携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 12月7日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
日経OP売坊 【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース 2022年12月開講

【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース 2022年12月開講

ベテラン度: ★☆☆
日経OP売坊
パンローリング(情報サービス)
1か月更新 2022年12月発売
本体 150,000円  税込 165,000円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  

オプション倶楽部 OP売坊戦略コース
目標とするシャープレシオは驚きの「10」!
本質を極めてもらうため定員20名で新規会員を募集します(第5回)
受講期間は充実の180日間(22年12月〜23年5月末)

通常価格 180,000円+税 → 早期割引 150,000円+税 〜12月15日(木)17時まで

  • 本コースをお申込みの方は、「11月26日(土)開催の入門セミナー」に無料ご招待します。
  • 11月24日(木)17:00ごろに、入門セミナーのご視聴方法を電子メールでお送りします。 →11/24 14:14、11/25 16:52 に送信しました。
  • 入門セミナーの講演資料は当日の朝にメールでご案内予定です。

99%の確率で年率15%の収益を安定的に稼ぐことを目的としています。
成功へのカギは確率統計とリスク管理だけ!(エクセルシート付き)

ユニークな視点からイベントリスクと各種指標を駆使した相場分析、
そして、勝率を高めるため確率統計を活用したオプションならではの取引戦略を
教材・週報・動画など7つのツールで紹介していきます。
また、米国株オプションに関する情報も発信しています。

6か月間のスクール修了後は、1か月更新(自動更新)でご継続いただけます。

2022年に11月26日(土)10時よりオンライン(Zoom)で 「日経225オプショントレード入門セミナー」を開催します。 本コースのガイダンスも兼ねていますので、手法や理念がご自身に合うかご検討中の方は、まずはこちらをお試しいただけます。


<紹介する主な戦略>

  1. 日経225CALLの売り
    単純戦略で実践的な知識を積んでもらいます。
    グリークス(リスク指標)を使わず、安全を重視したオプション取引からコツコツと安定的な収益(年率15%を目標)を出せる「運用者」になることが目標です。

  2. 日経225CALL/PUTの買い
    数時間から数日の短期売買で日経平均の急騰急落によるプレミアムの動きから収益を狙います。

  3. 日経225CALL/PUTの組み合わせ戦略(禁断のPUT売りも)
    相場観に基づいて現物や先物よりもリスクが管理された複合戦略で取引の練度と高めてもらいます。
    グリークスを活用しながらオプション取引の奥深さと醍醐味を楽しめる達人になることが目標です。

  4. 米国株オプション
    主要指数で米国市場の全体像を把握しながら
    個別銘柄(指数・ETFなどを含む)OPのトレード戦略について考察します。


<7つのツールで習得!>

  1. 学習プログラム
    ――売坊先生のノウハウを動画と資料で解説!

    【基礎知識編】

      第1回 日経平均オプション取引とは
      第2回 何故、今オプションか
      第3回 オプショントレーダーの大切なメンタリティーとは
      第4回 証券会社の選び方
      第5回 投資収益率の考え方
      第6回 オプション価格の変動要因
      第7回 オプションカリキュレーターの活用
      第8回 ボラティリティとは
      第9回 経済指標の見方
      第10回 正規分布と標準偏差とは
      第11回 日経平均オプションの税金

    【基礎戦略編】

      第1回 戦略の概要(3つの戦略)
      第2回 戦略I:主戦略(資金効率の確認)
      第3回 戦略I:主戦略(リスク管理と証拠金管理)
      第4回 戦略II:ウィークリーオプション戦略
      第5回 戦略III:買い戦略
      第6回 オプション価格の変動要因
      第7回 オプション計算機の活用
      第8回 デルタ・ガンマ・セータ・ベガとは
      第9回 先物とオプション価格の関係
      第10回 売建玉の対処法

