携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 4月19日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
サヤ取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2024/02/26 17:19, 提供元: フィスコ

26日の中国本土市場概況:上海総合0.9%安で9日ぶり反落、「中字頭」銘柄に売り先行

*17:19JST 26日の中国本土市場概況:上海総合0.9%安で9日ぶり反落、「中字頭」銘柄に売り先行
週明け26日の中国本土市場は、主要指標の上海総合指数が前営業日比27.86ポイント(0.93%)安の2977.02ポイントと9日ぶりに反落した。


売り圧力が意識される流れ。前週末の上海総合指数は0.6%高で春節(旧正月)明けから8連騰し、約2カ月半ぶりに節目の3000ポイントを回復していた(終値は3004.88ポイント)。今回の上げ相場をリードしていた、「中字頭」(社名が「中国」で始まり、政府系企業を親会社に持つ)と呼ばれる銘柄群に売りが先行している。もっとも、下値を叩くような売りはみられない。全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の開幕3月5日が視野に入ってきたことで、追加の経済対策に対する期待感も高まっている。指数はプラス圏で推移する場面もみられた。(亜州リサーチ編集部)


銀行・保険が下げを主導。中国銀行(601988/SH)が3.0%安、中国農業銀行(601288/SH)が2.8%安、中国人寿保険(601628/SH)が3.6%安、中国工商銀行(601398/SH)が2.9%安、中国平安保険(601318/SH)が2.5%安で引けた。


石炭・石油のエネルギー株も安い。中国中煤能源(601898/SH)が5.0%、中国神華能源(601088/SH)が3.1%、中国石油天然気(601857/SH)が2.5%、中国石油化工(600028/SH)が1.7%ずつ下落した。


発電株もさえない。華電国際電力(600027/SH)が4.5%安、国電電力発展(600795/SH)が%3.3安、国投電力(600886/SH)が3.2%安、華能国際電力(600011/SH)が2.8%安で取引を終えた。酒造・食品株、素材株、メディア・娯楽株、運輸株、不動産株なども売られている。


半面、自動車株はしっかり。安徽江淮汽車集団(600418/SH)が5.8%、長城汽車(601633/SH)が3.4%、広州汽車集団(601238/SH)が1.8%、北汽福田汽車(600166/SH)が1.5%ずつ上昇した。ハイテク株、医薬株、インフラ関連株の一角も買われている。


一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が1.58ポイント(0.61%)高の259.29ポイント、深センB株指数が3.32ポイント(0.31%)高の1062.80ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)




《CS》

記事一覧

  • 2024/04/20 18:44:来週の相場で注目すべき3つのポイント:日銀金融政策決定会合、米PCEデフレーター、ディスコ決算
  • 2024/04/20 17:00:株ブロガー・さなさえ:軟調相場でも国策「ペロブスカイト太陽電池関連株」を見ておきたい!【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2024/04/20 15:01:米国株式市場見通し:投資家心理の悪化で半導体関連からの資金流出は継続か
  • 2024/04/20 15:01:為替週間見通し:底堅い値動きか、リスク回避の円買いは一巡した可能性
  • 2024/04/20 15:00:新興市場見通し:売買代金も減少し厳しい地合いが続くか
  • 2024/04/20 14:59:国内外の注目経済指標:日銀金融政策は現状維持か
  • 2024/04/20 14:59:国内株式市場見通し:外部環境や半導体株が重しとなりTOPIX優位の地合い継続か
  • 2024/04/20 14:50:国内株式市場見通し:外部環境や半導体株が重しとなりTOPIX優位の地合い継続か
  • 2024/04/20 14:49:新興市場見通し:売買代金も減少し厳しい地合いが続くか
  • 2024/04/20 14:48:米国株式市場見通し:投資家心理の悪化で半導体関連からの資金流出は継続か
  • 2024/04/20 14:44:英ポンド週間見通し:底堅い値動きか、英早期利下げ観測は後退
  • 2024/04/20 14:43:豪ドル週間見通し:伸び悩みか、3月消費者物価指数に注目
  • 2024/04/20 14:42:ユーロ週間見通し:もみ合いか、ユーロ圏製造業PMIなどの経済指標が手掛かり材料に
  • 2024/04/20 14:41:為替週間見通し:底堅い値動きか、リスク回避の円買いは一巡した可能性
  • 2024/04/20 14:40:国内外の注目経済指標:日銀金融政策は現状維持か
  • 2024/04/20 10:00:個人投資家・有限亭玉介:徹底的に好業績でチャートが強い個別株にこそ注視すべき【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2024/04/20 07:43:19日の米国市場ダイジェスト:NYダウは211ドル高、ハイテクが重し、企業決算への期待が下支え
  • 2024/04/20 07:41:ADR日本株ランキング〜三井トラストなど全般買い優勢、シカゴは大阪比比変わらずの37100円〜
  • 2024/04/20 07:40:NY債券:米長期債相場はやや強含み、安全逃避的な買いは一巡
  • 2024/04/20 07:33:NY原油:強含み、中東情勢緊迫化で供給不安は解消されず
  • ■投資ニュース

  • 2024/04/20 18:44:来週の相場で注目すべき3つのポイント:日銀金融政策決定会合、米PCEデフレーター、ディスコ決算
  • マイナス金利終了 「金利」ランキング (3/26更新)

    バックナンバー

    為替手帳プレミアム 2024

    1. 為替手帳プレミアム 2024
    2. 【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース
    3. TradingView 入門
    4. 米国経済指標の見方・読み方
    5. バフェット流株式投資入門


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (26MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。