携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (09月22日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
ボリンジャー
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株
決算書 M&A FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

アンディ 鏑木繁
小次郎講師 New!
バカラ村 林輝太郎
増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
 高勝率81〜94%!株式トレード支援アプリ『Stock630』(6か月)【Traders Shop限定】

高勝率81〜94%!株式トレード支援アプリ『Stock630』(6か月)【Traders Shop限定】


サラインベストメントサービス株式会社
6か月更新 ソフトウェア 2017年6月発売
本体 250,000円  税込 270,000円  国内送料無料です。
この商品は 5日程度で発送できる予定です。 (発送可能時期について)

『投資戦略フェアEXPO2017』以降の実績を公開しました。

お申込みの前に最後までお読みください。

高勝率81〜94%!株式トレード支援アプリ『Stock630』(ストックロクサンマル)【TradersShop限定販売】

『Stock630』は、東証上場の全株式銘柄をアプリケーションシステムでスクリーニングをし、売買タイミングをお知らせするトレードツールです。

本アプリは、一攫千金を狙うソフトとは違い、コツコツ利益を積み上げていくタイプのトレードツールです。
年間の利益率は30%前後10%を想定しています。

昨年10月の販売開始以来、8割を超える高勝率を維持し続けている株式トレード支援アプリ『Stock630』をTradersShopで特典付きの限定販売をいたします。

「夕方6時30分にアプリで売買シグナルを確認」「売買の発注は翌朝寄付きまでに完了」1日10分の確認発注作業のみで“相場ストレスフリー”を実現しました。

【TradersShop限定】で各3コースいずれにも、初回契約に限り《3か月間無料サービス》をお付けいたします!

*アプリダウンロードは、ウィンドウズVISTA/7/8/10のみとなっています。
(OSがウィンドウズ以外の方は厳選配信メールのみとなります。)

さらに、特典として売買ロジックホルダーの北さんが実際に売買している『Stock630』厳選銘柄配信サービスもセットで付けさせていただきます!

『Stock630』厳選配信メールとは、北さんのテクニカル売買ロジックを搭載した人工知能アプリケーション『Stock630』が判定した「新規シグナル」をさらに絞り込みをかけて、厳選した銘柄だけを配信するメールサービスです。

ロジックホルダーの北さんが自己資金を投下して、会員様と一緒に利益を追求しながら、尚且つトレード履歴を公開する前代未聞の企画です。

本来は、アプリ利用と同額の有料配信サービスであるところを【TradersShop限定】ということで特別に無料でお付けいたします。


北さん プロフィール

北川博文
サラインベストメントサービス株式会社代表取締役社長
相場歴39年、日本初のFX会社ひまわり証券前社長。
35年前からテクニカルチャートを駆使して企業業績を拡大させ、 自己資金運用会社ひまわりインベストメント株式会社の 社長兼トレーダーとして証券先物、FX、商品先物の3市場間の ポートフォリオトレードを実践。
2014年4月、システムトレード開発会社 サラインベストメントサービス株式会社を起業。


●『Stock630』って?

『Stock630』は、東証の全銘柄(約 3800 銘柄)の株価をパソコンに取り込んで計算し、 利益が取れる可能性が高い銘柄をシグナル表示する高勝率のスクリーニングツールです。

その勝率は81%〜94%ではありますが、時にはそれを越えることもあります。
テクニカル分析は、逆張りオシレータを複数組み合わせ、シグナル判定しています。

毎営業日、およそ3800銘柄の最新シグナル情報が夕方6時30分以降にアプリを開くとダウンロードされ、売買シグナルの確認ができます。

『Stock630』のネーミングの由来は、このように6時30分にシグナルが見れるところから来ています。

仕事が終って帰宅し、空いた時間にパソコン画面でアプリを開いて売買シグナルを確認して、お休みになる前までに発注するだけの簡単楽々トレード。

「投資は手堅く安定的に利益を積み上げていきたい」とお考えの方にはお勧めです。

【Stock630アプリメインフォーム画面】

【Stock630アプリメインフォーム画面】
※クリックで拡大します。

【年度別成績表】(2006年〜2016年)

