携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 4月19日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
サヤ取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2024/03/01 17:08, 提供元: フィスコ

P−京橋アートレジ Research Memo(8):2024年11月期の業績予想は、引き続き堅調な推移を見込む

*17:08JST P−京橋アートレジ Research Memo(8):2024年11月期の業績予想は、引き続き堅調な推移を見込む
■業績動向

3. 2024年11月期の業績見通し
京橋アートレジデンス<5536>は2024年11月期業績見通しについて、売上高6,771百万円(前期比48.0%増)、営業利益858百万円(同14.9%増)、経常利益703百万円(同11.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益463百万円(同10.7%増)と引き続き2ケタの増収増益を見込んでいる。

日本経済は、コロナ禍を経て回復傾向にあるものの、不安定な国際情勢や金融市場が継続するとの予測もある。そのような事業環境下、同社主力の新築マンション「Casa」シリーズは、良好な資金調達環境を背景に、富裕層や一般企業などからの需要が引き続き底堅く推移すると予想されている。一方、地価や建築費の上昇、金利の先高観によって需要が押し下げられるリスクもあるが、現状の地価や建築費、金利などを考慮すると、リスクが発生しても大きな影響は生じないと見られる。こうしたなか、同社は市況動向を注視しつつ商品企画力を一層強化、引き続き東京23区を中心に資産価値の高い新築マンション開発に注力する方針である。

新築戸建・宅地開発事業は、土地価格の高騰により引き続き抑制気味の供給となる見込みだが、新築マンション開発事業は仕入が順調に推移していることから、2023年11月期以上の引渡しが期待される。加えて、ヴィンテージマンションのリノベ再販や一棟レジデンスのリノベ再販が進捗しているようで、売上高は50%近い大幅な増加が予想されている。一方、人員強化に加え、事業収支率が比較的高水準だった2023年11月期から平常化する想定にしていることもあり、営業利益は前期比14.9%増、営業利益率は同3.6ポイント低下の12.7%との見込みになっている(2022年11月期営業利益率は12.4%)。ただし、不動産開発ゆえのボラティリティや、全体に対して1プロジェクト当たり売上高構成比が高いことなどを同社が保守的に考慮している側面もある。そのため、2024年11月期の着地営業利益は想定を超える可能性も高いと弊社では考えている。


中期的にも新築マンション事業が成長をけん引
4. 中期成長イメージ
中期的には、今後の事業展開で述べたような方向で事業が進行していくものと予想する。特に主力の新築マンション事業では、現在の進捗から見ると年間20件以上の引渡しが視野に入ってくると考えられ、引き続き同社の成長をけん引すると見られる。敷地面積など条件によっては、従来のマンションよりワンサイズ大きいミドルクラスの新築マンションや分譲マンションへと領域を拡大する可能性もあると思われる。ヴィンテージマンションのリノベ再販や一棟レジデンスのリノベ再販といったリノベ事業の新しい取り組みも、少しずつ軌道に乗ってくることが予想される。このため、成長やマーケットでの地位確立に向けてコストが先行する場面もあるだろうが、中期的に2ケタの利益成長は期待したいところである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《HH》

記事一覧

  • 2024/04/21 10:00:個人投資家・有限亭玉介:水素社会推進法案の衆院通過で人気化なるか!?注目の関連株【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2024/04/21 09:00:選挙後も電力不足でランド売り【フィスコ・コラム】
  • 2024/04/20 18:44:来週の相場で注目すべき3つのポイント:日銀金融政策決定会合、米PCEデフレーター、ディスコ決算
  • 2024/04/20 17:00:株ブロガー・さなさえ:軟調相場でも国策「ペロブスカイト太陽電池関連株」を見ておきたい!【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2024/04/20 15:01:米国株式市場見通し:投資家心理の悪化で半導体関連からの資金流出は継続か
  • 2024/04/20 15:01:為替週間見通し:底堅い値動きか、リスク回避の円買いは一巡した可能性
  • 2024/04/20 15:00:新興市場見通し:売買代金も減少し厳しい地合いが続くか
  • 2024/04/20 14:59:国内外の注目経済指標:日銀金融政策は現状維持か
  • 2024/04/20 14:59:国内株式市場見通し:外部環境や半導体株が重しとなりTOPIX優位の地合い継続か
  • 2024/04/20 14:50:国内株式市場見通し:外部環境や半導体株が重しとなりTOPIX優位の地合い継続か
  • 2024/04/20 14:49:新興市場見通し:売買代金も減少し厳しい地合いが続くか
  • 2024/04/20 14:48:米国株式市場見通し:投資家心理の悪化で半導体関連からの資金流出は継続か
  • 2024/04/20 14:44:英ポンド週間見通し:底堅い値動きか、英早期利下げ観測は後退
  • 2024/04/20 14:43:豪ドル週間見通し:伸び悩みか、3月消費者物価指数に注目
  • 2024/04/20 14:42:ユーロ週間見通し:もみ合いか、ユーロ圏製造業PMIなどの経済指標が手掛かり材料に
  • 2024/04/20 14:41:為替週間見通し:底堅い値動きか、リスク回避の円買いは一巡した可能性
  • 2024/04/20 14:40:国内外の注目経済指標:日銀金融政策は現状維持か
  • 2024/04/20 10:00:個人投資家・有限亭玉介:徹底的に好業績でチャートが強い個別株にこそ注視すべき【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2024/04/20 07:43:19日の米国市場ダイジェスト:NYダウは211ドル高、ハイテクが重し、企業決算への期待が下支え
  • 2024/04/20 07:41:ADR日本株ランキング〜三井トラストなど全般買い優勢、シカゴは大阪比比変わらずの37100円〜
  • ■投資ニュース

  • 2024/04/21 10:00:個人投資家・有限亭玉介:水素社会推進法案の衆院通過で人気化なるか!?注目の関連株【FISCOソーシャルレポーター】
  • マイナス金利終了 「金利」ランキング (3/26更新)

    バックナンバー

    為替手帳プレミアム 2024

    1. 為替手帳プレミアム 2024
    2. 【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース
    3. TradingView 入門
    4. 米国経済指標の見方・読み方
    5. バフェット流株式投資入門


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (26MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。