トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版


 イザナミ [月額ライセンス] 初期費用+初回月額

イザナミ [月額ライセンス] 初期費用+初回月額


ツクヨミ
ソフトウェア Ver.2 1か月更新 2010年1月発売
本体 18,241円  税込 20,065円  国内送料無料です。
品切れのためご注文いただけません。 (発送可能時期について) Tweet

『株システムトレードソフト イザナミ』は、自分で考えた売買ルールをバックテスト機能や最適分散投資機能を使って検証する事ができる、株システムトレードソフト開発用のプラットフォームです。
イザナミは、これまでにない大幅なバージョンアップで、画期的に生まれ変わりました。

まずは短期間で、無期限ライセンスより手軽に始めたい方向けの月額プランです。2回目以降は、月額7,700円のみでご利用いただけます。


トライアル版(無料) | こんな方におすすめ | 動作環境 | サポート体制 | 利用者の声

2011/10/1「イザナミ Ver.2」がリリースされました。New

イザナミ2 利用者の声

簡単なマウス操作のみで、日本株全銘柄、過去10年分の検証作業を簡単に行うことができました。搭載しているテクニカル指標は、株式を投資対象としているシステムトレーダーにとっては、かなり強力な機能だと感じました。

高須様(投資歴:個別株 20年)


ユーザインタフェースがわかりやすく、操作も簡単なのですぐに検証を試せました。検証時間も思ったより早く1分強で終わり快適です。いままで Excel で一部手作業で売買シグナルの抽出をやっていましたが、これならボタンひとつで終わってしまいそうです。

ごー 様(投資歴:個別株 6年)


複数のシステムを併用運用したらどうなるかという点について細かい設定機能を装備し、あいまいさを一切無くした検証を行えるのが私にとって非常に魅力です。

株式投資マニア 様(投資歴:14年)


資金量に合わせた検証が行える。その上、手数料も加味して検証が行えることがとても評価が高いです。

シスメン様(投資歴:個別株 11年)


パレットアルゴを使って売買条件、執行を設定するので、複雑な売買ルールでもビジュアルで見れて、どんな条件設定をしたか確認するのが非常に楽です。

sui 様(投資歴:個別株 7年)


例えば「株価の上昇率によって翌日寄り付き決済にするか、あるいは当日引け決済にするかを分岐させる」といった条件をいとも簡単に検証してみることができるではありませんか。

サラリーマン・ぐっち 様(投資歴:個別株 14年)

→すべてのユーザの声


Ver.1 利用者の声

これまでシステムトレードには興味を持っていたのですが、コンピュータにあまり詳しくない私にとっては何となく敷居が高く感じられ、バックテスト検証ソフトを使用した経験は一度もありませんでした。率直な感想として「もっと早くこのソフトに出合っていれば良かった」と感じました。

S/N 様(投資歴:個別株 5年)


自分の手法を検証したところ、勝率が悪く、損失を重ねる勝てない手法であることが分かりました。「よし!これなら勝てる」と考えて実践してきた自分の手法が、全く独りよがりの思い込みであったわけです。
今後、イザナミのデータの裏付けをとって効率的に研究を続け、勝てる手法を生み出したいと思います。

kisukisakura様(投資歴:個別株 6年)


思った以上に使いやすくかつ高機能なことに驚いています。自分で苦労して作り上げたVBAによる検証結果と同じことを一晩でできてしまいました。そして目的だったビジュアル面でも資産運用曲線はもとより、個別銘柄ごとのチャート上で売買ポイントを確認できるのがとても便利です。また様々な結果はデータ出力できるので、Excelにより詳細分析できることもいいですね。

ブライアン様(投資歴:個別株 10年)


