予定。東京おもちゃショーに家族を連れて行くかたわら、玩具会社の銘柄調査や流行チェックを行うなど、楽しみながら一石三鳥の株式投資を実践している。 ブログ「DUKE。のサーフィンインベストメント | ツイッター investorduke

テスタ

テスタ

800万円の元手から、利益10億円を達成し日本を代表する専業トレーダーとして、TVや雑誌などにも取り上げられている。
期待値や敗因を研究することで長期的に見て負けないトレードを行い、月間ベースで損失を出したのは、2005年から6回のみという堅実なトレードを武器とする。
児童養護施設600箇所にサッカーボール、バレーボール、ドッジボールを寄付したことで、 感動の声が続出、更に支援の輪が広がるなどトレーダーの尊敬を集めている。 ブログ「テスタの株日誌」 | ツイッター @tesuta001

中原圭介

中原圭介

経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。
企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に努めている。経済や経営だけでなく、歴史や心理学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析し、予測の正確さには定評がある。
主な著書に『シェール革命後の世界勢力図』『経済予測脳で人生が変わる!』(ダイヤモンド社)、『これから世界で起こること』(東洋経済新報社)、『トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門』(日本実業出版社)、『騙されないための世界経済入門』(フォレスト出版)、『お金の神様』(講談社)などがある。

中村貴司

中村貴司

国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)理事、日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)研究吃長。日系・外資系証券会社、損保・証券系運用会社でアナリスト、ファンドマネージャー等を経て、現在、東海東京調査センターでシニアストラテジストとして、日本株・Jリートを含むグローバル投資戦略やテクニカル分析に従事。 IFTA国際検定テクニカルアナリスト(MFTA)。国際公認投資アナリスト(CIIA)。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、CFP、英国王立勅許鑑定士(MRICS)、不動産証券化協会認定マスター。
伝統的ファイナンス理論を中心とした「ファンダメンタルズ分析」に加え、投資家心理・投資家行動を中心とした「行動ファイナンス理論」や「テクニカル分析」を組み合わせた講演多数。ESG投資やAI(人工知能)などの長期成長ストーリーの描けるテーマにも強み。早稲田大学ビジネス情報アカデミー「ファンドマネジメント講座」、明治大学リバティーアカデミー、シグマインベストメントスクール、FPフォーラム等で講師を務める。メディアでは日経CNBCや東海東京TV「グローバル投資戦略」等に出演中。

成田博之

成田博之

Seahawk Pte Ltd 最高経営責任者。
ノースカロライナ大学卒業。シンガポールでの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、2006年までオーストラリアで自己資本を運用するプライベート・トレーダーとして活躍。帰国後、FX業者でディーリングやコンサルティング業務に従事。現在、運用の傍ら投資関連の企画やルール開発を行っている。
アドバイザー兼トレーダー仲間として、ラリー・ウィリアムズやジョー・ディナポリ、ラルフ・ビンズから絶大な信頼を得ている。
翻訳書に『ピット・ブル』、『ディナポリの秘数 フィボナッチ売買法』、『DVD 短期売買入門セミナー』、『DVD 短期システム売買実践セミナー』、『DVD マネー・マネジメント(資金管理)の追求』、『DVD 為替の戦略セミナー』、『DVD 飛躍の原理 マネー・マネジメント』 、『DVD ダウ先物のバイアスとトレードアイデア』 などがある。

西原宏一

西原宏一

株式会社CKキャピタル 代表取締役・CEO
青山学院大学卒業後、1985年大手米系銀行のシティバンク東京支店入行。1996年まで同行為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後、活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任。2009年より現職。B型。
ロンドン、シンガポールのファンドとの交流が深い。
著書に『30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX』『DVD 勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめ』などがある。

バカラ村

バカラ村

国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト。
2015年トレード世界大会為替部門で優勝。
得意通貨ペアはドル円やユーロドル等のドルストレート全般である。デイトレードを基本としているが、豊富な知識と経験に裏打ちされた鋭い分析をもとに、スイングトレードやスキャルピングなどを柔軟に使い分ける。
1日12時間を超える相場の勉強から培った、そのアプローチには、個人投資家のみならず多くのマーケット関係者が注目している。
著作『DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析』はブルベア大賞2011を受賞。
主な著作に『DVD バカラ村式 FX短期トレードテクニック 相場は相場に聞け』、『DVD バカラ村式 FX短期トレードテクニック 相場が教えてくれる3つの勝ちパターン』などがある。
ブログ「FXだけで生活しちゃおー」も執筆中。

美理雄

美理雄(びりお)

個人投資家、実業家。
大学2年生のとき情報商材ビジネスで貯めたお金を元手に株投資をはじめる。
自由な時間をこよなく愛す。朝から晩までPCの前で拘束される投資スタイルはあわないことからオプション取引を中心とする。
ツイッター@OILLIB

福寄儀寛

福寄儀寛(ふくより のりひろ)

