トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版


←256 258→

<< Home / 《オススメの一冊》一覧 / Vol.257 すぽ さん


千年投資の公理
売られ過ぎの優良企業を買う

パット・ドーシー著
パンローリング
2008年12月発売
千年投資の公理

今回コメントくださったのは すぽ さん です
Q1 オススメ書を教えて下さい。

ウォーレン・バフェットの投資法を実践したいと考える人は多いと思いますが、その中で一番難しいと感じるのは「経済的な堀(エコノミック・モート)」についてではないでしょうか。千年投資の公理は、この「経済的な堀」の意味とその重要性について、具体的な例も踏まえながら深く学ぶことができる良書です。

例えば、企業は「経営者の質で判断する」と考える人も多いと思いますが、本の中では「投資家は騎手ではなく、馬を見分ける目を持つことのほうが重要」と語っています。

私の投資法では、企業の「ビジネスモデル」を重要視していますが、この本を読んで自分の投資法は間違っていないと背中を押されたような気持ちになりました。大好きな本です。

Q2 5点満点で採点すると?
読みやすい★★★★
知識がつく★★★★★
おもしろい★★★★★
儲かる★★★★
専門的★★★★
総合オススメ度★★★★★
すぽさん
Supo

すぽさん

10万が100万になる株の本当の探し方 個人投資家。人気投資ブログ「すぽさん投資ぶろぐ」を運営。『日本の億万投資家名鑑 実践編』(日経BP)にて、「現役の個人投資家が参考にするブログ部門」で堂々1位を獲得。 投資コラムに加えて、参加者を巻き込んで個別銘柄の議論を行うというユニークな運営が好評。「成長、ビジネスモデル、割安」を軸にした中長期投資を通じて、2011年より約6年間で資産10倍を達成。 2019年9月に『10万が100万になる株の本当の探し方』(電子書籍版)を出版。

ウェブサイト すぽさん投資ぶろぐ

このコーナーの更新は、Traders Shopより配信するメールマガジンでもお知らせしています。


<< Home / 《オススメの一冊》一覧 / すぽ さん Page Top

Copyright(C) 1999-2021 Traders Shop All Rights Reserved.