トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版


月刊トレチャ PDF版 [定期購読]


とみ企画
PDF 1か月更新 2013年3月発売
本体 1,667円  税込 1,833円  国内送料無料です。
この商品は 2日程度で発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

株価チャート分析専門誌「月刊トレチャ」の定期購読です。
毎月PDFをメールにてお届けする電子版。印刷版はこちら

サンプル
2021年2月22日号

お申込月の第4月曜日にPDF形式にてお送りします。
購読開始号にご希望がある場合はご連絡ください


月刊トレチャ6月号 6/27発行

〜主な内容〜

「イベント盛りだくさんの夏相場」

(毎月第4月曜日発行)

富田隆弥氏のブログはこちら


書名月刊トレチャ
対象市場個別株
配信形式 お申込後、PDFファイルを毎月メールでお届けします。
発行日 お申込み当月の第四月曜日から毎月
更新購読料1ヶ月 1,800円(税込)

購読料のお支払いは、初回当サイト、2回目以降はクレジットカード(VISA, Master)の自動決済、もしくは銀行からの自動引き落としになります。 クレジットカードは10日、自動振替は毎月27日引落としです

購読の解約について 本サービスの継続は、翌月から毎月の購読料が自動引き落としになります。 解約は月末までにご連絡をいただければ配信を停止いたします。

はじめに

当誌はチャート面から株式市場を分析してまいります。株価分析には様々な方法があり、人により方法も捉え方も結論も千差万別で、海外や為替などファンダメンタル(外部要因)をベースに分析する方もいます。また、チャート分析にしても同じチャートでありながら見る人により見解が異なり、似た形のチャートでも上がったり、下がったりと相場はひじょうに気まぐれで、市場は森羅万象を織り込みながら日々動き、出た材料は瞬時に織り込んでいきます。

このような環境でチャートをどのように捉えるか。私の持論は「流れに従え」です。というのも株価の最大の要因が「需給」だからです。つまり、材料にかかわらず上昇基調であれば買い方有利で上昇が想定され、逆に基調が崩れれば売り方有利となり、買い方は苦しくなりシコリがほぐれる(好転)まで下げが続きます。教科書で言えば「ダウ理論」であり、この至って単純で基本である「トレンドに従う」ことを守っていれば相場に勝つことができます。

また、現代の株式市場は日経平均先物が主導し、その先物は外国人がカギを握っています。個々の銘柄の背景に関係なく、日経平均が上がればインデックス売買によりツレ高する銘柄が増え、日経平均が下がればツレ安する銘柄が多くなります。そんな時代だからこそ日経平均の動向は重要で無視出来ず、個別株の動向も「日経平均次第」と言っても過言ではないのです。「森を見ずに木で勝負」という言葉もありますが、それが通用したのは1980年台のこと。上場3000銘柄の中には時として一本立ちするものもありますが、基本として相場は「日経平均株価次第」であることを承知しておくべきです。それが需給を探る上で重要なポイントになります。

本誌では冒頭に日経平均の相場観測を掲載し、その観測により個別株の注目度合いも変えて行きます。場合によっては「買い」を見送り、「売り(空売り)」を指示する時があるかも知れません。サイトの株式情報などと併せて当誌を活用して頂ければ幸いです。

(編集長 富田隆弥)


2020年2月25日号 内容見本


レポート配信 >> 月刊トレチャ

そのほかのお薦め

月刊トレチャ PDF版 [3か月購読]


とみ企画
5,093円 国内送料無料

月刊トレチャ 誌面版 [定期購読]


とみ企画
2,139円 国内送料無料


トップページへ