携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 9月30日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
デビッド・H・ウェイス/長岡半太郎/山下恵美子 ワイコフメソッドの奥義 需要と供給が目で見てわかるチャート分析法

ワイコフメソッドの奥義 需要と供給が目で見てわかるチャート分析法

ベテラン度: ★★☆
デビッド・H・ウェイス, 長岡半太郎, 山下恵美子
パンローリング
A5判 278頁 2020年9月発売
本体 3,800円  税込 4,180円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  


目次 | アレキサンダー・エルダー氏の序文 | 読者の声

チャートリーディングというグレーな世界に光をもたらす
目からウロコのチャートの読み方・見方

読者の声

本書は約100年前に書かれたワイコフの奥義を解説したものであり、売り方、買い方の需給のバランスに注目し、トレンドライン、エントリーポイントである相場反転のシグナルであるスプリング、ストラトスの重要性を何度も説いている。(続き
スプリングとアップスラストいうトレード手法があります。詳しくは本に譲りますが、この手法は、トレード世界大会為替部門チャンピオンであるバカラ村氏も提唱していた由緒ある手法…… (続き
トレードのための「鍛えられた判断力」はどうすれば身につくのかについてリチャード・ワイコフが調査を始めたのは何十年も前のことで、彼のメソッドは市場の状況の変化に応じて改良が重ねられてきたが、本質的な内容は初期のものと何一つ変わっておらず、今でも世界中のトレーダーの関心を集め続けている。

本書の著者であるデビッド・ウェイスはリチャード・ワイコフのトレードメソッドの権威としても知られ、この分野で40年以上の経験を持つトレーダーであり、マーケットアナリストでもある。ウェイスは、ワイコフの仕事の背景にある原理をいかに利用すればよいのかについてよく理解し、それを駆使して効果的にトレードを行っている。本書は、今日のボラティリティの高い市場で優位に立つためにワイコフのテクニックをどのように応用すればよいかを詳細に分かりやすく示したものだ。

本書のテクニックはワイコフのアプローチをもっと近代的な視点から見たもので、魅力にあふれ、使い方も簡単である。本書ではチャートやウエーブチャートを論理的に解釈し、これから起ころうとしているトレードをどのように見つけるかを提示する。本書のチャート例を学習すれば、市場が市場について語ることを読み取ることができるようになり、いろいろな転換点を見つけることもできるようになるだろう。ページをめくるたびに、あなたの学習速度は速まっていくはずだ。本書のトピックは以下のとおりである。

  • 買いや売りの努力(出来高)とリワード(値動き)の比較
  • 足の値幅内における終値の位置が意味するもの
  • 上昇スラストや下降スラストの弱まり、支持線や抵抗線を抜けたあとにフォロースルーが発生するのか発生しないか
  • 価格とトレンドラインやチャネルや支持線・抵抗線との関係(この関係を読み取ることで、価格と出来高のストーリーはより鮮明になる)
  • 出来高を伴う試しや、価格の上昇・下落速度が加速する「垂直」領域を見つけること

このほかにも話題は満載である。

本書では、ワイコフのオリジナルのテープリーディングツールを、ボラティリティの高い今日の株式市場や先物市場に合わせて改良したものも提示されている。もちろん、改良版も日中の値動きや日々の値動きに適用することが可能である。

ワイコフの分析に関して言えば、チャートを読む世界は白黒はっきりしたものではなく、グレーの世界である。凝り固まったアイデアに執着するよりも、心をオープンにすることが重要である。本書はこの目標を達成するのに役立つはずだ。本書を読めば、成功するトレーダーの感じ方や直感をどのようにして身につければよいのかや、ワイコフのメソッドを今日のダイナミックな市場に合わせて改良する方法も自然と分かるようになるだろう。

本書への賛辞

「私はヘッジファンド業界で30年にわたって偉大なテクニカルアナリストたちと一緒に仕事をしてきたが、私が心から推奨したいのはウェイスの本や教えだ。努力と結果、支持線と抵抗線、市場でプロに従う方法といったワイコフの原理を40年以上にわたって学び、実践してきた彼の本を読まないということはあり得ない。彼が市場で大きな強みとして使っている独自のツールは、リチャード・ワイコフが100年以上も前に開発したメソッドを改良したもので、本書ではそれを余すところなく伝えている。ウェイスのチャート分析やテープリーディングのアプローチは、株式市場や先物市場の根底にある供給と需要のダイナミズムをシンプルにかつ明確に理解するのに大いに役立つものである」――ピーター・ドリッテル(PMDトレーディングLLC)

