携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (01月19日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
ボリンジャー
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株
決算書 M&A FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

アンディ 鏑木繁
小次郎講師 New!
バカラ村 林輝太郎
増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
フィリップ・A・フィッシャー/長尾慎太郎/丸山清志 株式投資が富への道を導く

株式投資が富への道を導く

ベテラン度: ★★☆
フィリップ・A・フィッシャー, 長尾慎太郎, 丸山清志
パンローリング
四六判 326頁 2016年4月発売
本体 2,000円  税込 2,160円  国内送料無料です。
この商品は 1月23日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  


読者のご意見

バフェットの投資観を変えた本!
投資の永遠の真理!

本書はフィリップ・フィッシャーが1958年に書いた『株式投資で普通でない利益を得る』(パンローリングより2016年夏発売予定)の続編である。上の最初の高名な著書は、スタンフォード大学経営大学院で基本書として使われ、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの読者の投資観を一変させた。まさしく、バフェットがベンジャミン・グレアムの手法と決別するきっかけとなった本である。

本書では、「ありふれた株式と素晴らしい株式」を分けるもの、「ありふれたビジネスと花形ビジネス」を分けるものについて詳しく述べている。本書が半世紀以上も前に書かれたにもかかわらず、その内容が今日でも十分に通用するというのはまさに驚異以外の何物でもない。その斬新さと普遍性のゆえに、今もなお、ウォーレン・バフェットをはじめとする著名な資産運用者がフィッシャーを絶賛しているのである。

また、本書は、ある意味ではマーケットについての歴史書でもある。本書が書かれた1960年代とは株式の低迷期で、この時代を最高の経営者たちがどのように見ていたのかや、当時の最先端の投資技術や問題について知りたいと思っている読者には最高の書籍となるだろう。

その他にも、技術革新の影響について、素晴らしい経営陣の評価、機関投資家や投資信託の役割、投資における心理的な要素、投資助言サービスについて、サービス産業の将来など、現代の経営学の講座で講義されても通用する項目であり、現代的な内容である。

本書を一読すれば、真の天才の言葉や考察にはいくら時間がたっても色あせることのない真理や普遍性があることが分かるだろう。

「私はフィリップ・フィッシャーの熱心な読者である。ぜひ皆さんにも読んでほしい」――ウォーレン・バフェット


著者紹介

フィリップ・A・フィッシャー(Philip A. Fisher)
1928年から証券分析の仕事を始め、1931年にコンサルティングを主としたフィッシャー・アンド・カンパニーを創業。現代投資理論を確立した1人として知られている。本書を執筆後、大学などでも教鞭を執った。著書に『株式投資で普通でない利益を得る』(パンローリングより近刊予定)、『保守的な投資家ほどよく眠る』『投資哲学を作り上げる』などがある。なお、息子であるケネス・L・フィッシャーは、運用総資産300億ドル以上の独立系資産運用会社フィッシャー・インベストメンツ社の創業者・会長兼CEO、フォーブス誌の名物コラム「ポートフォリオ・ストラテジー」執筆者、ベストセラー『ケン・フィッシャーのPSR株分析』『チャートで見る株式市場200年の歴史』『投資家が大切にしたいたった3つの疑問』(いずれもパンローリング)などの著者である。

目次

監修者まえがき
さらなる投資指南書の必要性

第1章 一九六〇年代に予想される重大な変化に合わせる
A.株式とインフレ
B.機関投資家の買い
C.外国との競争
D.人口増加分
エコノミストはお役御免、これからは心理学者の出番

第2章 株価の大幅な上昇はどのようにもたらされるのか
頭の良い企業経営陣
新しい概念
機関投資家の買いの役割
通常は見逃されてしまう見返り

第3章 あなた自身とあなたの投資ビジネスの方向性
投資評価の方法
正しい投資顧問を選ぶ五つのステップ

第4章 けっしてあなどることのできない雑学
企業のМ&Aに関して
議決権と委任状争奪戦
アメリカ大統領選を見越してどう株式を売買すべきか?

第5章 一九六〇年代に大きく成長する産業
化学産業
電子産業
医薬産業
その他の興味深い産業
戦争直後の偽物の成長株


■監修者まえがき

本書はフィリップ・フィッシャーの著した“Paths to Wealth Through Common Stocks”の邦訳である。これは高名な相場書である“Common Stocks and Uncommon Profits and Other Writings”(パンローリングより『株式投資で普通でない利益を得る』[仮題]として2016年夏に刊行予定)の続編と呼ぶべきものである。それでも原書が出版されたのは実に半世紀以上も前になるが、ここで示されるメッセージは最近書かれたと言われてもおかしくないほど斬新かつ堅牢である。ウォーレン・バフェットをはじめ、多くの資産運用者がフィッシャーの教えを絶賛するのもなんら不思議ではない。

本書は前書と比べるとこれまで相対的に世間の注目度は低かったが、その先進的な内容は瞠目に値する。それらは、科学技術の進歩の影響、経営陣の質の評価、投資における心理的要素の意義、マーケットにおける予測の無意味さ、機関投資家の役割、投資情報における集合知の可能性、サービス産業の将来など、そのまま現代の経営学の講座で教えられていてもおかしくない項目である。今もって価値の高いこれら真理の数々を一九五〇年代に一人で見抜いた著者の洞察力には驚くばかりである。(つづきを読む