    【応用知識編】

      第1回 日経平均とTOPIX(東証株価指数)
      第2回 日経平均株価と日経平均先物価格の関係
      第3回 オプション価格の特性
      第4回 オプションと先物
      第5回 ボラティリティとは
      第6回 正規分布と標準偏差とは
      第7回 グリークス
      第8回 オプション計算機の活用
      第9回 リスクとリターン
      第10回 最適化

    【買い戦略編】

      第1回 戦略の分類
      第2回 買い戦略の例
      第3回 買い戦略の確率
      第4回 買い戦略:収益とコスト
      第5回 買い戦略:日本市場(1)
      第6回 買い戦略:日本市場(2)
      第7回 買い戦略:米国市場

    【禁断のPUT売り戦略編】

      第1回 PUT売りとその危険性
      第2回 PUT価格の理論値(オプション計算機)
      第3回 PUT単独売り
      第4回 PUT売り複合戦略(1)売建玉の対処法
      第5回 PUT売り複合戦略(2)
      第6回 PUT売り複合戦略(3)

    【複合戦略編】

      第1回 基礎知識
      第2回 戦略の分類
      第3回 正規分布と確率
      第4回 ブル・スプレッド
      第5回 ベア・スプレッド
      第6回 コール・レシオ・スプレッド(1:2)
      第7回 プット・レシオ・スプレッド(1:2)
      第8回 ストラングル(ショート&ロング)
      第9回 コンドル(ショート&ロング)
      第10回 バタフライ(ショート&ロング)
      第11回 カレンダー・スプレッド
      第12回 証拠金の管理

    【米国株OP編】

      第1回 世界の先物・OP市場と米国株OP市場
      第2回 米国株OP取扱証券会社
      第3回 基本戦略と銘柄選択方法
      第4回 yahoo! finance 活用例
      第5回 finviz 活用例
      第6回 Optionistics 活用例
      第7回 IVolatility 活用例
      第8回 第一戦略:セキュアードPUT売り戦略
      第9回 第二戦略:カバードCALL売り戦略
      第10回 応用戦略

  2. 週次レポート
    ――原則毎週月曜日に発行します!

    トピック(変更する場合があります)

    • グレイ・リノ
    • 今週注目の経済指標
    • 各市場のインプライド・ボラティリティ
    • 日本株市場分析
    • 米国市場分析
    • OP売坊ゼミナール
    • 標準偏差の確認
    • 先週の振り返り
      基本戦略編
      応用戦略編
    • 今週の戦略
      基本戦略編
      応用戦略編
    • 米国株オプション
  3. 月次セミナー
    ――原則第二金曜日の昼にZoomでライブ配信、後日に編集動画を配信!

    トピック(変更する場合があります)

    • 実践での要注意ポイント
    • グレイ・リノ分析
    • 期近限月の振り返り
    • 後続限月の展望
    • 複合戦略の解説
    • チャットによる質疑応答
      など
  4. アラートメール
    ――暴騰・暴落注意報など市況に応じて電子メール「日経OP売坊通信」を先生から会員様へ直接送信!

  5. 個別質問掲示板
    ――特設掲示板に随時書き込めます(何回でもできます)!
    できるだけ早急に先生が回答します(親切丁寧を心がけています)。
    ※個人のポジションに関するご相談はお受けできませんのでご了承ください。

  6. リスク管理エクセルシート
    ――実践時に利用するツールです。利用方法を説明した動画も掲載!
    • 標準偏差の計算
    • 証拠金管理
    • 平方根の計算
    • スプレッドの最大利益計算

  7. 入門テキスト(PDF)
    ――日経225OPの基本知識・商品仕様、そして売坊流の基本戦略・相場哲学を紹介!
    OP初心者の新規会員様にもできるだけスムーズにスタートを切っていただき、
    本コースを最大限に活用していただくための教科書です。

    【第1章 イメージをつかもう】

    • オプションとは
    • 日経225オプションとは
    • 証券会社の選び方
    • 複数の口座を作っておこう
    • 証拠金
    • 証拠金管理はOPトレードの勘所
    • 運用資金
    • “理想的”な資金配分・リスク許容度とは?
    • 資金総額と証拠金最大額
    • 他商品との違い
    • 単独戦略の損益曲線
    • ATM・ITM・OTM
    • Weeklyオプション