今回”イザナミ”を使ってみてその操作が簡単なことにびっくりしました。プログラミングの知識はまったくいりません。必要なのはアイディアだけです。検証ソフトというとトレードステーションなどが有名ですが言語を覚えなければなりませんし、基本的には単一の市場の検証になります。
日本株でシステム運用を考えている人や、アイディアがあるけれどバックテストが出来なかった人たちにはお勧めです。ネット上にはいろいろとバックテストの結果が公開されていますが、自分で実際にやってみないとなかなか実戦に投入できないと思います。

nic18様


実運用を想定した最適分散投資という機能があり、いくらの資金でいくらずつ投入したりなど資金管理面での機能はほかのソフトとは一線を画すモノがある。
一番驚いたのがサポートメールの対応の早さである。営業日営業時間なら即日返信が来るし、営業日なら最悪翌日にはメールの返信が届く上システムの設定や条件についてなどかなり丁寧な返信がもらえる。
また利用者からの声を柔軟に取り入れ随時バージョンアップをしている点も素直に好感が持てる。

デモ名人様(投資歴:個別株 8年)

→すべてのユーザの声

思いのままの条件で売買ルールをバックテスト

思いのままの条件で売買ルールを作成する事ができます。

安値圏
安値更新
短期急騰
出来高急増
デイトレ向き銘柄
ブレイクアウト
ゴールデンクロス
3点チャージシグナル
連続安、急落、暴落
ボリンジャーバンド±2σブレイク
一目均衡表(クモ上抜け/クモ下抜け)
一目均衡表(クモ上からクモ中へ)
一目均衡表(クモ下からクモ中へ)
一目均衡表(転換線と基準線のクロス)
MACD(買い/売りシグナル)
移動平均大幅乖離
ちょっと複雑な条件で売買ルールを作成することも!
15日間連続で移動平均(25)の下で、今日の取引で移動平均(25)の上に抜けた銘柄 前日まで安値更新中で、今日で安値更新が終わった銘柄 ボリンジャーバンドが狭くなっている銘柄 (ボリンジャーバンド・スクイーズ)
過去に遡った条件でもOK!
10日前にはらみ線で、その翌日に大幅上昇の銘柄 移動平均乖離率が過去50日間で1番大きい銘柄
考えられないくらいの組み合わせが簡単な設定でバックテストできます。
自分で考えた売買ルールはもちろん、専門書で紹介されている売買ルールやオリジナルのテクニカル指標が、過去の相場で通用するかどうかを検証できます。
もちろん、設定方法はチュートリアルで詳しく説明付きです!


売買ルールは、パレットアルゴで簡単に条件設定ができます。

売買ルールが思いついたら、パレットアルゴ�・で簡単に条件設定ができます。

これまでシステムトレードの世界では、売買ルールの条件を設定する際は、専用のスクリプト言語で条件プログラムを記述したり、条件をANDとORの論理式でツリー状につなげていく設定を行うのが主流でした。

イザナミでは、これまでの古いタイプの条件設定方式を使わずに、「条件」と「条件」を「はい」と「いいえ」の矢印を使って並べていくだけのパレットアルゴ�・方式を採用しています。

パレットアルゴ�・方式は、直感的にわかりやすい条件設定ができるだけでなく、より柔軟で多彩な売買ルールを開発することが可能になります。

一番の特徴は、条件によって複数の執行方法を個別に指定できる点が挙げられます。簡単な使い方で言えば、仕掛け時の指値の値を、条件判定をした結果で、高めに設定したり低めに設定したりする事が簡単に行えます。

執行方法以外でも、待機パレットを使ったイベント待ちタイプの売買ルール構築もできるようになっています。

条件をANDとORの論理式でツリー状につなげていく古いタイプの方式では設定が不可能だった、新しい売買ルールの構築が可能になっています。


バックテスト結果の詳細情報もばっちり!

システムトレードでは、バックテスト後の詳細情報の検討が最も重要な作業になります。

単なる取引履歴の一覧だけを見ても、何も得られるものはありません。 いろいろな角度からの集計結果と日々のシグナル情報とを合わせて、多角的に検討する必要があります。

どのような日にシグナルが集中し、どのような日に期待値が高まるのか?

