トレーダーズショップ
トップかごを見るご注文状況このページのPC版


←9 11→

<< Home / 《オススメの一冊》一覧 / 阿保 茂さん

『投資苑』

アレキサンダー・エルダー著/福井 強訳
パンローリング
5800円 +税
A5判 上製本 475ページ

今回コメントくださったお客様は 阿保 茂さん です
Q1 オススメ書を教えて下さい。

海外で出版された相場関係の書籍の多くは、本地垂迹的に日本の市場に当て はめるには多少違和感がありますが、本書はそれを感じさせない、普遍的な 有用性を感じさせます。
内容は、ある指標における群集心理に関する考察や、それに対する投資家の 処し方などが詳細に解説されています。 著者が精神分析医であるのでその手法から起因するのでしょうか、事例を詳細 に分析解説している文章を読み進んでいくうちに、マーケットで起こる様々な 事象に関して、自然に読者の関心を喚起させるような構成になっています。 熟読精読に耐えうる名著だと思います。

実は矢口 新氏『生き残りのディーリング』を取り上げたかったのですが、残念ながら現在絶版になっており、ご紹介するにあたり読者が購入出来るお奨め本として、『投資苑』をあげました。
原題が『Trading for A Living』ということで、偶然にも前述した書籍と方向性が 一致しているように思いますし、本書は前述した書籍に比べ勝るとも劣らない 名著であります。

Q2 5点満点で採点すると?
ためになる★★★★
おもしろさ★★★★
一般向き★★★
難易度★★★
総合オススメ度 ★★★★

阿保 茂さん

1967年生まれ。1987年より東南アジアを中心に貿易業を営み、多くの資産家 と知古を得、取引の関係上デリバティブ商品を扱う。 1996年、優秀なトレーダーをシミュレーション取引を通じて発掘するため、 人材発掘ファンドネットワークを企画、現在に至る。
ありがとうございました。

このコーナーの更新は、Traders Shopより無料で配信しているメールマガジンでもお知らせしています。


<< Home / 《オススメの一冊》一覧 / 阿保 茂さん Page Top

Copyright(C) 1999-2022 Traders Shop All Rights Reserved.