東京大学法学部卒、22歳の時にオンラインゲームとFX投資の世界に魅せられニート生活にいそしむ。以後、25歳頃より独自のリスク回避手法を確立。チャートを用いた短期売買を主軸に収益を拡大。現在もトレード技術の研鑚を続ける。投資歴は約18年間。途中、FX事業者に所属して日本国内のトレードプラットフォームやユーザーインターフェースの開発・発展に寄与。近年では投資家としての活動だけではなく、IT経営者としてフィンテック事業やEコマース事業の運営および開発に携わる。

ブッシー

ブッシー

2008年にディーラーデビュー。2013年までに足掛け4年間ディーラーを経験し、個人投資家へ。ポジション全力投球から繰り出されるボラティティーは2016年に50万円の資金を4か月で1800万円へ増やすなど株の投資家でトップクラス。 日々のトレードを記録した人気ブログ『ブッシーの株生活』は独自の感受性を活かした表現力と愛らしいキャラクター、日々のボラティリティーに夢を共有するファンに支えられている。趣味は格ゲー。ブッシーの株生活

Mr. Hilton

Mr. Hilton

225先物の専業トレーダーとして生計を立てる。
市場参加者の心理を読み解き、使いやすい手法で勝つ確率を高め、建玉操作をすることで専業トレーダー転身した2004年から現在まで、月間収支で無敗を続ける。
日経225先物は事前準備と独特のクセを読み解けば、難しく考えないで勝てるということをセミナーやデイトレーダー養成通信講座などで証明し多くのファンを魅了している。

むらやん

むらやん (村上直樹)

大阪市在住の専業トレーダー。NSC(吉本総合芸能学院)入学するも、ビンボーすぎる自分に嫌気がさして夢を捨ててビジネスの世界へ。会社員を経て独立経営するも上手くいかず断念。そんな時、人との出会いから相場の世界へ足を踏み入れたのが2005年春。手痛い洗礼を受けながらもその後は順調に毎年収支を数百万円から数千万円のプラスとして株式生活をエンジョイする。
主な著書に『DVD むらやんの株式デイトレード術』がある。
ユニークで親しみやすい人柄はブログ「むらやんが株やってます。」でも人気者。

森谷博之

森谷博之

Quasars22 Private Limited( Singapore), Director, MBA,MBA,MSc,中央大学商学研究科兼任講師、中央大学企業研究所客員研究員。
主な論文に「金融市場の安定、多重性の増加、取引戦略の役割」企業研究第30号(2016年3月)、「シンガポールの金融ビジネスの可能性とそれを支えるシステム」企業研究第29号(2015年8月)
主な訳書に『シュワッガーのテクニカル分析』(1999)パンローリング、『物理学者ウォール街を往く』(2005)東洋経済新報社

ヤーマン

ヤーマン

専業トレーダー。
北浜で証券ディーラーを5年経験した後に社会的地位も安定も捨て自らの腕一本で勝負するデイトレーダーという道を選ぶ。1年足らずで運用資金200万円を2,700万円に増やした後、1日で800万円を失いながらも見事に復活し利益を伸ばしている。
大きな損失から学んだことは、負けたときだけではなく勝ったときにも売買を見直すということ、相場の潮目に合わせて手法を変えられるかなど、膨らむ資本に試行錯誤しながら日々トレード技術を研磨している。
主な著書に『DVD ヤーマンの株式デイトレード 連動銘柄と勝率』がある。
ブログ「ヤーマンの株日記」で取引銘柄や成果などを更新。

山中康司

山中康司

アセンダント社取締役。
1982年バンク・オブ・アメリカ入行、為替トレーディング業務に従事。1989年バイスプレジデント。1993年プロプライエタリー・マネージャー。1997年日興コーディアル証券入社、1999年日興シティ信託銀行為替資金部次長。2002年アセンダント社設立・取締役。
テクニカル分析と金融占星術を組み合わせた独自の為替予測を行い、各社にレポートを配信。セミナー講師やコンサルティング等もつとめている。
著書に『FXボリンジャーバンド常勝のワザ』『DVD ボリンジャーバンド ルールの設定とパターン分析の勝率』など多数。

吉野貴晶

吉野貴晶

大和証券 チーフクオンツアナリスト
日経ヴェリタス人気アナリストランキング、クオンツ部門で02年から15年まで14年連続1位を獲得する著名アナリスト。
1965年埼玉県生まれ。千葉大学卒業、筑波大学大学院博士課程修了。89年岡三経済研究所入社、クオンツ分析を担当。山一証券を経て2002年大和総研に入社。10年より、大和証券チーフクオンツアナリスト就任。青山学院大学大学院(MBAコース)非常勤講師。
著書に『No.1アナリストがいつも使っている 投資指標の本当の見方』、『株のジンクス』、『株式投資のための定量分析入門』、『サザエさんと株価の背景』他多数。