「世界で最高の教師の1人で、ワイコフのトレードメソッドの専門家であるという彼の評判がウソでないことは、初めてウェイスに会ったときにすぐに分かった。彼の最大の貢献は、ワイコフのテープリーディングチャートをウェイスウエーブ・インディケーターに転換したことである。チャート上でビッグプレーヤーたちの残した足跡を見つける方法を学びたいトレーダーは、ぜひとも本書を読んでもらいたい。おそらく本書はトレードの古典になるだろう」――ギャビン・ホームズ(トレードガイダー・システムズ・インターナショナルのCEO)

「ウェイスのウエーブチャートは間違いなく私の知る最も価値あるトレードツールだ」――ゲイリー・デイトン博士、トレーディング・サイコロジー・エッジ


著者紹介

デビッド・ウェイス(David Weis)
41年以上の経験を持つマーケットアナリストであり、リチャード・ワイコフのトレードメソッドの権威として知られている。1980年代の半ばはテクニカル・リサーチ・フォー・コンチコモディティーズ社の重役を務めた。仕事の大部分は先物市場が対象だが、数年間、債券グループで仕事をし、そこで現物債券トレーダーが推奨をタイミング良く出せるように補助した。現在、機関投資家の顧客、株式トレーダー、先物トレーダーのコンサルタントをし、ウェイスウエーブとして知られる独特なトレードツールを開発し、今でもアクティブにトレードしている。著書に『トレーディング・ウィズ・ザ・エリオット・ウエーブ・プリンシプル(Trading with the Ellitt Wave Principle : A Practical Guide)』がある。

目次

監修者まえがき
序文
謝辞
はじめに

第1章 トレードの見つけ方――概要
第2章 ラインを引く
第2章 ラインを引く
第3章 ラインの話
第4章 チャートを読む論理
第5章 スプリング
第6章 アップスラスト
第7章 吸収
第8章 チャート分析
第9章 テープリーディング――パート1
第10章 テープリーディング――パート2
第11章 ポイント・アンド・フィギュアとレンコチャート(練行足)


監修者まえがき

本書はリチャード・ワイコフのトレードメソッドの権威として知られるデビッド・ウェイスの著した“Trades About to Happen : A Modern Adaptation of the Wyckoff Method”の邦訳である。本書に紹介されている時系列データの分析手法はいにしえのワイコフの研究に端を発するが、こうして現代にあってもなお一〇〇年前の技術を使う人たちが少なからず存在し、解説書まで出版されていることに驚く読者もいるかもしれない。だが、株式における代表的なファンダメンタルズアプローチであるバリュー投資の方法論も、前世紀の初めにベンジャミン・グレアムが提唱してからほとんど変わっていない。金融市場に人間がかかわるかぎり、適した方法論はそれほど簡単には変わらないということなのかもしれない。

ところで、本来投資とは、ビジネスを評価することによって、対象資産の本質的価値を推定し、それを市場価格と対比させて行うものだ。しかし、もともと本質的価値を持たず価値評価ができないトレード対象も数多く存在する。為替や仮想通貨、コモディティなどがそれに当たる。これらはバリューに基づいて投資をすることやクロスセクションでの相対比較による評価をすることはできない。したがって、そうした市場でのトレードでは、時系列情報によるリターンや将来価格の直接的な推定が主たるアプローチになる。テクニカル分析に代表される時系列データを使ったトレード手法はこうして生まれたのである(逆に、時系列データに未来を説明する情報が含まれていない対象や時間枠にテクニカル分析を適用してもまったく無意味である。この識別は非常に重要なので注意を要する)。

さて、テクニカル分析とはある種のデフォルメであり、情報の削減・加工である。ここでもしデータを処理するのが機械(AI)であれば、その操作は必ずしも必要ではない。データをそのまま学習させればよいからだ。しかし、情報の処理装置としてコンピューターに著しく劣る脳を使わざるを得ない人間が、多種・大量の情報に基づいて、限られた時間内に意思決定と行動を行わなければならないならば、事前に何らかの情報の圧縮を行うことは避けられない。ここで残された問題は、その過程でノイズが減らされ、かつ意味のある情報が残されているかどうかである。本書にあるような、先達が長年にわたって使用し選択されてきたものを知ることは、このアプローチを試みる人にとってよい出発点になり得る。本書を読まれる際には、一つ一つの技について、情報処理の観点からそれが何を捨て何を残しているのかを考察してみるとよいだろう。(続きを読む