年別成績表
西暦取引回数勝率損益主な出来事
2006年2,5712,21635586.19%132,190,487ライブドアショック
2007年2,0041,65135382.38%100,376,908米不動産バブル崩壊
2008年7,4025,9481,45480.35%170,965,159リーマンショック
2009年1,6501,44021087.27%92,365,738GM経営破綻
2010年85658726968.57%9,608,491欧州債務危機
2011年1,4701,28218887.21%74,777,918東日本大震災
2012年82966616380.33%33,391,127IPS細胞・スカイツリー
2013年1,2631,12513889.07%81,684,131キプロス預金封鎖
2014年1,5171,28723084.83%79,862,080消費税8%実施
2015年1,04185119081.74%45,988,708ギリシャ不安・チャイナショック
2016年2,2211,83338882.53%85,152,490マイナス金利
22,82418,8863,93882.74%906,363,237

※一株当たりの購入金額上限は50万円で全シグナルを購入した記録(一部バックテストを含む)

●『Stock630』売買手順

  1. 『Stock630』専用アプリケーションをご自身のパソコンにダウンロードします

  2. メールでアプリのセットアップ手順を送りますので指示に従い操作を行います

  3. ダウンロードしたアプリに毎日、夕方6時30分以降にアプリを開くとデータの自動更新が行われます

  4. 新規シグナルリストボタンで売買シグナルを確認します

  5. 新規買いシグナルが発生していたら、ご自身の証券会社を通じて発注を行います

  6. 翌日注文が約定しましたら保有建玉リストに記録をします

  7. 決済注文が出て決済が完了したのち、決済記録を保有建玉ボタンより記載します
    (トレード履歴に売買記録が残ります)

※ご自身の運用資金に応じた購入株数も瞬時に計算されて出てきます。
運用資金管理をアプリが行ってくれる、まさに「至れり尽くせり」の株式トレード支援ツールです。

【新規シグナルリスト配信例】(トランプショック2016.11.10)

【新規シグナルリスト配信例】(トランプショック2016.11.10)
※クリックで拡大します。

【売りシグナル発生例】(2017.5.11)

【売りシグナル発生例】(2017.5.11)
※クリックで拡大します。

●北さんの厳選銘柄の配信ルールとは?

  1. 投資資金は、計算基準として上限1000万円とします
    ※投資資金は、ご自身の基準金額を決めてください

  2. 1銘柄購入金額上限設定を35万円とします。
    ※会員様の基準金額で案分した株数を購入してください

  3. 最大保有銘柄数は20銘柄です
    ※原則常時20銘柄を保有

  4. 保有銘柄が20銘柄に達すると原則購入を取りやめ、先に購入した銘柄が決済されて、枠が出来たら条件に合った銘柄を順次購入します
    ※会員様の保有株が20銘柄に達しても、新しい厳選銘柄が配信されます
    購入するかどうかの判断は、投資資金を考慮してお決めください
  5. 利益確定は、標準110%に設定します

  6. 同一銘柄は追加購入(難平)のみで、複数回購入しません

  7. シグナル発生銘柄の中で勝率の高い「A0」升に近い銘柄で、かつ勝率70%以上を順に購入します

  8. 最大保有銘柄数に達するまでは陰線・陽線いずれの銘柄も購入するが、目標銘柄に近づいたら陰線銘柄のみを購入します
    ※陽線銘柄は指値注文が不成立の可能性があるため

  9. 追加購入は、新規購入株数と同数を購入します

【北さんの厳選配信トレード履歴】(12月7日公開開始)
(2017年5月17日現在)

【北さんの厳選配信トレード履歴】(12月7日公開開始)
※クリックで拡大します。

【北さんの厳選配信トレード履歴】(12月7日公開開始)
※クリックで拡大します。

※1銘柄購入上限は35万円

●お客様のメリット

    ☆情報収集、銘柄選定は一切不要、人工知能にお任せ

    ☆売り決済情報もお任せ

    ☆購入株数は運用資金内でアプリに表示

    ☆平日夕方6時以降から翌朝まで、1日10分以内でOK

    ☆高勝率だから「ノンストレス」、仕事に家事に集中

    ☆平準化したミドルリターンで生活設計が立てやすい

●こんな方にお勧めです

    ☆株式投資初心者の方

    ☆株式投資を難しいとお悩みの方

    ☆諸事情で大きなリスクを取れない方

    ☆忙しくて株価を見る時間がない方

    ☆いつも株価が気になり、メンタルが弱いと感じている方

2017年3月11日にパンローリング主催の『投資戦略フェアEXPO2017』にてスポンサーとしてブース初出店をいたしました。
当日は5400名を超える来場者がありましたが、関心を持たれてメール配信を希望された方が大変ありがたいことに500名を超えました。

