携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (01月19日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
ボリンジャー
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株
決算書 M&A FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

アンディ 鏑木繁
小次郎講師 New!
バカラ村 林輝太郎
増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
ラリー・ウィリアムズ 電子書籍 ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2017

電子書籍 ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2017

ベテラン度: ★★☆
ラリー・ウィリアムズ
パンローリング
ダウンロード販売 ZIP (PDF) 日本語 71頁 2017年1月発売
本体 28,000円  税込 30,240円

  

●販売期間終了 2017年3月30日まで

ラリー・ウィリアムズが独自のサイクル、季節性周期、市場行動パターンをもとに、
2017年の株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)マーケットを分析した
相場予測レポート最新版。

未来のロードマップを手にすれば、攻めと守りの好機がおのずと見えてくる!!


フォーキャストの使い方プログラム警告過去のフォーキャストCD版
人気の週刊分析(ラリーTV)



今日の株式市場の下げ

フォーキャスト2017の購読者にとって、 今日の株式市場の下げは全く驚きではなかったはずです。 フォーキャスト2017で解説している株式市場の一部をご覧に入れましょう。


赤線は米株式市場の予測ラインです。 「フォーキャスト2017」は米株式市場のターニングポイントを明確に示していました。

事前に未来を知ることが出来ます!

2017年1月13日 ラリー・ウィリアムズ

●フォーキャストのロードマップ

  • アメリカの株式市場
  • 「大統領権限」トレード戦略
  • 主要国の株式市場
  • 金利と債券市場
  • 通貨
  • 貴金属
  • 畜産市場
  • ソフト
  • 農作物
  • 2017年のエネルギー市場
  • 厳選された個別銘柄
  • 終わりに
  • その他のサービス
  • 用語集
  • 免責事項

●2017年は米株式市場の暴落が来る!

今日からその暴落に備えるべきだ!!

2017年の米株式市場は大きく下げることになるだろう。
これまで多くの転換点を的中しているナチュラルサイクルが、米株市場の暴落を予測している。

詳細は後述するとして、まずは2016年の予測と結果をチェックしてみよう。

●未来を垣間見ることができる。これまでのフォーキャストと結果を見てほしい。

未来を予測することは不可能と思われているが、
2015年と2016年に発行されたフォーキャストをここで紹介する。
結果はご自身で判断して頂きたい。
1年前にマーケットの動きを知ることはトレードの助けにならないだろうか?

2016年度版のダウのフォーキャスト

【クリックすると大きく表示できます】

実際の動き

【クリックすると大きく表示できます】

単なる予測ではない!
トレンドの方向と転換日を事前に予測している。

4月11日や6月30日の買いポイントはマーケットが英国のEU離脱、ブレグジット・パニックで大混乱していたとき。
9月の大きな下げとトランプ相場がスタートした11月の大底を一年前に予測。

運良く偶然にこれらの転換日を言い当てたと思われるかもしれない。
では、2015年のフォーキャストとその結果はどうだったか?

2015年8月24日を覚えているだろうか?

ダウをはじめ全世界の株式市場が暴落した日。
そして、それが絶好の買いポイントだった。

パニックはトレーダーにとって天敵である。
万全な準備以外に対応策はない。正確な市場のロードマップの効果は計りしれない。

ダウ・ジョーンズの2015年のフォーキャスト

【クリックすると大きく表示できます】

●どのように予測しているのか?

フォーキャストは、占星術や過去の予測線など一切利用していない。
フォーキャストは過去12か月間に似たサイクル(プライスパターンではない)をたどった年の検証結果をもとに作成されている。

それらの年の動きを全て調べて、動向を平均化して、向こう12カ月の予測を立てている。

1896年と1930年代に出版された書籍に書かれていたアイデアがベースになっている。
一見、簡単に思えるが、実際はかなり複雑である。

特に過去の動きを検証して予測をたてるアルゴリズムが必要で、
プログラムの開発に多額な費用を投じてきた。

●この先の未来を事前に知ることができれば、あなたの人生は大きく変わるだろう。

誰もが未来のことを知りたがっている。
私自身、実際にトレードしているのでよくわかるが、 トレーダーはシンプルでなければならない。

そのため紹介するフォーキャストはチャート上に転換日を書き込んであり、
2017年のいつマーケットが転換するのか、ハッキリ見て分かるようにしてある。

「もし」や「仮に」といった条件などなく、端的に転換日が示されている。
もちろん正しく転換日を的中することはできないが、誰が見てもわかるようになっている。

2017年のダウのフォーキャストでは、3つの転換日に仕掛けことで利益が期待できる。
リサーチ結果に私自身も驚き何度もその結果をチェックした。
3回のトレードチャンスをしっかりと得られるはずだ。

●ファンダメンタルズは重要

どのビジネスにも共通していると思うが、ファンダメンタルズは重要だ。
また、マーケットは繰り返す。
この二つはトレーダー、投資家にとって最も価値の高い事実である。

次のベア・マーケットがいつ始まるのか?