序文

アレキサンダー・エルダー

「池に魚釣りに行ったとき、ボートを池の真ん中に漕ぎ出して、そこで釣り糸を投げ込む人はいないはずだ。池のふちや沈んだ木の近くの魚がいそうなところに釣り糸を投げるだろう。トレードもこれとまったく同じで、ブルやベアが疲れ果て、小さな力でトレンドが反転しそうな保ち合いの終わり付近でトレードを仕掛けるのだ」

私のトレーダーズキャンプでウェイスは南部方言でよくこんな教訓話をしたものだ。1週間のトレーダーズキャンプに参加してウェイスからじかに教えを受けることができなくても、今、彼の本のなかでこんな教訓話を聞けるのだから、こんなうれしいことはない。

ウェイスは物静かな人物で、毎日毎日トレードルームで独りで過ごすことが多いが、多くのトレーダーを育ててきた。マーケットについて友人と話をしていると、彼らは「デビッドだったらここにラインを引くだろうね」と口々に言う。彼のチャートの読み方は彼の多くの生徒の脳に叩き込まれているのだ。

ウェイスはおよそ100年前に書かれたリチャード・ワイコフの古典の研究を敷衍して、市場分析の近代的構造を作り上げた。彼の市場分析の基本的要素は、変化する足の長さと増減する出来高だ。彼はこれらのパターンを使って、すべての市場、すべての時間枠における大衆の動きを読み解き、注文を出す。

すべてのトレードは価格チャートと出来高チャートに消えない足跡を残す。ウェイスはこれらのチャートに目を凝らし、チャートが彼に語りかけてくることを読み解く。彼は本書でこれらのチャートが語りかけてくる言葉の読み方を教えてくれる。

価格と出来高を鋭く観察するウェイスを見ていると、医学部にいたときのある教師を思い出す。彼女は内気で耳に少し障害があった。彼女は全体勉強会ではいつも後ろのほうに座っていた。彼女は患者のボディーランゲージに波長を合わせて彼らを鋭く観察する。教授たちが診断で意見が合わないとき、彼らは彼女の意見を求めた。経験豊富で隠れた意図を持たず、ただひたすら患者を観察する人は、物事をより深く見ることができるのだ。

本書を注意深く読むことでダマシのブレイクアウトがいかに重要であるかが分かってくるだろう。ダマシのブレイクアウトのことをウェイスは、スプリング(下方に動いているとき)とか、アップスラスト(上方に動いているとき)と呼ぶ。「スプリングとアップスラストの動きに波動を合わせられるようになれば、すべての時間枠で機能する行動すべきシグナルが見えてくる。スプリングはデイトレーダーにとって短期トレードのひらめきを与えてくれるものであり、長期的なキャピタルゲインを生む素地となるものだ」と彼は言う。

ウェイスが講義でトレード例を示している間、私は教室の後ろのほうに座って聞いていた。今ではダマシのブレイクアウトは、私がトレードするときの重要な判断材料の1つになった。本書では多くのチャートが登場する。その動きを足ごとに追うことで、その足が発するメッセージを読み解くことができるようになり、トレンド転換を予測することができるようになる。

第7章の「吸収」では今のトレンドの強さを測定する方法が解説されている。そのトレンドは「ギリシャの軍隊がトロイの高原を行進する」ように力強く前進しているのか、それとも増加する売りに吸収されながらの前進で、反転が発生するサインなのか。そこでウェイスのチャートを見ると、価格と出来高のパターンから隠れた弱さや強さが見えてくる。

本書は急いで読んではならない。本の効果を十分に享受するためには、1つひとつのメッセージを十分に理解しながら、ゆっくりと読み進めていくことが重要だ。ウェイスの概念を現在のチャートに適用して、それがあなたに語りかけてくるものをじっくり観察して、その意味を読み解くのだ。1つひとつの概念をじっくり理解しながらページを進めていくとよい。ウェイスは何年もの月日を費やして本書を書き上げた。あなたも同じように長い時間をかけて本書を読むことだ。そうすれば本書から得るものは多いはずだ。 本書を楽しもう、そしてトレードを楽しもう!