EXPO2017で公開してからの実績は以下の通りです。

2017/3/15〜2017/6/14(決済ベース)1銘柄上限50万円
トレード回数206回
実利益6,431,100円
勝ちトレード171回+9,557,000円
負けトレード35回-3,125,900円
勝率83.01%

★このように、現在バックテストを上回る勝率で運用中の株式トレード支援アプリ『Stock630』のお申し込みをトレーダーズショップ限定販売で20名様とさせていただきます。

今後は、マーケットインパクトを考慮して、会員様の募集を進めていく予定でおります。
(※マーケットインパクトとは、自らの売買行動によって生じる取引価格の変動を指します)

ロジックホルダーである北川が自己資金(1000万)を実際に運用し、メールで口座を公開しています。
だから安心してご利用ください。

会員様と一緒に利益を追求するといった姿勢から、北さん本人がマーケットインパクトを感じたときに募集を止める予定です。

『Stock630』アプリケーション、『Stock630』厳選配信メール、3か月無料サービスの3点セットで今回ご提供させていただきます。
ご希望の方はお早めにお申し込みください。

※本情報は、お客様の発注行動を拘束するものではありませんので、実際の売買取引に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いいたします。
なお、お客様の判断による売買によって生じた結果は、すべてお客様ご自身に帰属します。
本情報に基づいてお客様が被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、あらかじめご了承下さい。

概要

名称

株式トレード支援アプリ『Stock630』(ストックロクサンマル)

利用期間

お申し込み日(※)から契約期間最終日まで
(契約更新月の月末までに解約のお申し出がない限り翌月から初回契約期間で自動継続)

アプリケーションソフトはサラインベストメントサービス株式会社から電子メールでご案内いたします。(アプリダウンロードはセットアップに2日程度かかります。)
※アプリのダウンロードが完了した時点でご利用開始とさせていただきます。

動作環境

    OS:Windows7,8,8.1,10
    メモリ:500MB以上
    CPU:1GHz以上
    ハードディスク:300MB以上の空き容量
    macの場合はWindows7,8,8.1,10が動作する環境

売買シグナル取得方法

アプリケーションを起動することでシグナルを取得します。

会 費

    3か月コース 150,000円(138,889円+税)
    6か月コース 270,000円(250,000円+税)
    12か月コース 480,000円(444,445円+税)

※契約更新は初回契約期間での自動更新となります。
クレジットカード(VISA, Master)の自動決済になります。

クーリングオフ制度

当社と、投資顧問契約を締結した顧客は、契約締結時の書面を受けとった日(申込月の翌月1日)から起算して10日以内の期間であれば、自由に書面により契約を解除することができるものといたします。
当該契約の解除日は、顧客がその書面を発した日となります。
契約解除の場合は、前払い報酬から解除までの期間に相当する報酬額として金融商品取引業等に関する内閣府令で定める金額(―言を行っていない場合には契約締結のために通常要する費用(封筒代、通信費等)、⊇言を行っている場合には、(1)日割り計算した報酬額(契約期間に対応する報酬額÷契約期間の総日数×契約締結時の書面を受け取った日から解除日までの日数。ただし、社会通念上妥当であると認められる分のみ。)又は、(2)解除時までに行った助言の回数に応じて計算した報酬額。ただし、社会通念上妥当であると認められる分のみ。)を差し引いて返金いたします。
なお、契約解除に伴う損害賠償、違約金は一切頂きません。

お問合せ先

パンローリング株式会社 電話03-5386-7391 電子メール:info@panrolling.com

情報配信者

投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第 2899 号 サラインベストメントサービス株式会社

お断り

都合により内容が予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。
また止むを得ない事情により中止および延期する場合がございます。プログラムの追加・訂正は随時ホームページよりご案内いたします。

お申込者様のお名前、住所、電話番号、メールアドレスをサラインベストメントサービス株式会社と共有させていただきます。

キャンセルについて

契約の解除についてはメールにより行うものといたします。
(解除日は、顧客がそのメールを送信した日とします。)
中途解除した場合でも、既にお支払して頂いている報酬のご返金は行いません。なお、契約解除に伴う損害賠償、違約金は一切頂きません。

免責事項

本サービスで取得する情報は、過去の結果は将来を保証するものではありません。自己の責任に基づき独自にご判断下さい。売買の注文を勧めるものではありません。口座開設や投資の判断はすべて自己責任で行われるべきであり、そのいかなる結果にも当社は責任を負いません。
本ホームページ及びその内容を無断でコピー、引用等する行為は禁止します。