本レポートの購読者、全員にベア・マーケットの警告メールを無料で配信する。
前回、この警告メールが発せられたのは2007年だった。
その後、2008年後半から2009年初めにかけてブル・マーケットに転換した。

この警告はテクニカル指標ではなく、ファンダメンタルズ指標にもとづいている。
もし、米株式市場がベア・マーケットに突入したとき、
フォーキャスト2017年の購読者、全員に警告メールを無料で一斉配信する。

弱気論者や強気論者の声に耳を傾けなくてもよい。
この警告は米株投資の最高のヘッジであり、保険とも言えるだろう。

2017年に弱気になるべき時期は既に決まっている。
本レポートでは、その時期を公表している。

本レポートは予測しているが、もし米株式市場がベア・マーケット入りするようであれば、
警告が発せられ、空売りが執行される。

フォーキャストを読むことで
暗闇から脱出して明るい2017年をみよう!

投資家やトレーダーにとって未来を事前に知ることは夢のまた夢だ。
しかし本レポートがその夢を少しかなえる手助けになると自負している。

米株式市場予測だけなのに、他には1000ドルを超えるレポートが多く発売されている。
しかしこの「フォーキャスト2017」は、
アメリカだけでなく主要国の株式市場をはじめ多くの商品市場がカバーされている。

そのため本レポートは、70ページをこえるボリュームになっている。
米株式市場、米国債、貴金属、農産物、ソフト、畜産市場、通貨などフルカバーされている。
他に類を見ない特別なレポートだ。
また、アメリカの選別された個別銘柄も網羅している。

フォーキャストの目的は、
一年前に米株式市場や商品市場の重要な転換点を知ることにある。


2017年のマーケットの動向が一見してわかるレポートになっている。

ダウ・ジョーンズ工業平均(DJIA)だけの予測でなく、
ナチュラルサイクルは全ての市場を事前に予測することが可能であり、
主要株式市場を全てカバーしている。

●フォーキャスト2017

    株式市場(アメリカ、オーストラリア、中国、ドイツ、日本、ロシア)
    先物市場(米国債、農産物、ソフト、エネルギー、貴金属、通貨、畜産)
    個別銘柄(アップル、マイクロソフト、GE、アルトリアなど)

主要商品市場のマーケット予測
どの商品、市場をトレードしていてもフォーキャスト2017は2017年のガイドになる。
先物、FX、ETF、CFDなどで活用できる。

●あなたの望んでいる予測レポート

フォーキャスト2017は具体的に転換日がハッキリと記されている。
ヘッジなどしない、また、条件など付いていない。
20カ国を超える利用者が認めるトレーディングのツールである

私自身、フォーキャストをもとに実際にトレードしている。
もちろん他のツールも併用してトレードしているが、
事前に大きなうねりを警告してくれるフォーキャストが必要だ。
フォーキャスト2017はまさに大きな動きを事前に察知してシグナルを発している。

マーケットのちょっとした上下の動きを追っているわけではない。
いつ、大きな動きが市場にくるのか知りたい。
誰よりもアドバンテージを強く求めている。
そして、同じ思いしているトレーダーとこの発見を分かち合いたい。

TVコマーシャルではないが、 フォーキャスト2017はレポートだけではない。
後ほど、2017年のユーロFXの無料フォーキャストを提供する。

●予測だけではない3つのスペシャルボーナス

  1. S&P500先物(E-mini)トレードシステム

    昨年のレポートで紹介したS&P500先物のトレードシステムの過去12カ月の結果。
    事前にシグナルがいつ発生するのかわかっているのでトレード簡単である。


    【クリックすると大きく表示できます】

    ルールは簡単でコンピュータは不要。
    2016年は23回のトレードで、約7300ドルの利益。勝率は78%だった。
    このシステム自体、レポート代以上の価値があるだろう。

  2. ブル・ベアシグナル

    これまで多くの時間をマーケットタイミングツールの開発に費やしてきた。
    ベア・マーケットの終焉を狂いなく的中させた驚異的な買いインディケーターを開発した。
    2011年9月23日に買いシグナルを発生。
    その前は、2009年2月27日に買いシグナルを出していた。

    ファンダメンタルズをもとにした中長期の売りシグナルを2014年に開発。
    この指標が最後に売りシグナルを出していたのは2007年9月だった。
    その前は2001年7月だった。
    フォーキャスト2017購読者にはシグナルが出た時に警告メールを一斉配信する。
    これは、どの保険を買うよりも確かな保証になるだろう。

  3. 個別銘柄のフォーキャスト

    前回も数銘柄のフォーキャストを提供したが、その例を以下にリストした

    GE(ゼネラル・エレクトリック)

    【クリックすると大きく表示できます】

●【無料版】2017年のユーロFX通貨先物のフォーキャスト


【クリックすると大きく表示できます】

この無料フォーキャストをユーロFXトレードの参考にして頂きたい。
どれだけ簡単に未来を予測しているかこのフォーキャストからおわかり頂けるだろう。
何も描かれていない白紙の地図と転換日が縦線で印されたロードマップであり、
参考にするかどうかはあなた次第である。

フォーキャスト2017はユーロFXのフォーキャストと同じく転換日がハッキリとロードマップに描かれている。
もちろん転換日を間違えることもあるが、
芸術的とも言えるこのフォーキャストはこれまで多くの転換日を予測していた。

未来のマーケットを知ることは重要だ!