イザナミには、これまでのシグナル情報が確認できる詳細表示はもちろん、期間別、市場別、保有期間別、仕掛け種類別、手仕舞い種類別、銘柄別、収益率別など、バックテスト結果をあらゆる角度から検討できる詳細表示機能が揃っています。

もちろん、その日若しくは翌日に執行する銘柄一覧の表示もテクニカル指標順で参照できます。



イザナミでは、これらの詳細表示に加えて「なぜ、仕掛けなかったのか?」を正確に把握することができます。

これまでいろいろな検証作業を行ってきた方であれば一度は経験したことがある「あれ? なぜこの銘柄に仕掛けてないんだろう?」の理由が詳細情報の一つとして提供されています。

これまで、検証エンジンの処理過程で使い捨てにされていた重要な情報、「仕掛けなかった理由」や「手仕舞いを見送った理由」なども確認する事ができるので、より詳しい売買ルールの検討作業が行えます。



資金量を考慮した検証なら最適分散投資

バックテスト結果に納得できれば、資金量を考慮した検証が必要になります。
最適分散投資機能では、実際の資金量とポジションサイジングを考慮した検証が可能です。
全体の資金量だけでなく、1日の市場投入量、1銘柄当たりのポジションの大きさ等、あらゆる要素がキメ細かく指定できるので、自由自在のポジションサイジングで、資金量を考慮した検証ができます。



もちろん、複数の売買ルールに対して並行運用した場合の検証にも対応しています。

個々の売買ルール間での資金割りあて優先設定では、一般的につかわれる資金量の限界だけではなく、仕掛け銘柄数、仕掛け量など細かい指定が可能になっています。


運用方法も、単利運用/複利運用の指定だけでなく、期間期間を区切った期間別(通年/単年/半期/四半期/単月)の検証にも対応しています。 ( 地味ですが重要な機能です。)


多くのテクニカル指標に対応

移動平均、一目均衡表、MACD、RSI、VR、ボリンジャーバンド、究極のオシレーター、などの有名なテクニカル指標はもちろん、その他多くのテクニカル指標に対応しています。

これらのテクニカル指標は、チャート表示することはもちろん、時系列表示や売買ルールの条件の判断値としても利用できます。



もちろん、テクニカル指標で使用する計算期間などの数値パラメータは自由に変更可能です。

ユーザー定義指標を使えば、既存のテクニカル指標とさまざまな値を四則演算させ、オリジナルのテクニカル指標を作成することもできます。

また、相場全体の判定を行う相場情報やランキング情報も簡単に作成できるので、売買ルール開発の可能性が大きく広がります。


すぐに使える市販の売買ルールが充実

イザナミには、すぐに使える市販の売買ルールが多数公開されております。

株システムトレード上級者により製作された売買ルールなので、高パフォーマンスでありながらリスクを最小限に抑えた優秀な売買ルールが揃っております。

売買ルールのアイデアが浮かばない、成績に不満、参考になる設定が欲しい、などのお悩みをお持ちの方は、市販の売買ルールを利用してみてください。

ゴッドフリート

韋駄天

高勝率順張り「押し目キャッチ」

50万円からのステップアップ投資

新型検索エンジンで高速検証!

イザナミではVersion2.0以降、バックテストを高速に処理することができる「新型検証エンジン」が搭載されており、古いタイプより圧倒的に検証速度が高速になっています。

以下の表は、弊社のパソコンを使って実際にバックテストを行った検証速度の差となります。

PCスペック旧バージョン新バージョン
CPU : Core2Duo P8700 2.53GHz
メモリ : 4GB
HDD : 5400回転
OS : Windows XP
4分55秒
(295秒)
38秒
CPU : Corei5 2415M 2.30GHz
メモリ : 4GB
HDD : 5400回転
OS : Windows 7(64bit)
2分20秒
(140秒)
27秒
CPU : Corei7 X990 3.47GHz
メモリ : 12GB
HDD : 5400回転
OS : Windows 7(64bit)
1分56秒
(116秒)
20秒