    【第2章 CALL売り戦略の利点と注意点】

    • 日経225CALL売りの魅力
    • オプション価格の変動要因
    • 本質的価値と時間的価値
    • なぜCALL売りなのか
    • PUT売りとの比較
    • 正規分布と標準偏差
    • 標準偏差の示唆すること
    • どのCALLを売るか
    • リスク管理エクセルシート
    • リスクとリターン
    • スマイル・カーブ
    • 標準偏差の優位性
    • 標準偏差の優位性
    • 発注について
    • まとめ

    【第3章 市場分析】

    • 週次レポート
    • グレイ・リノ
    • 新値三本足
    • 日経平均の予想EPSと予想PER
    • 日経平均のPBR
    • ボラティリティと日経VI
    • 日経平均と乖離率
    • 海外投資家の動向
    • SQ値と裁定取引
    • 米国株市場
    • 通貨供給量
    • 金利と株価と配当割引モデル
    • イールド・カーブ
    • イールド・スプレッドとイールド・ギャップ
    • Fear&Greed指数
    • SKEW指数
    • 心理分析

    【第4章 相場哲学】

    • OP売坊の目指すものとは
    • 投機と投資と運用
    • 金融知力とは
    • 疑問を持ち、本質を知ろう
    • 疑問持つときの3つのポイント
    • 客観的な事実と意見
    • 資産とは負債とは
    • 運用で成功するには
    • 手仕舞いのタイミング
    • おすすめの書籍
    • 運用の評価方法
    • 無理をしない、おごらない
    • 中級者への道

    【参考】

    • 債券とは
    • 債券のスタイル・ボックス
    • 株式とは
    • 株式のスタイル・ボックス
    • オプションの買い戦略
    • 複合戦略
    • 複合戦略の一例
    • オプションと先物の関係


■会員様の声

いつも丁寧な説明と貴重な情報をありがとうございます。
オプション倶楽部のおかげでオプションの魅力を知ることができ、また収益も確保できるようになりました。
まだまだ勉強不足ですので、これからもよろしくお願いします。

(OP小僧・投資歴:3年)

先生の手法は理論的、統計的にしっかりと根拠があり、かつ、ものすごく実践的でした。
このような素晴らしい手法を惜しみなく開示くださり、とても感謝しております。

(nt164・投資歴:11年)

有意義な講座をありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

(SK・投資歴:10年)

いつも質問に丁寧にご対応いただきありがとうございます。
いろいろな知識や考え方、すごく勉強になります。
これからもよろしくお願いします。

(ひでき・投資歴:5年くらい)

いつも丁寧な分かりやすい週報に感謝しております。
週ごとに予想レンジを想定しポジションの参考をいただければ甚大です。

(シブヤネコ・投資歴:35年)

今までオプションについては頭で理解しているものの腑に落ちなかったことが、本コースのおかげで腑に落ちるところまで持ってこれたと思います。ありがとうございました。
実際に教えていただいたこと守りながら2月限・3月限の取引では予定した利益を積み重ねております。
これからも本コースで教えていただいたことを厳守しながら実戦で利益をコツコツと積み重ねていきたいと存じます。
半年間、お世話になりました。

(エルあるじ・投資歴:現物株・投資信託は10年、オプションは2か月)

エクセルファイルはとても参考になりました。
ありがとうございました。

(うぃ・投資歴:10年ちょっと)

丁寧な話し方で聞きやすいですが非常に眠くなります。

(Rogi・投資歴:15年)

半年間、お世話になりました。
ラジオで拝聴する売坊先生の解説が楽しみで、本講座にも参加させていただきました。
まだまだ、怖さもありますが、教えていただいた個人投資家なりの戦い方で、少しずつ参戦していきたいと思います。
半年間、ありがとうございました。

(AM・投資歴:5年)

