携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 11月20日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
korosuke 暴落を上昇エネルギーに変える V字回復狙いの短期システムトレード

暴落を上昇エネルギーに変える V字回復狙いの短期システムトレード

ベテラン度: ★★☆
korosuke
パンローリング
A5判 2020年11月発売
本体 2,800円  税込 3,080円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  


読者の声

「押し目」と「とどめ」で機能する戦略的売買ルール

暴落は絶好の買い場!
買うべき暴落を誰にでもわかるように「数値」で紹介

1)暴落は、絶好の買い場

「暴落」という言葉を聞いたとき、思い浮かべるものは何でしょうか? 「企業業績の低迷」「大不況の到来」「我慢の生活を強いられる」など、先が思いやられるようなイメージばかりが脳内を駆け巡るのではないでしょうか? 実際、リーマンショックが起こって、一時的に日経平均7000円を割ったときには、「日経平均は5000円を割る」というような、根拠のないうわさまで出てきたものです。

しかし、あとから振り返ってみると、●●ショックと呼ばれるような大暴落がきた後は、大暴落前の高値を超えるような、ある意味、バブルと言っても言いすぎではない上昇が訪れています。先述したリーマンショックもそう、2020年に起こったコロナショックもそう。大きく下げた後は、大きく戻しています。

ここまでの話でお気づきのように、暴落(大暴落)は、次の上げ相場のスタートになります。言うならば、絶好の買い場なのです。このことは、本書の検証結果からも言える事実です。 下げている様子を目の当たりにしているときは、怖くて怖くて、保有しているポジションがあったら「投げ売りしよう」とは思っても、「ここで、積極的に買っていこう」とは思えないものです。でも、この場面で買う勇気を持てた人こそが、次の上げ相場をモノにできるのです。

2)買うべき暴落を「数値」で紹介!

「暴落は買い(=下げたら買い)」というお話しを紹介しましたが、もちろん、「下げたときには、いつも買えばよい」ということにはなりません。それは暴論です。

暴落の中にも、「買うべき暴落」があります。それはいったい何なのか。本書では検証に検証を重ね、その買うべき条件を、誰にでもわかるように「数値」で明らかにしています。

3)「浅い下げ(押し目)」と「深い下げ(とどめ)」を狙う買い戦略

買うべき暴落(下げ)とは何か。結論から言うと、大きく、以下の2つに分けて紹介しています。「浅い下げ」と「深い下げ」です。

浅い下げ……◎上昇トレンド中の暴落(押し目)を狙ったもの
深い下げ……◎下降トレンド中の暴落(とどめ)を狙ったもの
◎日中に突如発生する暴落[騰落率(終値の前日比率)]を狙ったもの

押し目となる「浅い下げ」を狙う方法として、本書では「TOPIXの移動平均線」と「移動平均線乖離率」を使ったストラテジーを取り上げています(数値や詳しい売買ルールは、本書に譲ります)

また、とどめとなる「深い下げ」を狙う方法として、「騰落レシオ」や「前日比ギャップ率(騰落率)」を使ったストラテジーを紹介しています(こちらも、数値や詳しい売買ルールは、本書にて)。

4)暴落を狙うにはシステムトレードが適している

ここまでの話で「下げは買い」とわかっていたとしても、実際、素直に買えるかどうかということになると、話は別です。

「どこが底になるのか」がわからない以上、買うことに対して「さらに下がる覚悟で買う」という勇気が必要になるからです。つまり裁量トレードだと、気持ちにブレの生じる可能性が考えられます。

ここで、登場するのがシステムトレードです。システムトレードの良いところは、「あらかじめ、底となって反発しそうな条件を設定しておけばよい」という点にあります。決めておいた条件になったときに出動すればよいので、「今、買うべきかどうか」という迷いは軽減されるのです。

5)本書で紹介しているルールは“検証済み”。すぐに使えるルールです

本書で紹介している売買ルールは、検証に検証を重ねています。実戦で“使えること”を証明しています。

本書を読むとわかるように、「売買ルールをどのように深化させていくか」にページを割いています。システムトレードに興味のある方は、その情報を参考に、売買ルールの作り方を学んでいただければと思います。

一方で、本書を読む方の中には、システムトレードというものについて苦手意識を持っておられる方もいることでしょう。

システムトレードに慣れていない人については、本書で紹介している売買ルールを使ってトレードしてみてください。そして、今後、システムトレードというモノに興味が出てきたには勉強してみてください。


著者

korosuke
買いと売りを併用した独自の投資法で、リーマンショックなどの暴落にも強い、安定したトレードを実現。大型株を中心に、どんな相場にも一貫した方針で、安定性を重視したトレードを得意とする。これまでYahooファイナンス投資の達人などでコラムを執筆しながら、現在はnote(※1)や、メルマガ「〜相場の流れを読み解く!日経チャート解析〜」(※2)などで記事を執筆。システムトレードのセミナーも多数開催。システムトレード開発者として、開発したシステムをテラス(※3)にて掲載。