Larry Williams


●フォーキャストの使い方

1年間で1万ドルを114万ドル、11000%を超えるリターンを得た史上最高の短期トレーダーと称されるラリー・ウィリアムズが不可能に挑んだ相場予測。

フォーキャストには2つの重要な意味がある。

  1. その年のいつに、何が起きるかを事前に予想して、トレーダーはその動きに対して容易に反応できる。予測どおりに市場が動くことは未来を読めるということだ。
  2. 予想が実際の動きとどのように違うのかを比較することである。市場の変化に対応するということだ。仮に予測と違う場合はトレンドが強いということ。しかしそのトレンドは短命な場合が多いため、注意深く建玉を操作できる。
この違いを知ることは重要である。
予測は100%ではない!

しかし、サイクル理論や季節要因、市場行動パターンを利用したロードマップを使って大金を手にした事実がここにはある。

株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)市場の将来を少しでも垣間見ることができれば、ほかの投資家やトレーダーよりもずっと有利な立場で取引できるだろう!

警告 このレポートはすべてマーケットのタイミングについて予測しているのであって、転換後のトレンドの強弱は予測していない。サイクル分析から描かれるロードマップはマーケットのナビゲーターとしての役割を果たしている。トレンドが予測と反した方向へ進んでいても、転換日に近づくと反転する可能性が高まる。
あくまで、このフォーキャストはタイミングに焦点を当てているのだ。そのため、トレンドの方向やその強さを計るツールとはなっていない。

サイクル分析とは相場の反転を探る研究と言えるだろう。
過去の結果から、トレンド方向を予測するためにこのレポートを活用するのではなく、あくまで、反転のタイミングを事前に知ることに重点が置かれている。

フォーキャストの載せたチャート上に記した日付あたりでマーケットの転換が起こりやすい。マーケットのエネルギーがこの時期に活発化するようだ。なぜ、その日付あたりにエネルギーが存在しているのかは分からない。 これまでの本フォーキャストでは、80%近い確率でマーケットの反転を予測してきた。通常は、予測したどおりのトレンドも確認されている。
(転換点と転換点を結ぶことで結果的に予測どおりだったことがよく見受けられます。)


●2016年度版のダウのフォーキャスト(検証)


【クリックすると大きく表示できます】


【クリックすると大きく表示できます】

ラリー・ウィリアムズが独自のサイクル、季節性周期、市場行動パターンをもとに、
2017年の株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)マーケットを分析した
相場予測レポート最新版。

未来のロードマップを手にすれば、攻めと守りの好機がおのずと見えてくる!!


フォーキャストの使い方プログラム警告CD版はこちら過去のフォーキャスト
人気の週刊分析(ラリーTV)

■プログラム

フォーキャストのロードマップ

  • アメリカの株式市場
  • 「大統領権限」トレード戦略
  • 主要国の株式市場
  • 金利と債券市場
  • 通貨
  • 貴金属
  • 畜産市場
  • ソフト
  • 農作物
  • 2017年のエネルギー市場
  • 厳選された個別銘柄

  • 終わりに
  • その他のサービス
  • 用語集
  • 免責事項


2017年、米株式市場の暴落が来る
いつ、その対策を講じるのか……今日からスタート

ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2017年がリリースされました。

2017年、米株式市場は大きく下げることになるでしょう。
これまで多くの転換点を的中しているナチュラルサイクルが、米株市場の暴落を予測しています。

詳細は後ほどにして、ここで2016年の予測と結果をチェックしてみましょう。

未来を垣間見ることができる。これまでのフォーキャストと結果をご覧ください。

未来を予測することは不可能と思われている。
そこで、2015年と2016年に発行されたフォーキャストをここで紹介します。ご自身で判断して頂きたい。
1年前にマーケットの動きを知ることが助けになるでしょうか?

■ダウ・ジョーンズの2016年のフォーキャスト

【クリックすると大きく表示できます】

単なる予測ではない……トレンドの方向と転換日を事前に予測。
4月11日のボトム……6月30日の買いポイントはマーケットが英国のEU離脱、ブレグジット・パニックで大混乱していたとき。

2016年9月の大きな下げとトランプ相場がスタートした11月の大底を一年前に予測。

運良く偶然にこれらの転換日を言い当てていたと思われるかもしれないが、
では、2015年のフォーキャストとその結果をご覧ください。

2015年8月24日を覚えているだろうか?
ダウをはじめ全世界の株式市場が暴落した日。
そして、それが絶好の買いポイントだった。

パニックはトレーダーにとって天敵……万全な準備以外に対応策はない。
正確な市場のロードマップの効果は計りしれない。

■ダウ・ジョーンズの2015年のフォーキャスト

【クリックすると大きく表示できます】

ここで、どのように予測しているのか、少し説明します。

ここで紹介するフォーキャストは、占星術や過去の予測線など一切利用していない。
フォーキャストは過去12か月間に似たサイクル(プライスパターンではない)をたどった年の検証結果をもとに作成されている。

それらの年の動きを全て調べて、動向を平均化して、向こう12ヶ月の予測を立てている。

1896年発行の書籍と1930年代に出版された書籍に書かれていたアイデアがベースになっている。
一見、簡単に思えるが、実際はかなり複雑である。
特に、過去の動きを検証して予測をたてるアルゴリズムが必要で、プログラムの開発に多額な費用を投じてきた。

この先の未来を事前に知ることができると、あなたの人生は大きく異なるだろう。

誰もが未来のことを知りたがっている。
私自身、実際にトレードしているのでよくわかるが、トレーダーはシンプルさを強く要求する。

そのため、ここで紹介するフォーキャストはチャート上に転換日を書き込んであり、2017年のいつマーケットが転換するのか、ハッキリ見てとれるようにしてある。
「もし」や「仮に」といった条件などなく、端的に転換日が示されている。
もちろん、100%正しく転換日を的中できていないが、100%誰が見てもわかるようになっている。

2017年のダウのフォーキャストでは、3つの転換日に仕掛けことで利益が期待できる。
リサーチ結果に私自身も驚いて、何度もその結果をチェックした。
3回のトレードチャンスをガッチリとキャッチ!