IVとHVで相場が急変するだろうというメールをいただき、ほぼそれが当たっていたので、すごいと思いました。ありがとうございます。

(SU・投資歴:10年)

経済指標等いろいろ勉強になりました。
次回は米国株オプションに特化したセミナーをしてほしいです。

(モリモリ・投資歴:株式20年、オプション5年)

証拠金をベースとした収益性の管理や比較的安全・安定的な戦略の取り方について、一方で、より収益率を高めるための戦略について基礎を学べました。
いつも丁寧に質問に答えていただいており、他の方のやりとりも参考になっています。ありがとうございます。
これからも、ちょっとしたアイデアや気づきを与えていただければと思っております。

(のり・投資歴:株式10年以上 オプション1年未満)

エクセルファイルは有用だなと感じました。

(じょにさん・投資歴:10年以上)

リスク管理エクセルシート、シグマの考え方(が参考になりました)。

(S-to・投資歴:投資信託、株、FX)

リスクをいかに低減するのか、建玉から決済までリスク管理の方法が大変参考になりました。
いつも丁寧で優しい語り口、かつ有益な講義をありがとうございます。
素人からは想像もつかない分析手法や切り口を教えいただき大変勉強になっております。
まだまだリスク、感情ともにコントロールできておらず、枚数制限した少額トレードですが、先生の講義のお陰で少しずつ自信がもてるようになっております。

(CANIGGIA・投資歴:株・FXメインで20年)

オプションの売りはボチボチやっています。
ウィークリー・オプションでも稼ぎたいのですが、なかなか適当な価格&権利行使価格のものが見つからず、取引頻度が少ないです。

(tx・投資歴:5年)

(オプションについて)怖いイメージがありましたが、損失限定での取引方法がたくさんあること、ある程度(日経平均が)上下しても利益をだせる幅があること(に魅力を感じています)。

(saito株・投資歴:FX約10年、CFD5年、先物・オプション1年目)

昨今の社会状況を踏まえ生涯にわたる個人の経済的自立、金融・投資について、その知識や実行力の必要性を強く感じていました。投資については素人であり、どこから勉強すべきか模索していた折に売坊先生の出演番組と出会い、先生の見識と市場を捉える視点、投資姿勢等に触れ入会しました。
【オプション倶楽部】OP売坊戦略コースのプログラムは効率良く合理的に構成されており、今の私にとっては、その内容を理解し身体にしみ込ませることが大きな目標です。その先に投資の成果がついてくると思います。
採用戦略手法やエントリーのタイミングなどの実践・実行がうまくできていない現状では、「個別質問掲示板」が具体的な事例が多くとても参考になります。売坊先生は懲りずに丁寧に説明してくださってありがたいです。

(うお座・投資歴:1年)

(オプションの魅力は)あまり価格が動かない時期であっても、利益実現に近づける点です。エクセルシートを利用させていただき、誠にありがとうございます。

(bee_cow・投資歴:仕事の合間に20年ほど)

この講座を申し込む前に、Youtubeで先生のお話をうかがう機会が何度かありまして、相場見通しをお話になるときも慎重でリスクに対して気を配っていらっしゃるご様子がとても印象的でファンになりました。
今も先生の週次レポートやグレイリノ通信、そして動画でのお話を楽しみにしています。

(山好き・投資歴:断続的に30年)

毎日のように情報提供ありがとうございます。先生のレポートやブログは、経済動向を捉えるうえで、とても参考になります。
これからもお身体を大切にご指導よろしくお願いします。

(option225・投資歴:20年以上)

いろいろな組み合わせでリスクをヘッジできるところにオプションの魅力を感じます。

(はな吉・投資歴:OPは5年)

半年間有難うございました。もう少しお世話になります。

(趣味が献血・投資歴:日本株、米国株、FX、純金積立、暗号資産、米国株OP、225OPなど)

売坊先生のおかげでオプション取引の第一歩を踏み出すことができました。
今はまだ少しずつですが利益をあげることもできるようになりました。
ありがとうございます。

(masu・投資歴:5年)

