携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 11月25日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践
トップ > 浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践 >

第35回 5401日本製鉄に投資する理由

2022.8.15


<著者プロフィール> 浜口準之助(はまぐち・じゅんのすけ)

黄金サイクルと農耕民族型投資戦略 約15年にわたり機関投資家のファンドマネージャーとして株式運用に従事。信託銀行などで主に年金資金の日本株運用を行う。その後約14年にわたり投信運用会社にて投資環境のセミナー講師に携わる傍ら個人投資家として株式運用を行い、「億り人」の仲間入りを果たす。「浜口流コア・サテライト戦略」を提唱し自らも実践している。「醍醐味に満ちたライフワークとして、株式投資に勝るものなし」との基本観から、個人投資家に実践的な株式投資手法の研究を続けている。 社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。主な著書に『黄金サイクルと農耕民族型投資戦略』(パンローリング刊)、ブログ 浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式運用 をほぼ毎日更新中、こちらでは旅の話もしている。




 浜口です。まずは今回も2週間ごとの定点観測を。前回の当ブログのアップ日(2022年8月1日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄について、上は株価が8月1日時点、下はその2週間後、株価が8月12日時点のデータです。総じていえば、上昇している銘柄が多いことがわかります。

 なお、この表で紹介している5401日本製鉄の株価は2135.5円、配当利回りはこの表ではなぜかゼロとなっていますが、アナリストの見立てでは8〜9%とのこと。これは後ほど説明しますので、覚えておいてくださいね。

コア・サテライト戦略 株式銘柄群

コア・サテライト戦略 株式銘柄群

 ここ2週間で私が行った売買ですが、日本製鉄の組み入れを増やしています。また8801三井不動産売りと8802三菱地所買いのさや取りはハッピーエンド、利食いで手仕舞いしています。いずれも後述します。

 日本株の相場観については、基本、これまでと全く変化なしです。従って以下の文章は前回のブログのコピペとなります。

 米国ではインフレ懸念の加速対応のため、FRBによる0.75%の利上げが2回連続で行われました。このことがオーバーキル、米国経済の景気減速をもたらすとの懸念から、米10年債は急速に金利が低下、日米金利差縮小から為替市場はそれまでとは一変、円高ドル安展開となりました。

 日本株については、FRBによる0.75%利上げ2回連続にもかかわらず、米国株式が安定的な動きになっていたこともあり、総じて堅調な展開となりました。ここ2週間だけみれば、米国の金利低下の影響から、グロース系銘柄の株価がアウトパフォームしたのかもしれませんが、これは期間限定の動きと考えます。

 日本株について考えれば、アメリカに遅行しながらも、ここからは経済再開が起こり、それに伴ってRe-Opening銘柄を中心に、景気敏感株なバリュー株が好パフォーマンスになるのではないか、そう考えます。前回触れました銀行株についても、米長期金利の短期的な動きに翻弄されている米銀行株とは一線を画す。ここからは9月末の中間配の権利取りに向けた動きに、徐々になっていくのではないか。そう考えます。


 以下に8316三井住友FGの過去3か月の推移、上は株価が7月29日時点、下はその2週間後、株価が8月12日時点の週足ですが、総じて下値切り上げ型の株価推移、9月の配当権利落ちに向け、株価は引き続き底堅く、堅調に推移していくことと思われます。

三井住友フィナンシャルグループ
三井住友FG(7月29日時点)
三井住友フィナンシャルグループ
三井住友FG(8月12日時点)

 次に8801三井不動産買いと8802三菱地所売りのさや取りについて。 グラフをご覧ください。

8801三井不動産と8802三菱地所
8801三井不動産と8802三菱地所(7月29日時点)
8801三井不動産と8802三菱地所
8801三井不動産と8802三菱地所(8月12日時点)

 8801三井不動産と8802三菱地所の比較チャート。3か月のグラフを2週間ごと、2つ並べています。一番上は株価が7月29日時点、その下は2週間後、株価が8月12日時点のさやの推移です。