お申込みいただくには会員申込前確認事項の同意が必要になります。

会員申込前確認事項

ステップ1
契約締結前交付書面の受領方法が、電磁的交付(Webサイトからのダウンロード)であることを承諾します。



ステップ2

※枠内をスクロールして契約締結前交付書面をお読みください。


この書面をよくお読み下さい。

契約締結前の書面

(この書面は、金融商品取引法第37条の3第1項に基づき、契約締結前にお客様に交付しなければならない「契約締結前の書面」です。)

クーリング・オフ条項(10日以内の契約の解除・金融商品取引法第37条の6)

――クーリング・オフ期間内の契約解除――
当社と、投資顧問契約を締結した顧客は、契約締結時の書面を受けとった日(申込月の翌月1日)から起算して 10 日以内の期間であれば、自由に書面により契約を解除することができるものといたします。当該契約の解除日は、顧客がその書面を発した日となります。
契約解除の場合は、前払い報酬から解除までの期間に相当する報酬額として金融商品取引業等に関する内閣府令で定める金額(―言を行っていない場合には契約締結のために通常要する費用(封筒代、通信費等)、⊇言を行っている場合には、(1)日割り計算した報酬額(契約期間に対応する報酬額÷契約期間の総日数×契約締結時の書面を受け取った日から解除日までの日数。ただし、社会通念上妥当であると認められる分のみ。)又は、(2)解除時までに行った助言の回数に応じて計算した報酬額。ただし、社会通念上妥当であると認められる分のみ。)を差し引いて返金いたします。なお、契約解除に伴う損害賠償、違約金は一切頂きません。

――クーリング・オフ期間経過後の契約解除――
契約の解除についてはメールにより行うものといたします。(解除日は、顧客がそのメールを送信した日とします。)
中途解除した場合でも、既にお支払して頂いている報酬のご返金は行いません。なお、契約解除に伴う損害賠償、違約金は一切頂きません。

―― 投資顧問契約に係るリスクについて ――

当社が、投資顧問契約に基づき助言を行う金融商品は、金利・通貨の価格・金融商品市場における相場その他の指標の変動により損失が生じる恐れがあります。変動要因としては、有価証券等の価格変動リスク、金利や金融市場の変動リスク、十分な流動性の下で取引が行えない流動性リスク、有価証券等の発行体の信用リスク等があります。
したがってお客さまの投資元本は保証されているものではなく、金融商品等の価値の下落により、投資元本を割り込むことがあります。当社の助言対象金融商品に関するリスクは以下のとおりです。

FX(外国為替証拠金取引)に関するリスク

(1)価格変動リスク
FXの取引価格は、対象金融指標である外国為替レートと同様、常に変動しています。予想に反する変動により、差し入れた証拠金(投資元本)を割り込む、または、差し入れた証拠金を上回る損失を被ることがあります。また利益を保証するものでもありません。 FXでは、証拠金の何倍もの大きな取引金額を取引できるレバレッジ効果により、証拠金に対して損益の変動の割合が大きくなり、損失が膨らむことがあります。また、非対円金融指標では、取引価格の差から発生する基準通貨建ての損益を、基準通貨の対円金融指標の清算数値で円価換算します。したがって、最終的な損益額は、清算数値が算出される立会終了までの基準通貨の対円金融指標の価格変動に応じて変化します。

(2)追加証拠金リスク
相場の変動等による損失が発生した場合や証拠金基準額の変更により、当初差し入れた証拠金に不足額が発生した場合には、取引業者の定める期限までに不足額以上の追加証拠金を差し入れなければなりません。また、期限までに追加証拠金を預けなかった場合には,新規の取引ができなくなったり、取引業者の指示により建玉を強制的に反対売買されることがあります。

(3)金利変動リスク
FXでは、対象となる外国為替レートを構成する2種類の通貨の金利差に相当するスワップポイントの授受を行いますが、2通貨の金利水準の変動等により、スワップポイントの受取額が減ったり、支払額が増えたりすることや、金利水準が逆転して、スワップポイントが受取りから支払いに変わってしまうことがあります。