幅広い知識と経験に裏打ちされた思考・判断に尊敬の念を禁じえません。
これからもよろしくお願いします。

(ykun・投資歴:10年ほど)

IVとHVの差に着目している方はいなかったので、非常に参考になりました。

(なかさん・投資歴:15年)

オプションについては全くの初心者だったので、月次のコール売りで確実に利を重ねていけることが分かりました。

(segodon・投資歴:10年以上)

相場で利益を上げるには、売買戦略、相場分析、資金管理の3つが必要不可欠だと考えます。
先生の講義では、学習プログラムで具体的な売買戦略と資金管理を徹底的に解説。
さらに刻々変化する相場環境の分析は、週次レポートと月次セミナーでフォロー。
疑問・質問については個別掲示板で丁寧にサポートされます。
会員数の限定に、サポートの質の高さが表れていると思います。
先生の基本スタンスは「会員と一緒に学ぶ」ことです。
難しいことは多々ありますが、学ぶ姿勢を継続すれば必ず解決すると思います。

(ソラ・投資歴:20年)


講師:日経OP売坊(にっけい・おぷしょん・うりぼう)

日経OP売坊

慶應義塾大学経済学部卒。株先50(日本初の株式先物)が上場した1987年から日系最大手証券会社のデリバティブ・アナリストとして活躍。その後、トレーダーとして世界各国の株式・先物・オプション・外国為替市場で30年以上の売買経験を持つ。1990年代初期には1年3カ月ほどの間に日経平均先物のトレードで約50億円を250億円以上に増やした。

また、マネジャーとして東京・NYで計量分析・GTAA(グローバル戦術的資産配分)モデルを駆使したファンド運用業務に従事。欧米豪亜の株価指数先物・債券先物・FXを活用した戦略で米最大手年金基金の資金を管理した。

元外資系投資信託会社・取締役運用部長。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。現在は「運用」の本質と楽しさを伝えるべく活動中。

[講師サイト]実践日経オプション教室
[講師 S N S]日経OP売坊 公式ツイッター



■よくあるご質問

――具体的にいつどのCALLを売ったらよいのか教えてくれるのですか?

いいえ、本コースの趣旨は「売坊流の探し方を指南する」ことで会員様自らの運用スタイル形成に役立てていただくことにあります。決して「売坊先生が探したものを指図する」ことではありません。

――本コースはOPが全く初めての人には難しい内容でしょうか?

本コースは「実践的」な情報の提供が中心となります。したがって「教科書的」な“基礎の基礎”(CALLとは、PUTとは、OP価格=プレミアムとは、権利行使とは)については事前に踏まえておいたほうが、有効にご活用いただけるでしょう。また、そのほうが売坊先生の「ユニークさ」をご理解いただけるかもしれません。

「基礎の基礎」についてはネット上に無料で学べるコンテンツがあります。したがって、OPが全く初めてという方や、本コースに入会されて『入門セミナー』『入門テキスト』の内容を難しく感じられた方は、当倶楽部サイトの「OPが初めての方に」をご覧ください。また、以下のJPX様サイトも参考になるかと思います。

日経225オプション概要
「オンデマンド・セミナー」では初心者向けに動画で日経225OPについて“一般的な”解説をしています。

OSE先物・オプションシミュレーター 解説動画
『OSE先物・オプションシミュレーター』では実際の相場ではありませんが、スクール形式で簡単な模擬売買をしながら先物・OPの“一般的な”知識を学ぶことができます。まずは「解説動画」をご覧ください。なお、先物の知識もOPの理解に役立ちます。

オプション取引について
OPトレードの“ルール”について概説しています。

以上のサイトを閲覧・視聴していくなかでご不明な点がございましたら、初歩的ではと躊躇されたり遠慮されたりすることなく『個別質問掲示板』まで、ご質問をお願いします。質問を文章化することで、知識や問題点を整理する機会になるはずです。

――用語集的なものはいただけるのでしょうか?