2013年ニューヨークにて


はじめに

リチャード・ワイコフがウォール街にやってきたのは1888年だった。彼の40年にわたるキャリアについては彼の自叙伝『ウォール・ストリート・ベンチャー・アンド・アドベンチャー(Wall Street Ventures and Adventures)』に詳しく書かれている。彼が観察したビッグプレーヤーの話や彼らが行った相場操作の裏話には興味をそそられるが、何と言っても同書で最も注目すべきところは、トレードのための「鍛えられた判断力」を身につけることの重要性を語った部分だ。彼は1905年当時の自分のことを次のように記述している。

「ウォール街にやって来てかれこれ17年たつ。証券会社の使い走りとしてスタートしてから、事務員、サイレントパートナー、業務執行社員を経て今に至る。これまで多くを見て、学習し、観察してきたが、私の顧客あるいは自分自身のために株式市場でお金を稼ぐ明確なプランや手法はまだ見つけられないでいる」

この時点で、経験を通じて彼には2つのことが分かってきた。1つは、ビッグトレーダーはティッカーテープに現れる株式取引を何時間もかけて分析するということだった。もう1つは、「株式市場の内部の動き」を教えるには学校教育が必要であるということだった。一般大衆はなぜ大物の相場詐欺師に繰り返しだまされるのかを彼は示したかった。

1907年の終わり、ウォール街が恐慌の余波に苦しんでいたとき、ワイコフは教育目的の書物を出版することを決意する。株式市場についての記事を掲載した月刊誌『ティッカー』である。記事の大部分を書いたのはワイコフ自身であり、彼は新しい題材を探して株式市場、債券市場、コモディティ市場のありとあらゆる側面を研究した。彼はメカニカルなトレード手法を統計や読者によって提示されたさまざまな理論に基づいて検証してみた。そして、彼は、チャートは純粋な統計よりももっと良い価格履歴を提供してくれることに気づいた。チャートや株式市場テクニックの研究が進むにつれ、彼はティッカーテープに注目するようになる。「株式の動きが株式を支配している人々の計画や目的を反映していることが分かるようになった。計画の指導者たちが何をしているのか、ティッカーテープから読み解くことができるのではないかと思い始めたんだ」。証券取引所の元フロアトレーダーの指導の下、ワイコフはテープリーディングを真剣に学習し始めた。彼の観察は『ティッカー』でテープリーディングについてのシリーズ記事になり、この記事は読者の間で人気になった。最初のシリーズ記事を基にワイコフは最初の本『ワイコフの相場成功指南』(パンローリング)を書いた。これは1910年にロロ・テープというペンネームで出版された。同書については彼はのちに自叙伝で次のように書いている。(続きを読む


ウィザードブック300)

そのほかのお薦め

スイング売買の心得 トレードの本質をえぐる魔術師のバイブル

ベテラン度: ★★☆
リチャード・D・ワイコフ/鈴木敏昭 パンローリング
文庫判 約288頁 2008年12月発売
712円 国内送料無料 すぐ発送

出来高・価格分析の実践チャート入門

ベテラン度: ★★☆
アナ・クーリング/長岡半太郎/山下恵美子 パンローリング
A5判 上製本 342頁 2020年7月発売
4,180円 国内送料無料 すぐ発送

出来高・価格分析の完全ガイド 100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす

ベテラン度: ★★☆
アナ・クーリング/長尾慎太郎/山下恵美子 パンローリング
A5判 上製本 286頁 2014年12月発売
4,180円 国内送料無料 すぐ発送

利食いと損切りのテクニック トレード心理学とリスク管理を融合した実践的手法

ベテラン度: ★★★
アレキサンダー・エルダー/木水康介 パンローリング
A5判 448頁 2012年5月発売
4,180円 国内送料無料 すぐ発送


この商品の著者による商品一覧: デビッド・H・ウェイス, 長岡半太郎, 山下恵美子

戻るトップページへ

■投資ニュース

  • 2020/10/01 06:30:30日のNY市場は上昇
  • 「コロナ相場」ランキング (09/29更新)

    バックナンバー

    コロナ後の世界経済

    1. コロナ後の世界経済
    2. 録画配信【投資戦略フェア EXPO2020】
    3. たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ
    4. DVD 暴落を大儲けに変える
    5. 歴史的な下値を買う銘柄選択法


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。