ファンダメンタルズは重要

どのビジネスにも共通していると思うが、ファンダメンタルズは重要だ。
また、マーケットは繰り返す。この二つはトレーダー、投資家にとって最も価値の高い事実である。

次のベア・マーケットがいつ始まるのか、今知る!

本レポートの購読者、全員にベア・マーケットの警告メールを無料で配信する。
前回、この警告が発せられたのは2007年だった。
その後、2008年後半から2009年初めにかけてブル・マーケットに転換した。

この警告はテクニカル指標ではなく、ファンダメンタルズ指標にもとづいている。
もし、米株式市場がベア・マーケットに突入したとき、フォーキャスト2017年の購読者、全員に警告メールを無料で一斉配信する。
弱気論者、そして、強気論者の声に耳を傾けなくてもよい。
この警告は米株投資の最高のヘッジであり、保険とも言えるだろう。

2017年、弱気になるべき時期は既に決まっている。
そして、本レポートでは、その時期を公表している。

2017年、いつ、米株式市場が下降するのか……
本レポートは予測しているが、もし、米株式市場がベア・マーケット入りするようであれば、警告が発せられ、空売りが執行される。

共通の問題とは……

投資で成功するには、未来をどのように予測するか重要である。
そのため、今から26年前にフォーキャストを自分の運用成績を向上させる目的でスタート。
そして、今、私が何をこの先みているのか、フォーキャストの購読者は知ることができる。
これで、共通の問題は解決!

フォーキャストを読んで、暗闇から脱出して、明るい2017年をみようではないか!

投資家、トレーダーにとって未来を事前に知ることは夢のまた夢。
しかし、本レポートがその夢を少しかなえる手助けになると自負している。

翌年の株式市場予測だけなのに1000ドルを超えるレポートが発売されている。
しかし、フォーキャスト2017はアメリカだけでなく、主要国の株式市場をはじめ多くの商品市場がカバーされている。

そのため、レポートは50ページをこえるボリュームになっている。
米株式市場、米国債、貴金属、農産物、ソフト、畜産市場、通貨などフルカバーされている。
他に類を見ない特別なレポートだ。
また、アメリカの選別された個別銘柄も網羅されている。

フォーキャストの目的は、一年前に米株式市場や商品市場の重要な転換点を知ることにある。

フォーキャスト2017からゲットできるものとは

購入後、本レポートをダウンロードできます。
フォーキャスト2017は主要市場をフルカバーした50ページをこえるレポートです。
文章で説明するのではなく、トレーダーにとって理解しやすいようにロードマップ(チャート)になっています。
ピークとボトムが明確に印されたタイミングツールです。

2017年のマーケットの行方が、今、ビジュアルにわかるレポートです。

ダウ・ジョーンズ工業平均(DJIA)だけの予測でなく、ナチュラルサイクルは全ての市場を事前に予測することが可能です。
主要株式市場を全てカバーしています。

フォーキャスト2017は……

株式市場

    アメリカ、オーストラリア、中国、ドイツ、日本、ロシア

先物市場

    米国債、農産物、ソフト、エネルギー、貴金属、通貨、畜産

個別銘柄

    アップル、マイクロソフト、GE、アルトリアなど……

主要商品市場のマーケット予測。
どの商品、市場をトレードしていてもフォーキャスト2017は2017年のガイドになる:
先物、FX、ETF、CFD

あなたの望んでいる予測レポートではないですか?

フォーキャスト2017は具体的に書かれているレポート。
転換日がハッキリと印されている。
ヘッジなどしない、また、条件など付いていない。
20か国を超える利用者が認めるトレーディングのツール。
過去に期日前に完売したこともある。

私のウェブサイトは、ireallytrade.com
私自身、サイクルフォーキャストをもとに実際にトレードしている。
トレードにリスクはつきもの。
もちろん、いくつか他のツールも併用してトレードしているが、事前に大きなうねりが迫っていると警告してくれるフォーキャストが必要だ。
フォーキャスト2017は、まさに大きな動きを事前に察知してシグナルを発している。

マーケットのちょっとした上下の動きを追っているわけではない。
いつ、大きな動きが市場にくるのか知りたい。
誰よりもアドバンテージを強く求めている。
そして、同じ思いしているトレーダーとこの発見を分かち合いたい。

テレビコマーシャルではないが、フォーキャスト2017はレポートだけではありません。
後ほど、2017年のユーロFXの無料フォーキャストを提供します。

予測レポートだけではない……

3つのスペシャルボーナス

1.E-mini S&P500先物トレードシステム
昨年のレポートで紹介したE-mini S&P500先物のトレーディングシステムの過去12ヶ月の結果は次のとおり;
■事前にシグナルがいつ発生するのかわかっているのでトレードが簡単

