携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 2月6日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践
トップ > 浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践 >

第43回 来年4月に向け、外国人買いが期待できるのか/住友金属鉱山・DOWA HDのさや取り

2022.12.05


<著者プロフィール> 浜口準之助(はまぐち・じゅんのすけ)

黄金サイクルと農耕民族型投資戦略 約15年にわたり機関投資家のファンドマネージャーとして株式運用に従事。信託銀行などで主に年金資金の日本株運用を行う。その後約14年にわたり投信運用会社にて投資環境のセミナー講師に携わる傍ら個人投資家として株式運用を行い、「億り人」の仲間入りを果たす。「浜口流コア・サテライト戦略」を提唱し自らも実践している。「醍醐味に満ちたライフワークとして、株式投資に勝るものなし」との基本観から、個人投資家に実践的な株式投資手法の研究を続けている。 社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。主な著書に『黄金サイクルと農耕民族型投資戦略』(パンローリング刊)、ブログ 浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式運用 をほぼ毎日更新中、こちらでは旅の話もしている。




 浜口です。まずは今回も2週間ごとの定点観測を。前回の当ブログのアップ日(2022年11月21日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄について、上は株価が11月18日時点、下はその2週間後、株価が12月2日時点のデータです。この二週間の断面で見れば、高配当利回り銘柄である三菱商事は上昇、三井住友FGは横ばい、一方で海運株は上昇、一方で経済再開銘柄は上昇していることが見て取れます。

コア・サテライト戦略 株式銘柄群
コア・サテライト戦略 株式銘柄群

 ここ2週間で私が行った売買ですが、これは後述しますが、引き続きさや取りを積極的に仕掛け、利確しています。それ以外のポートフォリオの変更は、ありません。前回のブログで、以下のことを書きました。「私自身が行っている『浜口準之助の高配当利回り投資戦略講座』において以下の4銘柄をおススメしており、私も有言実行、この4銘柄を長期保有しています。それは、8313 三井住友FG、8725 MS&AD(三井住友海上&あいおいニッセイ同和損保)、8508 三菱商、8031 三井物産です。以上に加え、5401 日本製鉄と、9201 JALも保有しており、現在のポートフォリオは、ほぼこれで説明が付きます。

 日本株の相場観については、今回も基本、変化なしです。米国ではインフレ対応でFRBが利上げを連続させていて、それがオーバーキルとなり、米国に景気後退懸念があると言われています。しかし日本は、景気後退にはならないと考えます。米国のインフレ懸念は日本の脱デフレをもたらし、加えて海外観光客の増加等、経済再活動につながり、来年前半にかけ、日本株はここで紹介している高配当バリュー株を中心とした、堅調な相場展開を予測しています。

 またこれは、私の別ブログの「バークシャーは円建て債の発行に向け準備しているというが」で説明しているように、ウォーレン・バフェットはじめ外国人投資家の買いも今後は期待できることが、日本株の需給面でもプラスに働くと思います。この辺りは、後半で追加説明します。

 以下は、8316 三井住友FG の過去6か月の推移、株価は12月2日時点の日足です。同銘柄は今週は調整局目でしたが、ついに上昇相場がスタートしたなとの認識に変化はありせん。

8316三井住友FG

 次にさや取りについて、まずは 8801 三井不動産 と 8802 三菱地所 のグラフをご覧ください。

8801三井不動産買いと8802三菱地所売りのさや取り
11月18日時点

8801三井不動産買いと8802三菱地所売りのさや取り
12月2日時点

 上のグラフは11月18日時点、下のグラフは12月2日時点での過去5日の両銘柄のさやを示したものです。前回のブログで、「両銘柄のさやは拡大と縮小を繰り返しており、さや取り売買で『取りやすい』局面にあることがわかります」としました。実際この間、私は複数回、「さやの循環」を利用したさや取りの仕掛け・利確を繰り返し、成果を上げています。

 現在は利確をして以降、次の仕掛けタイミングを待っている段階です。

 続いては前回紹介した新たなさや取り銘柄ペア、5713 住友金属鉱山 と 5714 DOWA HD です。

住友金属鉱山

 グラフは12月2日時点での過去5日の両銘柄のさやを示したものです。このグラフから、両銘柄のさやは「三井不り・地所」以上に短期間のうちにダイナミックに変化しており、さや取りに適している組み合わせであることがわかります。

 現状では、「住友金属鉱山売り・DOWA HD買い」の仕掛けを行う良いタイミングが来ている思われます。実際私は、先週末大引けで、この仕掛けを行っています。

 さて、今回のテーマの一つ。「来年4月に向け、外国人買いが期待できるのか」について、考えていきたいと思います。結論から言えば、「期待できる」と考えます。

11月の外国人の日本株投資額

 これは12月2日付、大和証券のチーフテクニカルアナリスト兼テーマリサーチ担当の木野内さんが書かれている「木野内栄治のMarket tips」の後半部分です。重要と思われる部分に、私がピンクのマーカーを引いています。 ここに記載の通り、11月の外国人の日本株投資額は8,945億円と、久々に大幅な買い越しとなりました。氏の「総合経済対策を受け、1月にはIMFは再度日本の評価を上げると思う。3月まで外国人投資家の買いが続くだろう」との見解に、私も賛成です。またグラフ「海外投資家の月別季節性」からは、1990年以降これまで11月から来年4月にかけて外国人投資家の買いが継続する傾向があることがわかります。また前述している通り、ウォーレン・バフェットの買いも今後は期待できることも、日本株の需給面でもプラスに働くと思います。

 以上です。なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは再強調させていただきます。以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。


前へ戻る | 次へ進む


キーワード検索: #アノマリー #景気循環 #株式サヤ取り

■投資ニュース

  • 2023/02/06 20:00:欧州為替:ドル・円はじり高、ユーロは売り継続
  • 節分と言えば「鬼」ランキング (01/31更新)

    バックナンバー

    ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2023

    1. チャートの鬼・改
    2. 指数先物の高勝率短期売買
    3. DVD 仲値トレードの鬼
    4. ガチ速FX 27分で256万を稼いだ 鬼デイトレ
    5. 投資の鬼100則


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (21MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。