(4)流動性リスク
FXの取引価格は、個別競争売買による需給により決定されますが、マーケットメイカーが原則として常時呼値を提示することで市場に流動性を提供します。しかし、国内外の金融、政治、経済情勢の変化や、天災、戦乱等が原因で、外国為替市場の混乱または著しい流動性の低下が生じた場合、外国為替市場において取引制限措置がとられた場合、その他やむを得ない事由等でマーケットメイカーが呼値提示できないことがあります。
そのような流動性の低い状態では、意図した通りの値段で約定できないことがあります。また、成行等の注文をした場合でも、一部の数量のみが約定制限値幅内の対当する注文と約定し、残りの数量は失効することもあります。

(5)為替変動リスク
「円」と「外貨」の交換相場である為替相場は、外国為替市場によって時々刻々変動するため、外貨建ての金融商品には、為替変動によって予期せぬ損益が生じる場合があります。外貨建資産については、一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合は基準価額の下落要因となり、円安は基準価額の上昇要因となります。為替ヘッジをするファンドでも、為替変動リスクを完全に排除できるものではなく、為替変動の影響を受ける場合があります。また、円金利がヘッジ対象通貨建ての金利より低い場合、当該通貨と円の金利差相当分のヘッジコストがかかります。

(6)信用リスク
FXでは,口座を開設している取引業者が破たんした場合には、建玉の決済や他の取引業者への移管手続きが必要となることなどにより、損失が発生することがあります。

(7)システムリスク
FXの取引業者のシステムに障害が発生した場合、または取引業者及び投資家を結ぶ通信回線等に障害が発生した場合、注文の発注・執行や相場情報の配信が遅延したり、取引が中断あるいは取引停止になることがあり、予定外の損失が発生することがあります。

先物取引のリスク

(1)価格変動リスク
価格変動が予測に反して推移した場合は損失が発生する可能性があり、価格変動の幅が小さくても総取引金額では大きな額の変動となる為、その変動の幅によっては損失が預託した証拠金を上回るおそれがあります。

(2)追加証拠金リスク
証拠金に不足が発生した場合には、取引業者の定める時限までに追加の証拠金(追証)を差し入れなければ、取引を継続できなくなること(取引業者により建玉を強制的に決済 される等)があります。

(3)規制措置リスク
取引に異常が認められる場合には、証拠金の引き上げや代用有価証券の制限等の規制措置が発動されることがあります。その場合、追加の証拠金を差し入れたり、代用有価証券と現金を差し換えたりすることが必要となることがあります。

(4)流動性リスク
国内外の金融、政治、経済情勢の変化や天変地異等による価格急変等の状況によっては、流動性の低下により意図した通りの取引(希望する価格での取引、決済のための取引等)ができないことがあります。

(5)信用リスク
取引業者が破たんした場合等には、建玉の決済や他の取引業者への建玉移管等が必要となることがあります。

(6)システム障害リスク
取引業者のシステムに障害が発生した場合、または取引業者及び投資家を結ぶ通信回線等に障害が発生した場合には、注文の発注や相場情報の配信が遅延したり、取引が中断あるいは停止したりすることがあります。

国内株式のリスク

(1)価格変動リスク
価格変動が予測に反して推移した場合は損失が発生する可能性があります。

(2)流動性リスク
国内外の金融政治経済情勢の変化や天変地異等による価格急変等の状況によっては、流動性の低下により意図した通りの取引(希望する価格での取引、決済のための取引等)ができないことがあります。

(3)システム障害リスク
取引業者のシステムに障害が発生した場合、または取引業者及び投資家を結ぶ通信回線等に障害が発生した場合には、注文の発注や相場情報の配信が遅延したり、取引が中断あるいは停止したりすることがあります。

――投資顧問契約の概要――

  1. 投資顧問契約は、有価証券等の価値等の分析に基づく投資判断をお客様に助言する契約です。
  2. 当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。

――当社の概要――

  1. 商 号: サラインベストメントサービス株式会社
  2. 住 所: 東京都品川区北品川5-12-5 御殿山101ビル 2F
    TEL: 03-5793-3858 FAX:03-5793-3857
    MAIL: h.kitagawa@is-sala.com
  3. 投資助言・代理業者 登録番号:関東財務局長(金商) 第 2899
  4. 資本金: 金2,000万円
  5. 役員の氏名: 代表取締役社長 北川 博文
    取 締 役 萩原 耕一
    取 締 役 岩井 靖樹
    監 査 役 山地 圭二
  6. 主要株主: 山地 圭二(300株/15%)
    萩原 耕一(300株/15%)
    渡辺 修平(300株/15%)
    北川 博文(200株/10%)
    岩井 靖樹(200株/10%)
  7. 分析者・ 投資判断者:代表取締役社長 北川 博文
  8. 助言者: 代表取締役社長 北川 博文

