トレーダーズショップ
トップかごを見るご注文状況このページのPC版


箭内昇 メガバンクの誤算

メガバンクの誤算

箭内昇
中央公論新社
新書判 284頁 2002年7月発売
本体 820円  税込 902円  国内送料無料です。
品切れのためご注文いただけません。 (発送可能時期について) Tweet

銀行復活は可能か

総崩れの原因は何か? 低い格付、国民の不安…。信頼回復には、まず銀行内部の改革が必要だ。

期待されて誕生した四つのメガバンクは、今や総崩れに近い状況に陥り、欧米の銀行との間に大きな格差が生じた。直接要因はバブル期の不良債権だが、背景には、壮大なカルテルと横並び体質がある。合併はこの旧体質から抜け出せない中での自滅行為だった。再建への道は厳しいが、「急がば回れ」の王道を行くしかない。そのために必要なことは、旧世代の残滓の一掃、時代に適った体質改善、国民の信頼回復である。

目次

第1章 総崩れのメガバンク
第2章 日・米銀行の「愚かなる80年代」
第3章 90年代米銀の復活
第4章 90年代邦銀の没落
第5章 自壊の風土
第6章 突き詰めれば人事
第7章 明後日への処方箋

そのほかのお薦め

2023源太カレンダー(冊子版)


大岩川源太 源太塾(カレンダー)
2,750円 国内送料無料 すぐ発送

大銀行・崩壊の危機


中村一城/金融問題取材班 あっぷる出版社
1,650円 国内送料無料 すぐ発送


この商品の著者による商品一覧: 箭内昇

トップページへ