トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版


鍋島高明 鎧橋のほとりで

鎧橋のほとりで

鍋島高明
米穀新聞社
四六判 上製本 348頁 2002年6月発売
本体 2,000円  税込 2,200円  国内送料無料です。
この商品は 6月21日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

米穀新聞に7年掲載のコラムたちここに集結

登載人物実名498名、仮名4名、書物165冊。書痴を自認する「法定老人の一人善がり」を題して「鎧橋のほとりで」とはこれいかに。兜町と蛎殻町、日本のウォール街にまたがるこの橋のたもとでは「相場」という名の人間ドラマを演じ続けて150年…

目次

第1章 相場街
相場と野球の両建て男、石井独眼流兜町を去る、悪名高き投機師ジェイ・グールド……

第2章 紀行
疲れを癒すヴェニスの旅、ハウスと童謡と虎キチの町、南京秋天、タコをめぐって……

第3章 本・ほん・ホン
後世への最悪遺物、憲政の神様は歌詠みだった、美人多し!ワキ見運転注意……

第4章 雑・エトセトラ
別当薫の死、『雨あがる』の爽快さ、天津甘栗vs.ユーロ焼栗……

第5章 元旦三題
福沢諭吉に学ぶ時――金をたくわえ、金を使え……

そのほかのお薦め

相場の神々


鍋島高明 パンローリング
1,650円 国内送料無料 すぐ発送

語り継がれる名相場師たち 明治・大正・昭和を駆け抜けた「勝ち組」53人


鍋島高明 日本経済新聞出版社
880円 国内送料無料

相場師と土佐


鍋島高明 米穀新聞社
1,980円 国内送料無料 すぐ発送

賭けた 儲けた 生きた


鍋島高明 河出書房新社
2,200円 国内送料無料


この商品の著者による商品一覧: 鍋島高明

トップページへ