9. 助言の内容及び方法並びにその回数、報酬体系等について

――投資助言業の内容、方法等について――

当社の投資判断・分析・助言については、代表取締役が担当するものといたします。助言の内容、方法等については、助言対象金融商品(外国為替証拠金取引(FX)、日経 225 先物取引、日本株式)の別により、下記のとおりいたします。

助言対象
金融商品
外国為替証拠金取引 日経 225 先物取引 日本株式
(,鉢△鉢は別契約)
助言の
内 容

)萋朝夜(土日、祝祭日除く。)為替市況や今後の見通し、当社システムによ るベンチマーク等について配信する。

下記通貨ペアについて、売買シグナルを配信する。

    (1)ドル/円
    (2)ユーロ/円
    (3)豪ドル/円
    (4)カナダドル/円
    (5)ユーロ/ドル

)萋朝夜(土日、祝祭日除く。)日経 225 先物市況や今後の見通し、当社シス テムによるベンチマーク等について配信する。

日経 225 先物取引について、売買シグナルを配信する。

.瓮襯泪会員
推奨銘柄情報及びそれに対するコメント並びに決済売り情報をメールにて配信する。

▲灰鵐汽覯餔
上記,離機璽咼+顧客の希望する個別銘柄について売買のタイミング等を提供する。

シグナル会員
上場銘柄全てを対象とし、当社が分析し、推奨する銘柄の売買タイミング等を配信する。

方法

 ↓∩瓦謄瓠璽襪砲茲詛杰

,砲弔い討蓮▲瓠璽襪砲毒杰する。
△稜簀礇織ぅ潺鵐暗についてはメール又は電話により提供。
については、当社が開発した専用のアプリケーションを通じて配信する。

頻度

ついては、朝夜計2回

,離瓮襯泪については、毎営業日配信。
△稜簀礇織ぅ潺鵐暗については、顧客の希望都度
シグナル配信については、毎営業日の午後 6 時30 分に翌営業日以降における推奨銘柄の売買タイミング等について配信する。

△砲弔い討蓮1ペアにつき、月 10 回程度

△砲弔い討蓮月 10 回程度

※売買シグナルについては、当社が開発したシステムにより導かれた結果を配信いたします。(外国為替証拠金取引(FX)及び日経 225 先物取引共通)
※なお、外国為替証拠金取引(FX)については、通貨ペア毎に配信を行います。
(複数選択可。割引対象)
※「ベンチマーク(基準価格)」とは、前回のシグナル配信(発注)時の価格を指し、顧客に対しては、毎日朝夜の配信において、その時間におけるベンチマーク価格に対する含み損益状況を参考資料として配信いたします。
※「メルマガ会員」とは、当社の推奨銘柄情報配信のことを言い毎営業日夜 7 時までに配信する、推奨銘柄は週に 2〜3 件で決済売り情報は毎日配信する。
※当社が開発した専用のアプリケーションを通して、当社が分析し、推奨する銘柄の売買タイミングやその値、リスク等について、毎営業日の午後 6 時 30 分にその情報(リスト)が配信(更新)されます。顧客は当該情報をアプリで確認し、参考にした上で翌営業日以降、取引を行って頂きます。

―契約方法、期間等について―

当社の契約方法については、月毎に管理させて頂きます。
具体的には申込月の翌月1日から投資助言サービスの提供を開始いたします。契約締結日も1日となり、契約期間も同様に1日を起算日といたします。
(例:申込日が 10 月 15 日の場合、11 月 1 日からサービス開始)
ただし、申込月の末日までに報酬額のお支払が確認できない場合には、サービスの提供は行いません。なおこの場合、来月に持ち越すか、契約を行わないか等については顧客と相談の上、決定いたします。
続きまして、契約期間については、3か月、6か月、12 か月の3つの中から選択して頂きます。契約期間は、助言対象金融商品毎に設定されますが、外国為替証拠金取引(FX)については通貨ペア毎に、日本株式については会員毎に設定いたします。
⇒つまり、日経 225 先物取引、又は通貨ペア(ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、カナダドル/円、ユーロ/ドル)1つ毎、若しくは会員(メルマガ会員、コンサル会員、シグナル会員)毎に契約期間が設定されます。(複数選択可)
※例)ドル/円のシグナル配信6か月契約+カナダドル/円のシグナル配信3か月契約や日経 225 先物取引のシグナル配信3か月契約+日本株式(メルマガ会員)12 か月契約等の複数契約も可能

