携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 5月27日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
サヤ取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2024/04/20 14:49, 提供元: フィスコ

新興市場見通し:売買代金も減少し厳しい地合いが続くか

*14:49JST 新興市場見通し:売買代金も減少し厳しい地合いが続くか
■昨年の安値圏にせまる


今週の新興市場は大幅下落。同時期の騰落率は、日経平均が−6.21%だったのに対して、グロース市場指数は-6.55%、グロース市場250指数は-7.07%と日経平均を上回る下落となった。プライム市場同様、半導体株下落に伴う米株安や中東情勢の緊迫化などが影響して投資家のモメンタムは急速に悪化。グロース市場Core指数構成銘柄など主力株が総じて売り優勢となった。下落時にも売買代金が膨らまず、押し目を狙う投資家が不在となったことで、グロース市場指数、グロース250指数ともに年初来安値を連日で更新する弱い相場展開に。週末のグロース250指数は昨年の安値圏(昨年安値は618.70)に迫る629.46まで一時売られた。


個別銘柄では、コンヴァノ<6574>が、筆頭株主の青木剛志氏が保有する同社株の全てを青木氏が社長を務める資産管理会社のNTに譲渡したと発表し買われた。また、エコモット<3987>は連結子会社のGRIFFY社(東京都)が大林組<1802>と共同で現場作業員の体調管理ソリューション「GenVital」を開発したと発表し買われた。決算関連銘柄ではギックス<9219>、GRCS<9250>が買われた一方、ジェイドグループ<3558>、バリュエンスホールディングス<9270>が売られた。そのほか、エフ・コード<9211>は、公募・売出による株式価値の希薄化などが嫌気され売りに押された。

■引き続き手掛かり材料難か、IPOは2社


来週の新興市場は、引き続き手掛かり材料難の地合いとなり厳しい展開となりそうだ。来週はシーユーシー<9158>が4月24日に決算発表を控えているものの、グロース市場Core指数構成銘柄など主力処の決算発表は5月中旬に集中している。なお、シーユーシーは難病患者向けホスピスや訪問看護などを手掛けており、テーマ性を考慮すると物色の核とはなりにくいとみられる。


米ハイテク株中心に調整局面を迎えており、プライム市場の主役でもあった半導体株は売り優勢の地合いとなっている。プライム市場の調整入りでグロース市場に資金流入といった展開を期待したいところだが、今週18日のグロース市場の売買代金は955億円と昨年12月11日の937億円以来の低水準となった。投資家のマインド悪化に伴い、下落している主力株への押し目買いは手控えられ、足元急落していたアンジェス<4563>やキャンバス<4575>への自律反発狙いの短期的な売買に留まっている。核となる銘柄が存在しないことから物色は広がらず。来週も、足元の急落銘柄の自律反発か、データセクション<3905>やLaboro.AI<5586>など値動きの大きい銘柄への短期資金流出入といった消去法的な売買が中心となりそうだ。グロース市場指数、グロース市場250指数の年初来安値圏での推移はしばらく続くと考える。


なお、24日に電力供給エネルギー事業者へのBPOなどを通じたDX支援を手掛けるレジル<176A>、25日に細胞加工物の製造受託などを手掛けるコージンバイオ<177A>がグロース市場にそれぞれ上場する。初値形成後のパフォーマンスが厳しい直近IPOが多いことからセカンダリー投資には注意が必要だ。



《FA》

記事一覧

  • 2024/05/27 20:22:欧州為替:【お知らせ】これをもちまして、本日の東京からの市況配信は終了させていただきます
  • 2024/05/27 19:59:欧州為替:ドル・円は156円85銭から95銭で推移
  • 2024/05/27 18:56:欧州為替:全体的に小動きのなかドル売り優勢気味
  • 2024/05/27 18:15:日経平均テクニカル:反発、「陽の大引け坊主」で75日線突破
  • 2024/05/27 18:06:欧州為替:ドル・円は156円90銭付近で推移
  • 2024/05/27 18:05:27日の香港市場概況:ハンセン1.2%高で5日ぶり反発、レノボが高値更新
  • 2024/05/27 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、市場は米政策金利の長期間据え置きを想定
  • 2024/05/27 17:03:米政策金利は長期間据え置きの可能性高まる
  • 2024/05/27 16:50:27日の中国本土市場概況:上海総合1.1%高で3日ぶり反発、発電設備が高い
  • 2024/05/27 16:41:東証グロ−ス指数は反発、前場と後場で展開が一変
  • 2024/05/27 16:38:新興市場銘柄ダイジェスト:トリプルアイズは大幅に4日ぶり反発、アディッシュが一時ストップ高
  • 2024/05/27 16:37:日経VI:低下、株価上昇で安心感広がる
  • 2024/05/27 16:20:米国株見通し:27日の米株式市場は休場になります
  • 2024/05/27 16:16:27日の日本国債市場概況:債券先物は143円52銭で終了
  • 2024/05/27 16:10:アップル Research Memo(10):基準とする1株当たり年間普通配当を5円から10円に倍増
  • 2024/05/27 16:09:アップル Research Memo(9):変化の速い海外で先進的な取り組みを試みる(3)
  • 2024/05/27 16:08:アップル Research Memo(8):変化の速い海外で先進的な取り組みを試みる(2)
  • 2024/05/27 16:07:アップル Research Memo(7):変化の速い海外で先進的な取り組みを試みる(1)
  • 2024/05/27 16:06:アップル Research Memo(6):2024年12月期は期初計画を上回る好調な滑り出し
  • 2024/05/27 16:05:薄商いながら日経平均は本日の高値で終える【クロージング】
  • ■投資ニュース

  • 2024/05/27 20:22:欧州為替:【お知らせ】これをもちまして、本日の東京からの市況配信は終了させていただきます
  • 1ドル一時160円台に 「為替」ランキング (4/30更新)

    バックナンバー

    DVD 石原順のメガトレンドフォローシグナル

    1. DVD 石原順のメガトレンドフォローシグナル
    2. 石原順のメルマガ マーケットの極意
    3. 為替手帳プレミアム 2024
    4. TradingView 入門
    5. 米国経済指標の見方・読み方・生かし方


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (26MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。