特別な用語集はご用意しておりませんが、一般的な相場用語については、こちらをご覧ください。

また、2022年8月に改訂された『入門テキスト』の巻末には索引があり、用語集代わりにご利用いただけると思います。さらに、会員様専用ページの『情報源』には各種参考サイトへのリンクが掲載されています。

それでもご不明な用語がございましたら、遠慮されることなく『個別質問掲示板』まで、ご質問ください。質問を文章化することで、知識や問題点を整理する機会になるはずです。

――コース開始前に開催される『入門セミナー』は受講したほうがよいのでしょうか?

はい。ぜひとも受講をお願いします。入門セミナー(オンライン開催)で紹介した方法論が本コースの「起点」となるからです。

本コースに直接申込いただいた新規会員様は、自動的に入門セミナーに無料でご招待します。入門セミナー当日にご予定のある方は、終了後しばらく視聴できる『録画版』もしくは、後日改めて会員様専用ページに掲載される『編集版』をご覧ください。そして、ご不明な点がございましたら『個別質問掲示板』にご記入いただきますようお願いします。

――『月次セミナー』はアーカイブで配信されるのでしょうか?

はい。月次セミナーの編集動画は資料・補足資料を含め会員様専用ページに逐次掲載されていきます。オンデマンドで何度でもご視聴ください。

なお、月次セミナーは原則、毎月第二金曜日(月次OPのSQ日)の11時40分から1時間程度で開催しております。主に新規会員様がOPトレードを実践するうえでの技術的ポイントがテーマです(ただし、折に触れて繰り返し確認すべきテーマでもあります)。また、終盤には継続会員様向けに発展的・番外的な内容もお伝えしています。

――そもそもCALL(買える権利)の買い・売り、PUT(売れる権利)の買い・売りと4つあってややこしいです。

ややこしいですね。しかし、だからこそ、その壁を超えてみると面白い景色が広がっているかもしれません。また、まずはできるだけ単純に収益手段で定義してみるのも、ひとつの方法ではないでしょうか。売坊戦略コースでポイントとなるのは「満期までのCALL売り」と「短期トレードのPUT買い」です。

××円CALLの売り=日経平均が満期(SQ日)までに、××円まで、できるだけ急騰しなければいい
PUT買い=日経平均がイベントなどをきっかけに目先急落すればいい

――いったんCALLを売ったあと、SQ日前でも危険だと思えば買い戻しができるのでしょうか?

通常時は買い戻しができます。そうした売買をするのがOP市場です。例えば、3円のプレミアム(OP価格)で売って、プレミアムが6円になったとき、その価格で損切っていれば、1枚当たり(6 - 3)×1000=3000円の損失となります。

なお、OPトレードでは約定値が滑らないよう、注文は指値で入れるのが普通です。初めのうちは「危険だと思えば」すぐに買い戻して損切りをして、次の機会に備えて、経験を重ねていったほうがよいかもしれません。なお、板が極端に薄くなったときなど異常時における売坊流の対処法については月次セミナーなどでご提案しています。

――日経平均が2万8000円だったとします。このとき31000円のCALL(買う権利)を3円のプレミアム(OP価格)で売ったとすれば、売買単位が1000倍ですので、SQ日にこの権利が失効すれば1枚当たり3000円の利益(以下、手数料を含まず)を見込めます。しかし、SQ日に日経平均が4万円に暴騰していれば、1枚当たり(40000 - 31000)×1000=900万円となり、899万7000円の損失となるのでしょうか?