なお、契約期間満了日の1か月前までにメールによる解除の申出がない限り、自動的に更新(更新期間は、前期間と同一)され、その後も同様といたします。
(但し、契約期間満了日までに次回分の報酬の支払いが確認できない場合には、この限りではない。)

―報酬体系―

当社の助言報酬については、下記のとおりです。
なお、報酬は契約期間同様、助言対象金融商品毎に設定され、外国為替証拠金取引(FX)については通貨ペア毎に、日本株式については会員毎に報酬が発生いたします。
⇒つまり、日経 225 先物取引、又は通貨ペア(ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、カナダドル/円、ユーロ/ドル)1つ毎、若しくは会員(メルマガ会員、コンサル会員、シグナル会員)毎に報酬が発生いたします。(複数選択可)
※なお、外国為替証拠金取引(FX)及び日経 225 先物取引において、2つ以上の契約を行って頂いた顧客に関しては、2つ目の契約以降割引が適用されます。(下記参照。日本株式は対象外。なお、契約時期が重なっていることが条件)

契約期間 報酬額(税込)
3か月

外国為替証拠金取引(FX)又は日経 225 先物取引の場合 45,000 円(但し、2契約目以降 30,000 円)
日本株式,両豺 30,000 円
日本株式△両豺 45,000 円
日本株式の場合 150,000 円

6か月

外国為替証拠金取引(FX)又は日経 225 先物取引の場合 81,000 円(但し、2契約目以降 60,000 円)
日本株式,両豺 54,000 円
日本株式△両豺 81,000 円
日本株式の場合 270,000 円

12か月

外国為替証拠金取引(FX)又は日経 225 先物取引の場合 144,000 円(但し、2契約目以降 120,000 円)
日本株式,両豺 96,000 円
日本株式△両豺 144,000 円
日本株式の場合 480,000 円

※例)ドル/円のシグナル配信3か月契約と日経 225 先物取引のシグナル配信3か月を契約する場合、外国為替証拠金取引(FX)は 45,000 円(税込)、日経 225 先物取引は 30,000 円(税込)の報酬が発生し、合計で 75,000 円(税込)となります。
報酬支払いのタイミングについては、初回は申込月の末日までとし、その後は、契約期間満了日(=契約満了月の末日)までに次回分をお支払いして頂きます。(お支払が確認できない場合には、サービスの提供は行いません。)

10. クーリング・オフ及び解除について

―クーリング・オフ期間内の契約解除―
当社と、投資顧問契約を締結した顧客は、契約締結時の書面を受けとった日(申込月の翌月1日)から起算して 10 日以内の期間であれば、自由に書面により契約を解除することができるものといたします。当該契約の解除日は、顧客がその書面を発した日となります。
契約解除の場合は、前払い報酬から解除までの期間に相当する報酬額として金融商品取引業等に関する内閣府令で定める金額(―言を行っていない場合には契約締結のために通常要する費用(封筒代、通信費等)、⊇言を行っている場合には、(1)日割り計算した報酬額(契約期間に対応する報酬額÷契約期間の総日数×契約締結時の書面を受け取った日から解除日までの日数。ただし、社会通念上妥当であると認められる分のみ。)又は、(2)解除時までに行った助言の回数に応じて計算した報酬額。ただし、社会通念上妥当であると認められる分のみ。)を差し引いて返金いたします。なお、契約解除に伴う損害賠償、違約金は一切頂きません。

―クーリング・オフ期間経過後の契約解除―
契約の解除についてはメールにより行うものといたします。(解除日は、顧客がそのメールを送信した日とします。)
中途解除した場合でも、既にお支払して頂いている報酬のご返金は行いません。なお、契約解除に伴う損害賠償、違約金は一切頂きません。

11. 苦情解決のための体制

―苦情処理措置―
当社の苦情処理体制については、自社で対応し、代表取締役 (責任者)をその窓口とする。苦情に対しては、自社で社内規則として別紙「金融商品取引業務(投資助言・代理業務)に係る苦情等処理規程」を整備・公表し、迅速且つ適切に対応し、その解決を図るものとする。
なお、当社は、社内規則及び苦情の申出先を、金融商品取引法第 37 条の3に規定する契約締結前交付書面及び同法第47条の3に規定する説明書類に記載するとともに、当社の店頭及びHPに掲示・掲載し、周知徹底及び公表を図るものとする。苦情の対応方法は基本電話又はメールにより対応する。