■さらなる投資指南書の必要性
フィリップ・A・フィッシャー

証券投資に関する書籍はテレビコマーシャルかクライムコミックかのようになりつつある。私たちのほとんどが、そのような本はすでにあふれるほど存在していると感じている。そこで、すでにあふれかえっている資料にさらに追加して、株式の取扱方法に関する分かりづらく、お互いに矛盾する助言を提供して投資家のみなさんを狼狽させてしまう前に、本書の内容がその混乱を解消してくれる内容なのか、それとも単にその混乱を増幅してしまう内容なのかについて、しっかりとした考え方をご紹介しようと思う。二年前、私はすでに混沌としすぎていたこの分野に新たな一冊を加えた。私がそうした理由は、そうすることによってみなさんに伝えるべき投資哲学があると信じたからである(今でもそう信じている)。その本に対する読者の驚くべき反響が、この結論の証明となってくれた。しかしここでさらに一冊加えるということは、単にこの分野をますます混沌とさせるだけではないだろうか。市場ではすでに20種類以上もの石鹸が発売されているのに、さらに新たなブランドを一つ加えるようなものではないのだろうか。

本書のような書物が根本的に必要であるとの結論を私が徐々に強めていったのは、私自身『株式投資で普通でない利益を得る』(パンローリングより2016年秋売予定)という書物を執筆したことから得た経験が主な理由となっている。この本は株を保有することで価値ある利益を手にし、また継続的に利益を手にし続ける方法をまとめただけでなく、リスクを最小限に抑えながら並外れた利益を最大限に手にするための方針を紹介している。この本では主に二つのことを念頭に執筆した。第一には、長年にわたり市場価値を劇的に増加させてくれる媒体となる可能性の高い、素晴らしい経営体制を持つ特別な会社を、投資家(またはそのアドバイザー)が特定する方法を示すこと、第二には、そのような異例の会社の株式を買う最高の時期、そしてぐんとその機会は減るが、最初にうまく選んだ株式の売り時について示すことである。

前作以来、私のもとへ全米から投資家の声が寄せられてきた。その問い合わせのなかから私は何度も繰り返し、非常に多くの既存および将来の株主が欲しがっている追加的な情報のようなものに対する異例とも言える見識を紹介してきたと信じている。

読者の問い合わせは大きく二つに分類される。一つは、これからの時代に直面する実際の状況において、私の投資哲学(あるいはこの場合、ほかのどのような投資哲学でも)をどのように応用すべきか、というものである。例えば、この物価上昇の問題はどれだけ重要で、この問題に対してどう対処すべきか。外国との競争や、海外投資の見通しはどうだろうか。投資に最も有利な業種はどこだろうか。本書の最初と最後の部分は、おおむねこのような質問に答える形で書かれており、ここから直近数年の間にある銘柄については株価を大きく上昇させ、一方で多くの人が大きな期待を寄せている銘柄の株価については失望となるような強くも極めて逸脱した影響力をとらえて、投資家が損するよりは利益を上げることができるようにする方法を示している。


(ウィザードブックシリーズ235)

そのほかのお薦め

投資カレンダー2017 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム

ベテラン度: ★★☆
大岩川源太 徳間書店
縦504mmx横364mm 2016年10月発売
2,700円 国内送料無料 すぐ発送
株式投資で普通でない利益を得る

ベテラン度: ★★☆
フィリップ・A・フィッシャー/長尾慎太郎/井田京子 パンローリング
四六判 上製本 278頁 2016年7月発売
2,160円 国内送料無料 すぐ発送
投資哲学を作り上げる/保守的な投資家ほどよく眠る

ベテラン度: ★★☆
フィリップ・A・フィッシャー/長尾慎太郎/丸山清志 パンローリング
四六判 上製本 198頁 2016年5月発売
1,944円 国内送料無料 すぐ発送
グレアム・バフェット流投資のスクリーニングモデル

ベテラン度: ★★☆
ルーク・L・ワイリー/長尾慎太郎/山下恵美子 パンローリング
A5判 上製本 246頁 2015年9月発売
4,104円 国内送料無料 すぐ発送
バフェットからの手紙 第4版

ベテラン度: ★☆☆
ローレンス・カニンガム パンローリング
四六判 590頁 2016年8月発売
2,160円 国内送料無料 すぐ発送
麗しのバフェット銘柄 下降相場を利用する選別的逆張り投資法の極意

ベテラン度: ★★☆
メアリー・バフェット/デビッド・クラーク/関本博英 パンローリング
四六判 342頁 2007年3月発売
1,944円 国内送料無料 すぐ発送

この商品の著者による商品一覧: フィリップ・A・フィッシャー, 長尾慎太郎, 丸山清志

戻るトップページへ

■投資ニュース

  • 2017/01/21 15:02:為替週間見通し:トランプ新政権の強いドル政策への思惑で買い先行か
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (12MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「相関 分析」ランキング(01/16更新)

    バックナンバー

    Python3ではじめるシステムトレード

    1. Python3ではじめるシステムトレード 環境構築と売買戦略
    2.
    1日3度のチャンスを狙い撃ちする?待つFX
    3. えつこの夢を叶えるFXエクスプレス通信
    4. 株式サヤ取り入門 確率論に基づく「上野式」でシンプル投資
    5. 為替サヤ取り入門 FXキャリーヘッジトレードでシステム売買

    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。