おっしゃるように、この場合、期限のSQ日まで31000 CALLの建玉を維持し、4万円のSQ値で清算されたとすれば、そうなります。しかし、SQ日までに、すでにその建玉の維持にかかる証拠金は、かなりとんでもない額に増加しているはずです。

つまり、SQ日までに、その建玉の維持が相当難しくなっているでしょう。SQ日よりも前にCALL売り玉を買い戻して、損切りをすることになります(ただし、経験を積み重ねた人であれば、先物やOPでヘッジをして損失・証拠金負担を軽減する場合もあるでしょう)。先ほどの例であれば、プレミアム(OP価格)が6円に上昇したときに損切った場合、1枚当たり(6 - 3)×1000=3000円の損失となります。

できるだけ不利にならないように損切りをするのがノウハウのひとつです。日経平均が上昇してCALL売り玉に不利になったときの売坊流の対処法については月次セミナーなどでご提案しています。

なお、景気の局面にもよりますが、日経平均は突如として暴落することがあります(自然災害などで)。したがって、PUT売りは非常に危険です(いいかえれば、PUT買いにはピンポイントで大きな機会があります)。

一方、日経平均は上げるときは比較的じわじわと動きます。したがって、CALL売りはPUT売りに比べて損切りを含めた対処が比較的しやすいといえるでしょう。


概要

名称

【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース 2022年12月開講

受講期間

2022年12月1日〜2023年5月31日まで、その後は1か月ごとの自動更新

    6か月間の受講期間後、1か月更新プランで自動更新となります。
    ご継続を希望されません場合は「解約方法」をご確認ください
    ※営業日の15時までに入金確認ができた場合は当日夜間からご利用できます。
    ※それ以降は翌営業日の夜間からのご利用となります。

受講費

初回6か月間 180,000円+税
7か月目から1か月更新 10,000円+税

解約方法

本サービスはお申込み月から6か月間は受講費 180,000円+税でご利用いただけ、その後は1か月ごとの自動更新 10,000円+税となります。
お客様からご利用停止の手続きをされない限り自動継続されます。解約する場合は更新前の月末までにご連絡をいただければ配信を停止いたしますので、電子メールまたはお電話でお申し出ください。解約確認のメールを受信して解約完了です。

お客様都合で途中解約される場合は、割引適用前の会費から経過月数分の料金と購入代金の38%を差し引いた金額をご返金いたします。
当社事由でサービスの継続が困難になった場合は、割引適用後の料金を6か月で割った代金×利用されていない残月数分の返金をいたします。
また他受講者に迷惑な行為をされる方と判断した場合は返金なく退会していただきます。

お問合せ先

パンローリング株式会社 電子メール:info@panrolling.com

お断り

都合により内容が予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。また止むを得ない事情により中止および延期する場合がございます。プログラムの追加・訂正は随時ホームページよりご案内いたします。本サービスはお申し込みされた会員様のみご利用頂けます。動画・レポートなど必ずご本人様のみでご利用ください。

免責事項

本講座で説明・解説した方法や技術、指標が利益を生むとか、あるいは損失につながることはないと仮定してはなりません。 本講座で開示する情報、過去の結果は将来を保証するものではありません。本講座は教育的な目的でのみ用いられるものであり、自己の責任に基づき独自にご判断下さい。売買の注文を勧めるものではありません。 本講座は、特定の金融機関・金融商品を推奨・勧誘するものではありません。口座開設や投資の判断はすべて自己責任で行われるべきであり、そのいかなる結果にも当社は責任を負いません。本ホームページ及びその内容を無断でコピー、引用等する行為は禁止します。

そのほかのお薦め

2023源太カレンダー(冊子版)

ベテラン度: ★★☆
大岩川源太 源太塾(カレンダー)
A4判 26頁(見開きA3) 2022年11月発売
2,750円 国内送料無料 すぐ発送


この商品の著者による商品一覧: 日経OP売坊

戻るトップページへ

■投資ニュース

  • 2022/12/08 11:05:リソルホールディングス---“フェアウェイフロントヴィラ事業”を拡大
  • 「カレンダー2023」ランキング (11/22更新)

    バックナンバー

    2023源太カレンダー

    1. 2023源太カレンダー
    2. 株式手帳 2023 [黒]
    3. 為替手帳 2023 [ブラック]
    4. ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2023
    5. 株式手帳 2023 [茶]


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (21MB) Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。