【クリックすると大きく表示できます】

ルールは簡単でコンピュータは不要。
2016年は23回のトレードで、約7300ドルの利益。勝率は78%だった。
このシステム自体、レポート代以上の価値がある。

2.ブル・ベアシグナル
これまで多くの時間をマーケットタイミングツールの開発に費やしてきた。
ベア・マーケットの終焉を狂いなく的中させた驚異的な買いインディケーターを開発した。
2011年9月23日に買いシグナルを発生。
その前は、2009年2月27日に買いシグナルを出していた。

ファンダメンタルズをもとにした中長期の売りシグナルを2014年に開発。
この指標が最後に売りシグナルを出していたのは2007年9月だった。
その前は2001年7月だった。
フォーキャスト2017購読者にはシグナルが出た時に警告メールを一斉配信する。
これは、どの保険を買うよりも確かな保証になるだろう。

3.個別銘柄のフォーキャスト
昨年、いくつかの銘柄のフォーキャストを提供したが、その例をここにリスト:
GE

【クリックすると大きく表示できます】

これが2017年のユーロFX通貨先物のフォーキャスト!!


【クリックすると大きく表示できます】

この無料フォーキャストをユーロFXトレードの参考にして頂きたい。
また、どれだけ簡単に未来を予測しているかこのフォーキャストからおわかり頂けるだろう。
なにも描かれていない白紙の地図と転換日が縦線で印されたロードマップ…選ぶのはあなた次第です。

フォーキャスト2017はユーロFXのフォーキャストと同じく転換日がハッキリとロードマップに描かれています。
転換日を間違えることはあるのか?
もちろん、間違えることもありますが、芸術的とも言えるこのフォーキャストはこれまで多くの転換日を当ててきました。

未来のマーケットを今知りましょう!


Larry Williams


●フォーキャストの使い方

1年間で1万ドルを114万ドル、11000%を超えるリターンを得た史上最高の短期トレーダーと称されるラリー・ウィリアムズが不可能に挑んだ相場予測。

フォーキャストには2つの重要な意味がある。

  1. その年のいつに、何が起きるかを事前に予想して、トレーダーはその動きに対して容易に反応できる。予測どおりに市場が動くことは未来を読めるということだ。
  2. 予想が実際の動きとどのように違うのかを比較することである。市場の変化に対応するということだ。仮に予測と違う場合はトレンドが強いということ。しかしそのトレンドは短命な場合が多いため、注意深く建玉を操作できる。
この違いを知ることは重要である。
予測は100%ではない!

しかし、サイクル理論や季節要因、市場行動パターンを利用したロードマップを使って大金を手にした事実がここにはある。

株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)市場の将来を少しでも垣間見ることができれば、ほかの投資家やトレーダーよりもずっと有利な立場で取引できるだろう!

警告 このレポートはすべてマーケットのタイミングについて予測しているのであって、転換後のトレンドの強弱は予測していない。サイクル分析から描かれるロードマップはマーケットのナビゲーターとしての役割を果たしている。トレンドが予測と反した方向へ進んでいても、転換日に近づくと反転する可能性が高まる。
あくまで、このフォーキャストはタイミングに焦点を当てているのだ。そのため、トレンドの方向やその強さを計るツールとはなっていない。

サイクル分析とは相場の反転を探る研究と言えるだろう。
過去の結果から、トレンド方向を予測するためにこのレポートを活用するのではなく、あくまで、反転のタイミングを事前に知ることに重点が置かれている。

フォーキャストの載せたチャート上に記した日付あたりでマーケットの転換が起こりやすい。マーケットのエネルギーがこの時期に活発化するようだ。なぜ、その日付あたりにエネルギーが存在しているのかは分からない。 これまでの本フォーキャストでは、80%近い確率でマーケットの反転を予測してきた。通常は、予測したどおりのトレンドも確認されている。
(転換点と転換点を結ぶことで結果的に予測どおりだったことがよく見受けられます。)


●2016年度版のダウのフォーキャスト


【クリックすると大きく表示できます】


【クリックすると大きく表示できます】


以下はご参考までに2016年度版のご案内を掲載しています。 最近情報は当ホームページに随時更新します。

■プログラム(2016年度版)

フォーキャストのロードマップ

  • 米国株
  • 主要4カ国の株式市場
  • 貴金属
  • 金利と債券市場
  • エネルギー
  • 農産物
  • 畜産類
  • 通貨
  • 厳選された個別銘柄

トレード戦略

  • アメリカ大統領選挙の年のトレード戦略
  • 米大統領権限トレード
  • 2016年投資戦略
  • ベストトレード日
  • 2016年の特定売買日
  • 終わりに
  • 用語集


■株価指数、先物市場、そして、E-miniトレード戦略をフルカバー。

まず2015年のフォーキャスト結果……ジャッジするのはあなたです!