 前回当ブログで、両銘柄のさやは再度大きく拡大したため、三井不売り・地所買いさや取りを仕掛けて良いタイミングと考えますとしましたが、両銘柄のさやは一気に縮小、冒頭にも書きました通り、ハッピーエンド、利食いで手仕舞いしています。今回も成功事例と言えるでしょう。

 ここ何回か当ブログで書いてきました通り、8801三井不動産と8802三菱地所のさやはここのところ、循環的に開閉していますよね。さや取りをしやすい、初心者の方にも比較的失敗の少ないペアであると考えます。今後さやが拡大し、再度仕掛け出来るタイミングが来るのが待ち遠しいところです。

 さて、今回のテーマ、「5401日本製鉄に投資する理由」について、8月4日付モルガンスタンレーMUFG白川アナリストによる日本製鉄のアナリストレポートを用いて説明いたします。

5401日本製鉄に投資する理由

 アナリストレポート本文の第3パラグラフ、赤線で囲ってあるあたりをご注目ください。この株は会社四季報によると配当利回りは6%前後とのことですが、白川さんの見通しは、「通期配当利回りは8〜9%と非常に魅力的だ」とのことです。なぜこういうことになるのか。鉄鋼業は典型的な景気敏感株であり、足元でアメリカの景気後退懸念が言われている中では、常識的にはとてもではないが、買えるものではない。昭和の時代の鉄鋼株はこういう状況では赤字になり、無配転落していたものでした。ところが最近の日本においては。鉄鋼会社の再編・淘汰が一気に進みましたね。昭和の時代は日本製鉄・川崎製鉄・日本鋼管・住友金属・神戸製鋼・日新製鋼と6社高炉の鉄鋼会社があった。この中で神戸製鋼は、どちらかと言うとコマツのような会社に近くなった。残り5社は日本製鉄とJFEに再編された。その過程で採算の良くない高炉はクローズされ、損益分岐点が低くなった。その結果として、足元で景気後退懸念があるにもかかわらず、赤字にはならない。それどころか、上述したような高い配当利回りが期待できる状況に、現在の日本製鉄はあります。

 今後については、これはこのレポートでは書かれていない私見なんですが、現在、半導体不足により車の製造が制限されている自動車会社の需要が、徐々に増加していくと思われます。そうなると日本製鉄は、ここからさらに売上が増加基調になるのではないか。あるいは鋼材市況は高くなるのではないか。そう考えるのが妥当ですよね?ということで私は日本製鉄は投資妙味大と考え、このタイミングで投資を行っているし、皆さんにお勧めしているわけです。

20年間の日本製鉄の月足
過去20年の日本製鉄(5401)月足

 このチャートから見て取れることは、次の二点。

 ‖元の株価は底堅い。前述した高い配当利回りが株価の下支えをしていると考えます。
 2007年に大相場があった。この時の背景には、中国の経済成長加速があります。

 この時に同じように大相場となった海運株は、足元でも再度、大相場になっている。鉄鋼株と海運株は歴史的に、株価の相関関係がとても高い。となると鉄鋼株も、海運株に引き寄せられたかたちで株価がサヤ寄せしても不思議ではない。いや、そちらの方が自然ではないか?こうも考えます。

 以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。

 なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは再強調させていただきます。


前へ戻る | 次へ進む

【投資勉強会のお知らせ】
元ファンドマネージャーが教える「ほったらかし株式投資」

日時:8月25日(木) 18:00〜19:30
会場:投資家バーSTOCK PICKERS

詳細はこちら


キーワード検索: #高配当 #景気循環 #株式サヤ取り

■投資ニュース

  • 2022/11/29 19:06:欧州為替:ドル買いが優勢気味に
  • 「カレンダー2023」ランキング (11/22更新)

    バックナンバー

    2023源太カレンダー

    1. 2023源太カレンダー
    2. 株式手帳 2023 [黒]
    3. 為替手帳 2023 [ブラック]
    4. ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2023
    5. 株式手帳 2023 [茶]


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (21MB) Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。