携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 12月7日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

<< トップ / 《読者のご意見》一覧 /

1907年世界金融恐慌

本書の内容紹介にもふれているように、大恐慌といえば1929年世界大恐慌が有名ではあるが、本書は1907年の金融危機を題材にし、その広がりや不況の深さを時系列的に記している。なぜ暴落が起こったのかを7つの発生源を明示しながら分析していることが非常に興味深い内容となっている。また、2007年のグローバル金融危機も1907年の金融危機との類似点があったとの主張となっており、7つの発生源が存在していたとの分析であった。

さて、金融危機や恐慌やバブルについて書かれた著名な本として、「根拠なき熱狂」、「狂気とバブル」、「欲望と幻想の市場」、「大暴落1929」など市場心理やバブルが崩壊するプロセス等を知る上で参考になる書籍と同様に、本書もバブル崩壊を発生させるメカニズムについて、なぜ株価暴落が起こるのかを予知するヒントを与えてくれる価値ある内容となっております。最後に本書の肝である「完璧な嵐を生み出す七つの要素」つまり不況を生むシグナルについて触れながら、小生なりに現状の市場環境に照らす。

  1. 体系的構造:欧米VS反欧米、米国の覇権衰退、地政学リスク、各国中央銀行の緩和マネーに依存していた世界等
  2. 急速な経済成長:グローバル金融危機後の中央銀行のマネー緩和や供給増による人工的な成長、実体のない会社までが評価された仕組み(SPAC、ARK銘柄など)
  3. 不十分な資本バッファー:緩和マネーやレバレッジ投資の拡大そしてAI運用によりボラが増幅し金融システムが機能不全を起こすリスクの高まり等、
  4. 危機を煽るリーダー:バイデンを操るネオコンや多極主義者の存在、中国内部での権力闘争、トランプ元大統領を代表とするナショナリストの存在、無責任な中央銀行総裁等、
  5. 実体経済の危機:コロナやウクライナ戦争によるサプライチェーンの崩壊による世界的なインフレ懸念やグローバル経済体制の再構築等、
  6. 市場心理:VIX指数が底上げしているもの陶酔感漂う投資家心理、中央銀行が救ってくれるだろうという期待感等、
  7. 集団的行動の失敗:低金利コストで調達したレバレッジ投資の崩壊、株は上がり続ける神話説、代替通貨として存在する暗号資産の高まり、暴落を経験したことがない投資家の存在等

まだまだ考えるだけでも多くのことを記載できるが、つまり多くの複雑な要因が絡まりあった市場環境であり、何かをきっかけに一本の糸が切れ、解決なき心理状況に陥ることによって、いずれ現代版の金融バブルは大きく崩壊するのだろう。

投資家という立場からすれば、経済的な傷口を最小限にするためにも、歴史から学ぶ姿勢は大切だと思いますので、本書をご一読することをお勧めいたします。特に7つの発生源について触れている箇所の1907年・2007年当時の投資環境が明瞭に記されており、何度も読み返す価値があり、危機に適応する叡智を手にすることができるだろう。知は力なり。生き残れる投資家としてありたい。

三度の飯より相場好き
個人トレーダー 投資歴:26年



1907年の金融恐慌は、1929年の大恐慌より知られていませんが、この間の株式市場の下落率は37%位、期間は1年位であり、下落率なんと89%位!下落期間も驚きの4年位と長く深い1929年の大恐慌の時代より、金融政策や財政政策等が進歩している現代においては、1907年の金融恐慌のほうが参考になると思われます(ちなみに2020年のコロナショックの下落率は35%位)。よって、金融危機に至るところから終了まで詳細に記載してあるこの著書は、今後役に立つ局面が訪れる可能性があります(歴史は韻を踏む by マーク・トウェイン)。

この1907年の金融恐慌の間には、ハント兄弟の出来そこないである、ハインツ兄弟によるユナイテッド銅株の買占めや、金融界のドン、ピアポンド・モルガンの金融機関を救うための戦い、カリスマ性があったといわれるセオドア・ルーズベルト大統領(おいのフランクリン・ルーズベルトが1929年からの大恐慌のさなかに大統領になったのは歴史のめぐり合わせというべきでしょうか?)等の要人達が、金融危機に対してどのような対応したかが興味深い読みどころです。

ちなみに、この1907年の金融恐慌後にアメリカ中央銀行FRBが設置されたわけです。どっかの国のように、為替市場は管轄外といいながら、同じく管轄外の株式市場や債券市場にさんざん無駄に介入するという矛盾にとどまらず、通貨安での物価上昇で庶民を苦しめて、さらに金利抑え込みで政府の財政支出に免罪符を与えるという多くの弊害を生んだ総裁や、利上げしすぎで、不動産市場のみならず、経済自体をぶっこわして長期不況を招いた総裁など、独立性や存在自体に疑義が生じる中央銀行もありますが、それに比べてFRBは、「インフレファイター」ボルカーや「マエストロ」グリーンスパンなど、相対的に優れた金融政策をしているので、FRBの存在意義は設立から現代まで十分にあるといっていいでしょう。

bblue 50代 自営業兼投資家



米国の1929年大恐慌は大変有名だが、1907年の金融危機はその危機の広がりや不況の深さにおいて勝るとも劣らない。

本書は1907年の金融恐慌について、その背景や米国金融市場全体に広がっていった様子など数日の動きを克明に追うことで当時の状況や海外市場への連鎖など正確に再現している。

特に金融危機の詳細な分析において、「大規模な金融危機は、投資家や預金者が警戒心をもって反応してしまうような独特な力、つまり、市場を襲う完璧な嵐と呼ぶにふさわしいエネルギーが一点に集中することによって発生する」という指摘は、まさしくその通りだと思う。

歴史と相場は繰り返すもの。予め当時の状況を正確に理解しておけば、万が一、同様の事象が発生しても、上手く対処できるのではないだろうか。是非、一読をお勧めする。

炎のディーラー 投資歴27年



商品説明ページへ
お買い物かごに入れる

一覧に掲載されていない商品については モニタ募集中です!


<< トップ / 《読者のご意見》一覧 / Page Top

Copyright(C) Traders Shop All Rights Reserved.

■投資ニュース

  • 2022/12/07 13:33:リファインバスG---大幅に3日ぶり反発、廃車から回収する部品で再生ナイロン樹脂の新グレード開発
  • 「カレンダー2023」ランキング (11/22更新)

    バックナンバー

    2023源太カレンダー

    1. 2023源太カレンダー
    2. 株式手帳 2023 [黒]
    3. 為替手帳 2023 [ブラック]
    4. ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2023
    5. 株式手帳 2023 [茶]


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (21MB) Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。