ダウ工業株価指数のフォーキャスト2015とトレンド
ダウ工業株価指数のフォーキャスト2015とトレンド


永続的な悲観論者の声に惑わされて、正しい投資方向を見失っている方々……
フォーキャスト2015年の購読者は事前にブルマーケットの到来を知っていました。
昨年のフォーキャストではっきりと次のように伝えていました……。

“年初から米株は上昇して、3月から4月の初めにかけて調整の売りにおされる。
しかし、その後、7月の第一週まで上げ、再び、下げる。8月の最終週と10月末は絶好の買う時期になる。”

フォーキャスト2015は2015年6月25日のトップと8月24日のボトムを的確に予測。
そして、2015年はブルマーケットになると予測していました。

米経済の崩壊やベアマーケットの到来を恐れていますか?
もちろん、弱気になるべき時もあります……。その時期が迫っています……。


■特別な保険契約とは

2009年以降、継続している上昇相場ですが、市場がパニックになるようであればフォーキャスト購読者に無料で警告メールを発信します。
政府崩壊やテロ襲撃といった突然の事態に備えたプロテクションになるでしょう。また、フォーキャスト2016が悲観論者の声を遮断するバリヤーになるでしょう。もちろん、ベアマーケットに備えるべき時もあります。そのときがいつなのか。このレポートは明確に伝えています。

(後半に無料のスペシャルレポートも公開)

上記のチャートが2015年の米株市場を明確に予測していました。
そして、いま、フォーキャスト2016が完成。このレポートが購読者のロードマップになると思っています。


偶然の一致で、単純にラッキーだったか?

一つのマーケット予測が偶然に当たっただけでしょうか……。
そうとは思いません。次のグラフは金相場の予測です。購読者はまったく同じタイミンググラフを手にしていました。
金投資家の多くが事前にベアマーケットを知っていたかったでしょう。グラフに示されている転換日をゴールドのチャートで確認してください。


金のフォーキャスト2015
金のフォーキャスト2015


米株市場のフォーキャスト2014

ダウ工業株価指数のフォーキャスト2014とトレンド
ダウ工業株価指数のフォーキャスト2014とトレンド


25年以上も前にからマーケット予測をしてきました。しかし、毎年、学ぶことがあります。
フォーキャストレポートを発行して今年で10年。
マーケット予測にそそぐ情熱は今も変わりません。では、フォーキャストは100%なのか? 残念ながら、まだ完璧ではないですが、徐々によくなっています。

このフォーキャストが貴方の助けになるか?
もちろん、よい助けになると信じています。全世界に多くの購読者がいて、彼らの要望からフォーキャストの販売期間を設定しています。期間限定のレポートになっています。


どのように予測するのか、ここで少し解説……。

フォーキャストは占星術などとは全く異なります。過去のデータから直近12か月間の動きに似ている時期のデータをピックアップして分析します。それらの結果をもとに、今後12か月の予測をたてています。
簡単なようですが、実際の作業は複雑です。過去の類似している時期を選択するだけではなく、それらのデータを平均化するなどアルゴリズムを使って処理しています。


結局のところ……サイクル分析を信じられるか

もし、信じることができるのであれば、このまま読み続けてもらいたい。信じられない方も続けて読んでもらいたい。
なぜなら、プライスやチャート分析ではなくファンダメンタルズがマーケットの予測を可能にしている点を紹介するからです。そして、短期売買戦略もいくつか紹介します。

ファンダメンタルズは重要です。マーケットは同じような値動きを繰り返しています。投資家にとってこの事実は知っておくべきです。

サイクルといってもピンとこないのでは?
このファンダメンタルズ指数は2014年10月から米株市場が上昇に転じると一年前に予測していました。
2年も前にマーケットがブル、もしくはベアになるのか事前に予測可能です。このファンダメンタルズ指数の精度は極めて高い!

この指数をフォーキャスト2016レポートの中で解説します。
巨大な投資銀行であるゴールドマン・サックスにとってこの指数は最も重要で、その指数をほかの誰にも教えていません。しかし、本レポートの購読者はこの指数を利用できるのです。


問題の共有……

投資の成功は将来のビジョンにかかっています。そのため、20年以上前から、このマーケット分析を自己トレード用に実施しています。
私のビジョンを今回は、貴方もみることができるのです。これで問題が解決できます。

本レポートは暗闇のなかをさまよっている貴方を光り輝いている将来にガイドしてくれます。

トレーダーや投資家によって未来を今知ることは夢のような話。
本レポートはその夢をかなえてくれるでしょう。


米国債のフォーキャスト2015
米国債のフォーキャスト2015


私のフォーキャストは100%パーフェクトではありません。しかし、「もし」や「たぶん」といった仮定条件付きではなく、明確に予測している点が他と異なります。
曖昧な予測は実践トレーダーにとって全く不要。自己トレードのために作成されたこのフォーキャストはシンプルで実行可能となっています。複雑で多数のサイクルを組み合わせて赤線に一本化しています。

上記のチャートは米国債のターニングポイントを示しています。
一年も前にこれらの転換日がわかるのです。私の言葉を信じるのではなく、実際にこれらのポイントをチャート上で確認してください。

購読者は一年も前に米国債の転換日を知ることができていました。


今の自分に満足していない

アナリスト達は単純に来年の株価予想をして500ドル以上の金額を請求しています。しかし、本レポートは同じアルゴリズムを使って主要株価指数、先物商品市場、そして米国以外の主要国の株価指数までフルカバーしています。
その結果、レポートは70ページを超えるボリュームになっています。
株、債券、貴金属、農業製品、通貨など全て網羅されています。
他に類をみないフォーキャストレポートになっています。