※1 https://note.com/korosuke563 ※2 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOlDpwXzqi、毎週発行 ※3 https://openterrace.jp/


目次

まえがき
本書の構成

第1章 相場とトレード
第1節 株式相場とは
第2節 相場のサイクル
第3節 失敗から学んだこと〜自分の体験談〜
第4節 空売りの重要性〜大暴落からのひとつ目の学び〜
第5節 ファンダメンタルズとテクニカル 〜大暴落からの2つ目の学び〜
第6節 デイトレードの重要性 〜大暴落からの3つ目の学び〜
第7節 裁量トレードとアルゴリズム(AI)

第2章 なぜ、暴落を狙うのか?
第1節 資産運用で大切なこと
第2節 暴落からの反発をキャッチする 〜値動きの原理を知る〜
1)値動きの理由は後付けで決まる
2)投資家が知りたいのは「今後、どうなるか」
第3節 下げの規模を数値化する 〜反転のタイミングを計る〜
1)騰落レシオ
2)フィルター1:移動平均線乖離率
3)フィルター2:騰落率(終値の前日比率)
第4節 狙うべき暴落とは
第5節 下げを買いで狙うにはシステムトレードが適している

第3章 システムトレードについて
第1節 システムトレードとは?
第2節 システムトレードの優位性 〜裁量との違い〜
第3節 期待値について
第4節 チャート分析について
第5節 システムトレードの注意点
1)カーブフィッティング
2)トレード数
3)売買手数料
4)資金管理とドローダウン
5)売買ルール
6)マーケットインパクト
7)売買ルールの信頼性

第4章 基本売買ルールの構築
第1節 基本ルールの検証
1)基本条件
2)仕掛け条件
3)仕掛けの優先順位
4)このルールのバックテスト結果
5)資産推移曲線
6)年次サマリー
第2節 基本ルールの修正 〜ドローダウンの改善〜
1)仕掛け条件の改善
2)1銘柄当たりの仕掛け金額の変更
3)バックテスト結果の分析

第5章 浅い下げを狙った買い戦略
第1節 期待値の低いトレードを回避する 〜TOPIX を使ったトレンド判定〜
1)トレンド判定にTOPIXを使う
2)トレンド判定を入れた売買ルール
第2節 上昇トレンド中の下げを狙う 〜移動平均線乖離率を使ったトレンド判定〜
第3節 まとめ

第6章 深い下げを狙った買い戦略
第1節 下落相場における戦略
第2節 暴落の数値化
第3節 騰落レシオを使った戦略
1)騰落レシオの数値を決める
2)経過日数を考慮する
第4節 前日比ギャップ率を使った戦略

第7章 マルチストラテジーについて
第1節 マルチストラテジーを考える
1)運用資金
2)ストラテジーの優先順位
3)各ストラテジーへの資金配分
第2節 結果の改善を考える

第8章 フォワードテストとまとめ
第1節 バックテストとフォワードテスト
第2節 検証してみることが大事
第3節 相場で生き残るために
1)予想をしてはならない
2)リスクの取り方

特別付録:銘柄検索までの流れ
あとがき


(現代の錬金術師シリーズ160)
出版記念オンラインセミナー開催!
12月8日(火)20時〜

そのほかのお薦め

システムトレード 基本と原則 トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

ベテラン度: ★★★
ブレント・ペンフォールド/長尾慎太郎/山口雅裕 パンローリング
A5判 上製本 534頁 2011年7月発売
5,280円 国内送料無料 すぐ発送

石原順のメルマガ マーケットの極意

ベテラン度: ★★★
石原順 パンローリング
1か月更新 PDF 2018年11月発売
1,650円 国内送料無料 すぐ発送

DVD 暴落を大儲けに変える 大荒れは資産倍増のチャンス

ベテラン度: ★★☆
林則行 パンローリング
DVD オンデマンド配信 98分 2020年5月発売
14,300円 国内送料無料 すぐ発送

DVD 移動平均線大循環分析 第一巻 <基本編>

ベテラン度: ★★★
小次郎講師 パンローリング
DVD 67分 PDF資料 2015年7月発売
2,200円 国内送料無料 すぐ発送

株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ

ベテラン度: ★★☆
相場師朗 宝島社
B6判 192頁 2020年8月発売
1,760円 国内送料無料


この商品の著者による商品一覧: korosuke

戻るトップページへ

■投資ニュース

  • 2020/11/24 01:14:NY外為:ドル続伸、高値探る
  • 「カレンダー2021」ランキング(10/20更新)

    バックナンバー

    ラリーの投資アノマリーカレンダー 2021

    1. ラリーの投資アノマリーカレンダー 2021
    2. 源太カレンダー2021年(冊子版)
    3. FX攻略.com 2021年1月
    4. FOREX NOTE 為替手帳 2021
    5. 令和三年気学運勢暦 2021


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。