トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版


大下英治 小説 日本買収 巨大外資に呑みこまれる日

小説 日本買収 巨大外資に呑みこまれる日

大下英治
祥伝社
文庫 380頁 1998年10月発売
本体 857円  税込 942円  国内送料無料です。
品切れのためご注文いただけません。 (発送可能時期について) Tweet

外資系投信の資産運用者(ファンド・マネージャー)・松崎克也は野望に燃えていた。 米国の巨大金融機関や投資顧問会社から、次々と引き抜き(ヘッド・ハント)の声が掛かったのだ。 西暦2000年春、松崎は世界一の相場師(ヘッジ・ファンド)カルロスの右腕となり、外資の侵略にあえぐ日本の金融界を裏で牛耳り始めた。 だが、大手証券、銀行の買収・合併・提携を推進する彼の前で突如、巨大都銀が破綻、国際市場は震撼した。
円暴落!ついに日本発世界恐慌か…。

そのほかのお薦め


この商品の著者による商品一覧: 大下英治

トップページへ