携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (12月05日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 New!
アンディ えつこ
鏑木繁 小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
コーネリウス・C・ボンド/長岡半太郎/井田京子 T・ロウ・プライス――人、会社、投資哲学

T・ロウ・プライス――人、会社、投資哲学

コーネリウス・C・ボンド, 長岡半太郎, 井田京子
パンローリング
四六判 414頁 2019年10月発売
本体 2,800円  税込 3,080円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  

チームワークとリサーチを重視する顧客本位な資産運用会社を創設

高パフォーマンスを維持し続けた成長株投資の先駆者!

T・ロウ・プライス(トーマス・ロウ・プライス・ジュニア)は、投資の世界の伝説になっている。彼の経歴を知らない人でも、彼が作ったティー・ロウ・プライスという会社については知っているはずだ。この会社は今日でも高いパフォーマンスを上げ、世界中で高い評価を得ている。控えめな人物で、倫理規定を生涯厳守した彼が、どのようにして偉大な金融会社を作り上げたのだろうか。その驚くべき物語を初めて明かしたのが本書である。

著者のコーネリウス・C・ボンドは、ティー・ロウ・プライスにテクノロジーアナリストとして入社し、プライス本人の近くで約10年間働いた。ボンドは、その特権的立場にいたことで、長年、平均以上のリターンを上げてきた成長株投資の概念を生み出したプライスの考え方について独自の見方をするようになった。本書は、プライスとの個人的な関係や、会社や個人で所有しているたくさんの未公開書類に基づいて、成長株投資が投資の世界に旋風を巻き起こした経緯を明かしている。また、本書を読めば平均的な投資家でも今日、この戦略の恩恵を受けるヒントが随所に見つかるだろう。

本書では、プライスの成長株投資の概念の中心的な原理を学ぶことができる。プライスは自らの投資戦略を秘密にしていたわけではない。しかし、本書ほど、彼が用いていた単純な原則を、包括的に、客観的に、容易な言葉で紹介したものはない。プライスの投資の基本教義を垣間見ることは、個人にとっても機関投資家にとっても投資ポートフォリオを運用するうえで恩恵があることだろう。彼の戦略によって、投資スタイルが次々と変化していくなかでもティー・ロウ・プライスのファンドは長期間、比類ない伝説的な高パフォーマンスを維持してきた。これこそがT・ロウ・プライスの偉大さを証明するものである!

本書への賛辞

「T・ロウ・プライスは、投資界の偉大なパイオニアの1人である。彼は3つの革新的な投資法を生み出し、それらを自らの名を冠した優れた会社を使って実践した。この会社は今日でも競合他社や顧客から世界最高の投資会社の1社として高く評価されている。プライスはけっして分かりやすい人物ではなかったし、投資で成功するのもけっして簡単ではない。しかし、著者はプライスと彼の会社を分かりやすく紹介し、さまざまな洞察を与えてくれている」――チャールズ・D・エリス(『投資の大原則』『チャールズ・エリスのインデックス投資入門』の著者)

「倫理感あふれるプライスの人物像と成長株に対する理念を明らかにしている素晴らしい伝記。本書は、二〇世紀の投資界で最も成功したカリスマの1人であるプライスに光を当てている。彼の経歴や、会社を業界大手に育て上げたこと、そして投資理念は、伝記ファンにとっても投資家にとっても必読の書。また、著者自身の勤務経験が、この伝記の細部を充実させている」――レオン・G・クーパーマン(ゴールドマン・サックスの元ゼネラル・パートナー、オメガ・アドバイザーズの創設者兼会長兼CEO)

「投資の世界や投資のスーパースターに関心がある人に大いに勧めたい綿密で興味深い1冊。T・ロウ・プライスは、物静かな投資の巨人であり、不朽の投資伝説を生み出した人物でもある」――デビッド・M・ルビンシュタイン(ザ・カーライル・グループの共同創設者兼共同会長)


著者紹介

コーネリウス・C・ボンド(Cornelius C. Bond)
テクノロジーアナリストとしてティー・ロウ・プライスに入社するとすぐに頭角を現し、投資信託としてアメリカトップのパフォーマンスを上げたこともあるニュー・ホライズン・ファンドの幹部と投資委員会のメンバーに就任。T・ロウ・プライスの直属の部下として約10年間働いたあと、ティー・ロウ・プライス・グロース・ストック・ファンドの社長に就任。その後、ニュー・エンタープライズ・アソシエーツのゼネラルパートナーに転身。この会社は今日では米国最大級のベンチャーキャピタルとなっている。サンフランシスコに妻のアンとスタンダード・プードルと在住。

目次

監修者まえがき
まえがき
謝辞

第1部 はじまり
第1章 ドーバーロードの一軒家(一八九八〜一九一九年)
第2章 学んだこと(一九一九〜一九二五年)
第3章 マキュベン・グッドリッチ&カンパニー(一九二五〜一九二七年)
第4章 巨大ブル相場と暴落(一九二七〜一九二九年)
第5章 暴落のあと(一九三〇〜一九三七年)

第2部 プライス自身の会社
第6章 ティー・ロウ・プライス・アンド・アソシエーツの誕生(一九三七年)
第7章 「変化――投資家にとって唯一確かなこと」
第8章 会社の成長期と第二次世界大戦(一九三八〜一九四二年)
第9章 成長株の概念
第10章 戦後の時代(一九四五〜一九五〇年)