―紛争解決措置―
当社の紛争解決措置については、当社が協定を結ぶ東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会がそれぞれ設置・運営する東京弁護士会紛争解決センター、第一東京弁護士会仲裁センター、第二東京弁護士会仲裁センターの3センターを利用して紛争の解決を図るものとする。
当社及び顧客は3センターのいずれかに、特定投資助言業務に関する紛争の解決のためのあっせん・仲裁の申立ができるものとする。
なお、当社は、上記3センターを通じて紛争の解決を図る旨及び各センターの連絡窓口を、金融商品取引法第 37 条の3に規定する契約締結前交付書面及び同法第 47 条の3に規定する説明書類に記載するとともに、当社の店頭及びHPに掲示・掲載し、周知徹底及び公表を図るものとする。

12. 誤認防止体制

当社が投資助言業務を行う営業所を他の金融機関又は他の金融商品取引業者等と同一の建物に設置する場合には、顧客が他の金融機関又は他の金融商品取引業者等であると誤認することを防止するため、当社と他の業者との窓口を区別し、かつ当社名を標示した標識等を適切に入口等の公衆の見やすい場所に標示することとする。
又、当社が電気通信回線に接続している電子計算機を利用して金融商品取引業を営む場合には、顧客が当社を他の業者と誤認することを防止するため、当社名、登録番号を電子計算機の画面上に適切に表示するものとする。

13. 勧誘・説明態勢

当社は、本業務を行うにあたり、広告等の規制、契約締結前書面の交付、契約締結時書面の交付等の顧客への勧誘・説明については誇大広告に注意し、誤解を生まないよう注意するものとする。
また、勧誘・説明をHP上で行う際には、金融商品取引法等関連法令の趣旨に則り、HP上には当社概要、契約内容、禁止事項、リスク等について分かり易く明記させて頂き、顧客に疑義や誤解を生ぜしめないよう十分に配慮した作りにし、当社および当社の業務について、理解・確認して頂くものとする。なお、契約内容等に関する質問は電話又はメールにて適切に対応するものとする。
なお、契約書内容や契約書の交付方法、HPの表記内容等については、予めコンプライアンス担当者に確認を取り、更に定期的なチェックを受けることにより、適切な勧誘・説明態勢の維持を図るものとする。

14. 業務に関する帳簿書類

当社は、本業務を行うにあたり、金融商品取引法第 47 条及び金融商品取引業等に関する内閣府令第 181 条各項に基づき、金融商品取引業務等に関する帳簿書類を作成し、保存することとする。

帳簿書類の保存、管理については、書面は施錠可能なデスクにて、データはアクセス権限を設け、責任者が適切に保存・管理し、漏洩等を防止する体制を整備するものとする。

15. 事業報告書

当社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月 31 日までとし、金融商品取引法第 47 条の2及び金融商品取引業等に関する内閣府令第 182 条各項に基づき、毎事業年度経過後3ヶ月以内に、金融商品取引業者に関する事業報告書を関東財務局長に提出するものとする。

16. 説明書類の縦覧

当社は、金融商品取引法第 47 条の3及び金融商品取引業等に関する内閣府令第 183 条に基づき、事業年度毎に、事業報告書に記載されている事項のうち投資者保護のため必要と認められるものとして金融商品取引業等に関する内閣府令で定められた事項が記載された説明書類を作成し、毎事業年度経過後4ヶ月を経過した日から1年間、当該説明書類を金融商品取引業務等を行う全ての営業所に備え置き、公衆の縦覧に供するものとする。

17. その他

その他この業務方法書に定めのない事項については、関係諸法令等に基づき実施するものとする。

以上


契約締結前交付書面をダウンロードし、印刷の上、大切に保管してください。(Acrobat PDF9.0以上)


ステップ3
契約締結前交付書面に同意します。

※ステップ1と3のチェックボックスにチェックをいただくと、「お買い物かごに入れる」ボタンを押して進めます。





戻るトップページへ

■投資ニュース

  • 2017/09/24 17:00:
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (12MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「地政学」ランキング(09/07更新)

    バックナンバー

    マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート

    1. マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート
    2. トランプ・シフト これからの世界経済に備える14のこと
    3. 情報を「お金」に換える シミュレーション思考
    4. [オーディオブックCD] 金森薫の世界情勢マンスリー 2017年9月特集号
    5. DVD 円高デフレの終焉と日本株復活

    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。