2015年の大躍進

昨年、米政府機関が公開しているファンダメンタルデータを利用して米株指数のフォーキャストに成功しました。これは、過去の株価データを使わない新しい分析手法です。
次のチャートは中国の株価指数のフォーキャストとその結果です。


中国の株価指数のフォーキャストとその結果


次に米株価指数のフォーキャストとその結果です。

米株価指数のフォーキャストとその結果


今、注目を集めている中国の株価指数の予測をカバーされ、その精度にも満足いく結果となっています。


ここで伝えたいことを全て信じて貰えるとは思っていないが、これまでの実績、53年間のトレード歴、そして多くの著書をチェックして頂きたい;

  • 1981年発行、“How to Prosper in the Coming Good Years”では1982年のブルマーケットを的中
  • 2002年発行、“The Right Stock at the Right Time”では2003年のボトムを当てる
  • 2009年2月25日付、“Screamingly bullish” YouTubeを是非、ご覧頂きたい:
    http://www.youtube.com/watch?v=V7nbON_6mWU
  • 2012年に2013年の大豆と大豆ミールのブルマーケットを事前に予測
  • 2014年、ダウの10月につける大底が買いポイントだと予測して的中
  • 2015年8月23日付のレポートで、9月の第一週が絶好の買いタイミングになると予測

■では、フォーキャストをどのように利用するのか

フォーキャストはシンプルにまとめられているため、その利用方法は至って簡単。
フォーキャストはターニングポイント、転換日が明記され、そして、方向性も記されています。転換日が間近に迫ったとき、はじめてテクニカル分析による予測通りのトレンドが存在していたか確認します。そして、テクニカルツールを使ってエントリーポイントを探ります。以上がフォーキャストの利用方法です。


■私の主張を理解して頂けただろうか?
言い換えると、これらのチャートを理解できましたか?

まだ理解出来ないようであれば、次のチャートをみてもらいたい。
フォーキャスト2015で取り上げた原油相場の予測です。発行時は2014年のプライスデータと予測をチャートに載せていました。


原油のナチュラルサイクルとフォーキャスト2015
原油のナチュラルサイクルとフォーキャスト2015


原油価格の暴落は2014年、そして2015年大きな話題になりました。この下げ相場は2014年の夏からはじまると予測。そして、2015年も同様の下落になると予測しました。
貴方のブローカーや証券会社はこのような投資助言を提供していましたか?ウォールストリート誌が予測できたでしょうか?


■無料フォーキャスト

ここではユーロ通貨の2016年フォーキャストを無料で公開します。
シンプルにまとめられたフォーキャストのチャートをみて2016年のマーケットに備えて貰いたい。

フォーキャストの最大の目的は、一年前に、どのタイミングで米株価指数や商品相場で転換するのか警告することです。米株価指数だけではなく、オーストラリア、中国、ドイツ、そして日本の株価指数の予測もカバー。
株価指数だけではなく、ナチュラルサイクルは全ての市場に存在しています。
サイクル分析と予測は主要商品市場をカバーしています:
農業製品、エネルギー類、貴金属、通貨、食肉

これだけ多く網羅されているフォーキャストレポートはまれで、購読者はETF、FX、CFDといろいろな投資商品でこのレポートを利用できます。


■貴方の望みはこれではないですか?

フォーキャストレポートは転換日を明記。
仮定条件などなく、ストレートな予測。13カ国の購読者から高い評価を頂いています。彼等はこのレポートを利用して成功をおさめています。

私のウェブサイトのURLは、ireallytrade.comとなっていますが、私自身、このフォーキャストをもとに、実際にトレードしています。
もちろん、損失も被ります。投資にはリスクがつきもの。フォーキャスト以外にもトレードツールを使っていますが、事前に警告してくれるロードマップなしでは大きなうねりにのることができません。
フォーキャストは明確でビジュアルな今後の展開を示してくれます。

私は上下にスイングする小さな動きに興味が無い。
大きな波と他の投資家にはないアドバンテージが欲しい。

他に2社がダウ工業平均株価指数の素晴らしい予測を提供しているが、いずれも500ドルを超える高額なレポートになっています。
70ページを超えるフルカバーのフォーキャストがわずか28,000円+税で手に入る。価格よりも注目すべきは、精度の高さ。購読者から好評を得ているレポートです。

フォーキャスト2016はマーケット予測だけではありません。
他にも投資戦略などが提供されています。ここではユーロ通貨のフォーキャストを無料で公開。


■無料フォーキャスト!

次のチャートが2016年のユーロ通貨のマーケット予測です。
仮定などなくストレートな予測。これでお分かり頂けたでしょう。


ユーロ通貨のフォーキャスト2016
ユーロ通貨のフォーキャスト2016


フォーキャストだけではない……。


■2つのスペシャルボーナス


1. S&P E-miniトレード戦略

短期売買パターン:

昨年のレポートで4つのE-miniの短期買いパターンを公開しました。
例として、10月29日、11月4日はE-miniの買いでした。これまで平均4000ドル以上の利益をもたらしています。

2015年、この戦略で28回トレードされ、損失は3回にとどまっていました。総利益は6275ドル。今年のレポートで、もう一度、この戦略を紹介します。パソコンなど不要で非常に簡単な戦略です。

*過去の実績や検証結果は将来の利益を保証するものではありません。再度、免責事項をお読みください。


大統領選挙の年:

1952年以降、大統領選挙の年におこる現象を取り入れた戦略は21回のトレードで全勝を記録。この戦略もレポートのなかで紹介します。

フォーキャストを使ったトレードに拘らなくても、他に紹介する投資戦略の価値はレポート代金の10倍の値はあると思います。これらの戦略にご興味があれば、是非、本レポートを購入して頂きたい。

フォーキャスト2016で紹介するトレードするべき特別な4日間は1998年以来、勝率94%を叩き出しています。年平均利益は2500ドルで、それはたった年4回のトレードの結果です。


2. いつ買うのか、売りのか

これが投資家にとってのベアマーケットの保険になるでしょう。

マーケットのタイミングツールの開発にこれまで全てを費やしてきました。
その結果、ベアマーケットの終焉に買うタイミングを伝えるツールを開発。最後にこのツールがシグナルを発したのは2011年9月23日。その前は2009年2月27日でした。

2014年、遂に全ての長期ファンダメンタルの売りインディケーターが完成。ロングの手仕舞い時期と売りシグナルに長けたこのインディケーターが最後に売りシグナルを発したのは2007年9月でした。その前は2001年7月。
数千ドルの価値があるこの売りインディケーターによってシグナルが発せられたとき、全購読者に警告メールが届くようになっています。AAPR社が提供している保険の数倍の価値はあるでしょう。

フォーキャスト2016の全購読者はこのインディケーターが2016年にシグナルを発したとき、警告メールを受信できるようになっています。

ここまでの上げ相場に慣れてしまった投資家にとって、この警告は保険と同じ。その保険料はレポート代とお得感いっぱい!

2007年の売り、2009年と2011年の買いシグナルは投資家、トレーダーにとって数千ドルの価値……。
そして、2015年が上げ相場になると知って買いに出ていたと同じリターンをもたらしていました。


ここで伝えたかったメッセージは、これまでのフォーキャストレポートは十分なリターンをあげ、そして、精度が高かったと言うこと。
大きな相場を取り逃がしたことはなかったか?
もちろん、いくつかのうねりを逃がしました。しかし、それでも十分な利益チャンスと、なにより将来の道しるべを投資家に提供できていました。

今後もこれまでと同じく正確なのか?
それはわかりません。投資にパーフェクトは望めません。この12か月間、サイクル分析とそのツールの改善に全力を尽くしてきました。より精度を高めたいと日々、努力しています。

各市場のフォーキャストはこれまで大局の変化を正確に捉えていました。
いつ上げて、そして、いつ下げるのか。それ以外にフォーキャストに求めるものはなにも無いでしょう。しかも、一年近く前に知ることができるのです。



Larry Williams



そのほかのお薦め

投資カレンダー2017 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム

ベテラン度: ★★☆
大岩川源太 徳間書店
縦504mmx横364mm 2016年10月発売
2,700円 国内送料無料 すぐ発送
ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2017

ベテラン度: ★★☆
ラリー・ウィリアムズ パンローリング
CD-ROM(PDF) 日本語 71頁 2017年1月発売
30,240円 国内送料無料 すぐ発送
ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)

ベテラン度: ★★☆
ラリー・ウィリアムズ パンローリング
1か月更新 2016年3月発売
5,400円 国内送料無料 すぐ発送
ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【第2版】 投資で生き残るための普遍の真理

ベテラン度: ★★★
ラリー・ウィリアムズ/長尾慎太郎/山下恵美子 パンローリング
A5判 486頁 2012年7月発売
8,424円 国内送料無料 すぐ発送
ラリー・ウィリアムズの株式必勝法

ベテラン度: ★★★
ラリー・ウィリアムズ/長尾慎太郎/増沢和美/吉田真一/山中和彦 パンローリング
A5判 288頁 2003年12月発売
8,424円 国内送料無料 すぐ発送
ラリー・ウィリアムズの確実な株式投資 年率18%を超える成功マニュアル

ベテラン度: ★★☆
ラリー・ウィリアムズ West Village Capital 株式会社
A4判 150頁 2010年10月発売
41,040円 国内送料無料 すぐ発送
DVD ラリー・ウィリアムズのバイアスとプライスパターントレード

ベテラン度: ★★☆
ラリー・ウィリアムズ パンローリング
DVD 75分 英語音声 日本語字幕 2014年10月発売
51,840円 国内送料無料 すぐ発送
DVD ラリー・ウィリアムズ この50年間で学んだ5つの事実

ベテラン度: ★★☆
ラリー・ウィリアムズ パンローリング
DVD約53分 日本語字幕版 特典映像付き 2013年6月発売
6,696円 国内送料無料 すぐ発送

この商品の著者による商品一覧: ラリー・ウィリアムズ

戻るトップページへ

■投資ニュース

  • 2017/01/22 21:05:【中国】春節は「帰省せず都会でのんびり」、出稼ぎ者の考えに変化
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (12MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「相関 分析」ランキング(01/16更新)

    バックナンバー

    Python3ではじめるシステムトレード

    1. Python3ではじめるシステムトレード 環境構築と売買戦略
    2.
    1日3度のチャンスを狙い撃ちする?待つFX
    3. えつこの夢を叶えるFXエクスプレス通信
    4. 株式サヤ取り入門 確率論に基づく「上野式」でシンプル投資
    5. 為替サヤ取り入門 FXキャリーヘッジトレードでシステム売買

    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。