第3部 ボルチモアの賢人
第11章 新しいチャンス――投資信託、年金制度、そしてグロース・ストック・ファンドの発足(一九五〇〜一九六〇年)
第12章 変遷期(一九六〇〜一九六八年)
第13章 アメリカの新時代(一九六五〜一九七一年)
第14章 暗黒の新時代(一九七一〜一九八二年)
第15章 もうあの笑顔は見られない(一九七二〜一九八三年)

第4部 市場分析
第16章 次の一〇年間の投資(二〇一七〜二〇二七年)
第17章 グロース・ストック・ファンドのパフォーマンスが下がる(一九七〇年代)
エピローグ――今日のティー・ロウ・プライス

参考資料


■監修者まえがき

本書はティー・ロウ・プライス社の幹部社員であったコーネリアス・C・ボンドの著した“T. Rowe Price : The Man, The Company, and The Investment Philosophy”の邦訳である。この伝記の対象となったT・ロウ・プライスは成長株投資の先駆者の一人であり、彼の創設したティー・ロウ・プライス社は、株式や債券におけるさまざまな資産運用サービスを投資家に提供してきた。彼らは日本では主として機関投資家向けのビジネスに注力してきたために個人投資家の間ではこれまでその名はあまり知られてはいなかったが、グローバルに見ても大手の資産運用会社の一つであり、何より独特の投資哲学に基づいた一貫した運用と顧客本位のビジネスの堅持によって、広く業界関係者の尊敬を集めてきた。

ところで、本書はT・ロウ・プライスの伝記であるとともに、ティー・ロウ・プライス社の社史の一部でもあり、同時期のアメリカ経済や株式市場のナラティブな歴史書でもある。読者は、同社が政治的・経済的な外部環境のさまざまな変化に翻弄されながらも、それらに適応して事業を継続してきたプロセスを目にすることになるだろう。これを読めば、日本と比較して各種金融関連の制度が整い起業が容易とされるアメリカにおいても、競争の激しい資産運用ビジネスを継続していくことはけっして簡単ではないことがよく分かる。(つづきを読む


■まえがき

トーマス・ロウ・プライス・ジュニア(T・ロウ・プライス)は、一九三〇年代に「成長株投資理念」を考案し、発展させた。プライスは、その革新的なアイデアに想像力をかきたてられたバロンズ紙の編集者の依頼に応じ、一九三九年春に同紙に一連の記事を寄稿した。そして、新たに設立した会社で自らの理念を順守して、一六年間、顧客の資金を運用して好成績を上げた。この成功に自信を得た彼は、一九五〇年に彼にとって最初の投資信託であるティー・ロウ・プライス・グロース・ストック・ファンドを組成し、大手成長企業に投資した。そして一〇年後には、ニュー・ホライズン・ファンドを組成し、ライフサイクルの導入期にある新興成長企業に投資した。グロース・ストック・ファンドは、収入よりも成長を重視していたが、それでも組成から一〇年間のパフォーマンスが株の投資信託のなかで全米トップを記録した。また、ニュー・ホライズン・ファンドも最初の五年間と一〇年間のパフォーマンスが、投資信託部門の全米トップに立ったのである。このことは、当時発行されたアーサー・ワイゼンバーガー著『インベストメント・カンパニース』(Investment Companies)の投資信託のパフォーマンスデータに記されている。

プライスの名を冠した会社は、アメリカ最大級のアクティブ投資会社に成長し、二〇一八年三月三一日時点の運用資産額は一兆ドルを超えている。(つづきを読む


ウィザードブックシリーズ288)

そのほかのお薦め

ミネルヴィニの成長株投資法 高い先導株を買い、より高値で売り抜けろ

ベテラン度: ★★☆
マーク・ミネルヴィニ/長尾慎太郎/山口雅裕 パンローリング
A5判 上製本 382頁 2013年12月発売
3,080円 国内送料無料 すぐ発送
新高値ブレイクの成長株投資法 スピード出世銘柄を見逃さずにキャッチする

ベテラン度: ★★☆
ふりーパパ/DUKE。 パンローリング
A5判 408頁 2018年11月発売
3,080円 国内送料無料 すぐ発送
株の天才たち-バフェット、グレアム、フィッシャー、プライス、テンプルトンから学ぶ

ベテラン度: ★★☆
ニッキー・ロス/木村規子 パンローリング
四六判 390頁 2005年8月発売
1,980円 国内送料無料 すぐ発送
オニールの成長株発掘法 【第4版】 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために

ベテラン度: ★★☆
ウィリアム・J・オニール/長尾慎太郎/スペンサー倫亜 パンローリング
四六判 630頁 2011年4月発売
4,180円 国内送料無料 すぐ発送

この商品の著者による商品一覧: コーネリウス・C・ボンド, 長岡半太郎, 井田京子

戻るトップページへ

■投資ニュース

  • 2019/12/09 21:37:今からでも間に合う!将来に向けた資産運用入門〜大切な「目標設定」と「リスクの分散」(2)〜
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    カスタムチャート インジケータランキング (11/22更新)

    バックナンバー

    石原順のメルマガ マーケットの極意

    1. 石原順のメルマガ マーケットの極意
    2. 相場師朗 5本の移動平均線
    3. 東京シストレのBeatrice
    4. ヒロのシンプル5分足トレード
    5. ボリンジャーバンド・ツールキット


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。