※ 速度計測用に使用した売買ルールは、こちらで紹介している売買ルールを使用しています。
※ 検証速度は、ご利用のCPU、メモリ量、HDDの回転速度、OSのバージョン等、さまざまな要因で変化します。


使いやすさ重視の画面デザイン

これまでの株式関連ソフトは、画面がごちゃごちゃしていて使いにくいものがほとんどでしたが、イザナミではすっきりとした画面構成で快適操作を追及しています。

大きめのフォント、大きめのボタンを使用しているので見やすく使いやすいのが特徴です。


サポート体制

充実のチュートリアル集

ソフトウェアを使用するにあたって操作方法をマスターするのは非常に重要な事です。 イザナミサポートでは、ソフトウェアの利用方法をできる限りわかりやすくする為に、チュートリアルを日々充実させてきております。

チュートリアルには、既に利用しているユーザーからの問い合わせから生まれたものも多く、非常によく使う内容のものをそろえております。


迅速なメールサポート

サポートで最も重要なのはメールサポートです。
しかしながら、問い合わせをしてから返信を受け取るまでに2〜3日かかってしまったのでは意味がありません。

イザナミサポートでは、夜間に頂いた問い合わせは翌日回答、 〜12:00までに頂いた問い合わせは原則即日回答しております。
※調査に時間が必要な問い合わせ、回答困難な場合は2〜3日頂く場合もあります。



月額ライセンスは、こんな方におすすめ

本格導入前に全機能を試したい

月額ライセンスと無期限ライセンスに機能差はございません。すべての機能がご利用頂けます。

そのうち無期限ライセンスに移行したい

製品をより慎重にご評価いただく方のプランです。無期限ライセンスへのアップグレード料金がございます。

投資戦略を一時的に検証したい

短い期間でのご利用であれば月額ライセンスが最適です。




製品情報・動作環境

製品名イザナミ [月額ライセンス]
対象銘柄個別株
利用期間お申込の翌営業日から翌月末日まで(特にお申し出がない限り自動継続となります)
利用料金 初期費用 12,000円(税込)
1ヶ月 7,700円(税込)

購読料のお支払いは、初回当サイト、2回目以降は 1ヶ月 7,700円(税込)をクレジットカード(VISA, Master)の自動決済、もしくは銀行からの自動引き落としになります。 クレジットカードは10日、自動振替は毎月27日引落としです

購読の解約について 本サービスは、お申込時にお支払いいただくと、翌月末までご利用いただけます。翌々月から毎月の購読料が自動引き落としになります。また本サービスはお客様が利用停止の手続きをされない限り、自動継続されます。

解約は毎月末までにご連絡をいただければ翌月から配信を停止いたします。

ソフトウェアの入手ご購入から2営業日以内に、お客様固有のライセンスをソフト開発元よりメールにてご案内させていただきます。ソフトウェアをダウンロードしてライセンスを入力しますとすぐにご利用いただけます。
ライセンスの数え方個人購入の場合は、1ライセンスで最大3台までのコンピューターでご利用いただけます。 4台目以降のご利用は、法人購入と同様のライセンス形態となります。
動作環境
OSWindows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10 日本語版 (Windows10でも正常に動作することを確認しています)
Internet Explorer 5.0 以降がインストールされている事
CPU Intel Core2Duo以上(推奨:Intel Core-i3以上)
メモリ2GB以上の実装メモリ(推奨:4GB以上)
ハードディスク1GB以上の空き容量
ディスプレイ800x600ピクセル以上でTrue Color表示可能なディスプレイ (推奨1024x768以上)
インターネット接続環境株価データのダウンロード時に必要
株価データは、トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社から提供されています。
株価データの更新料金は発生しません。

対応指標

基本値 オシレーター系 トレンド系 日数系
始値
安値
高値
終値
出来高
前日比(円)
前日比(率)
前日比(Tick)
出来高上昇率
最低購入価格
売買代金
単元株数
期間上昇(円)
期間上昇(率)
期間上昇(Tick)
陰線/陽線/十字線
十字線
上髭(円)
上髭(Tick)
下髭(円)
下髭(Tick)
Stop高
Stop安
はらみ線
窓開け(円)
窓開け(率)
窓開け(Tick)
上窓開け-下落(円)
上窓開け-下落(Tick)
下窓開け-上昇(円)
下窓開け-上昇(Tick)
安値⇔高値の中間値
始値⇔終値の中間値
安値⇔高値(円)
安値⇔高値(率)
安値⇔高値(Tick)
始値⇔終値(円)
始値⇔終値(率)
始値⇔終値(Tick)
始値⇔高値(円)
始値⇔高値(率)
始値⇔高値(Tick)
始値⇔安値(円)
始値⇔安値(率)
始値⇔安値(Tick)
安値⇔終値(円)
安値⇔終値(率)
安値⇔終値(Tick)
高値⇔終値(円)
高値⇔終値(率)
高値⇔終値(Tick)
真の値幅(トゥルー・レンジ)
真の安値(トゥルー・ロー)
真の高値(トゥルー・ハイ)
期間安値
期間高値
期間最大出来高
年初来安値
年初来高値
(買われ過ぎ、売られ過ぎを見る)

モメンタム
ROC
RSI
RCI
CCI
MACD
MACDシグナル
MACDヒストリカル
W%R
強弱レシオA
強弱レシオB
究極のオシレーター
ストキャスティクス%K
ストキャスティクス%D
ストキャスティクス%SD
レシオケータ
サイコロジカル
VR
DMI

(株価が現在向かっている方向性や位置を見る)

移動平均(始値/高値/安値/終値)
移動平均(真の値幅)
アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR)
移動平均(真の安値)
アベレージ・トゥルー・ロウ(ATL)
移動平均(真の高値)
アベレージ・トゥルー・ハイ(ATH)
移動平均(出来高)
平滑移動平均(EMA)
移動平均乖離率(始値/高値/安値/終値)
移動平均乖離率(真の値幅)
移動平均乖離率(真の安値)
移動平均乖離率(真の高値)
移動平均乖離率(出来高)
平滑移動平均乖離率
一目均衡表(転換線)
一目均衡表(基準線)
一目均衡表(先行スパン1)
一目均衡表(先行スパン2)
一目均衡表(遅行スパン)
一目均衡表(クモの幅)
一目均衡表(クモの上限)
一目均衡表(クモの下限)
ピボット(上方BO) BO=ブレイクアウト
ピボット(抵抗線2)
ピボット(抵抗線1)
ピボット(支持線1)
ピボット(支持線2)
ピボット(下方BO) BO=ブレイクアウト
ボリンジャーバンド+2σ
ボリンジャーバンド+1σ
ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンド-1σ
ボリンジャーバンド-2σ
HLバンド(期間安値)
HLバンド(期間高値)
HLバンド(期間安値高値の中間値)

(更新日数や連続日数を知る)

年初来安値更新日数
年初来高値更新日数
期間安値更新日数
期間高値更新日数
期間出来高更新日数
連続上昇日数
連続下落日数
連続安値切り上がり日数
連続安値切り下がり日数
連続高値切り上がり日数
連続高値切り下がり日数
連続陽線日数
連続陰線日数
連続出来高上昇日数
連続出来高減少日数


注意事項

そのほかのお薦め

2022源太カレンダー(冊子版)


大岩川源太 源太塾(カレンダー)
2,750円 国内送料無料 予約受付中

DVD 初めての株システムトレード実践セミナー


大内崇 ツクヨミ
14,200円 国内送料無料 すぐ発送


トップページへ