携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 1月30日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/12/02 15:10, 提供元: フィスコ

ワコム Research Memo(10):成長加速に向けて、新コア技術及び新ビジネスモデルの立ち上げに注力

*15:10JST ワコム Research Memo(10):成長加速に向けて、新コア技術及び新ビジネスモデルの立ち上げに注力
■成長戦略

2. 6つの主要技術開発軸と具体的な価値例
(1) ペンの技術(現行コア技術/現行ビジネスモデル)
ワコム<6727>の提供価値の源泉であるデジタルペンの技術をさらに発展させ、環境ケア型商品を含む新商品群の導入を目指す。

(2) ペンと紙の技術(現行コア技術/現行ビジネスモデル)
あらゆる「紙」との連携(ディスプレイ、アプリ)により、新たな顧客群の開拓に取り組む。

(3) デジタルインク技術(現行コア技術/現行ビジネスモデル)
データフォーマットやアプリ連携、クラウド対応などにより、クリエイティブや教育分野などでリモートDX体験を提供する。

(4) AI とデジタルインク技術(新コア技術/新ビジネスモデル)
AI とインク連携サービスを実現するプラグイン開発により、個別最適化教育や創作支援サービスなどへ発展させる。

(5) XR 描画技術(新コア技術/新ビジネスモデル)
XR 空間での3D 描画技術により、クリエイティブ、教育、建築、医療等向けに新しい3D 描画ワークフローを提供する。

(6) セキュリティ認証技術(新コア技術/新ビジネスモデル)
手書きによる個人認証技術により、クリエイティブ、医療等向けに個人認証や著作権保護サービスを提供する。

3. 対象市場の成長性
同社では、デジタルペンとインクにおける事業機会は、これまでのクリエイティブ(デジタルコンテンツ制作/創作)市場のみならず、教育DX 市場、ワークフローDX 市場といった、規模が大きく、高い成長性※が見込まれている3つの領域に存在すると捉えており、これらの領域でテクノロジー・リーダーシップを発揮することが、同社自身の成長加速にもつながるものと認識している。特に同社が注力するAI、XR、Security の新コア技術との組み合わせを通じた新しい価値提供が、これらの領域の変革や成長に欠かせない要素となっており、同社戦略の方向性とも符合している。

※同社資料より、デジタルコンテンツ制作/創作市場の年平均成長率(2021 年〜2027 年)は9.5%(出所:Maia Research)、教育DX(Edtech)市場(2021 年から2030 年)の年平均成長率は16.8%(出所:Grand View Research)、ワークフローDX 市場(2022 年から2023 年)の年平均成長率は16.5%(出所:IDC)といった予想がされている。


4. 成長のイメージと財務方針
中期経営方針「Wacom Chapter 3」については、現行コア技術/現行ビジネスモデルをさらに推進する一方、次のステージでの成長加速に向けて新コア技術/ 新ビジネスモデルの立ち上げに注力する戦略である。最終年度の数値目標の設定はしていないが、年度ごとに業績予想のガイダンスとともに成長の方向性や取り組んでいる戦略軸の進捗を示していく考えである。また、財務方針については、1) 新たな指標としてROIC25〜30%程度を設定したほか、2)ROE20%程度、3)配当性向30%程度としたうえで取締役会でも本質的な議論を活発に行い、事業活動の効率性や資本効率に目配りしながら成長の実現の可能性を高める方針である。ただ前述のとおり、経済環境悪化に伴う足元業績の減速により当初の成長イメージについては時間的な遅れが生じる見通しであり、「Wacom Chapter 4」に突入する2026年3月期以降に2ケタの営業利益率を達成し、維持していく事業構造を目指すシナリオのようだ。具体的な修正プランについては、1次報告、2次報告(2023年3月期決算発表時)の2回に分けて開示する予定である。

5. 弊社の注目点
弊社でも、この期間中に3つの新コア技術(AI、XR、Security)及び新ビジネスモデルを立ち上げ、いかに成長加速に向けた基盤づくりを行っていくのかが最大の注目点であり、同社の方向性や将来性を占ううえでも重要な判断材料になるものと見ている。そのためには、同社自身における技術開発はもちろんのこと、他社との連携により新しいサービスとしての価値をいかに生み出していけるかが成否を決することになるであろう。特にデジタルインクとAI による新たな価値提案は、すでに動き始めた教育分野以外にも様々な分野で可能性があるうえ、他社に先駆けてデータやノウハウが蓄積できれば、革新的な領域で圧倒的なポジションを確立できる公算も大きくなるだろう。そうなれば、有力なパートナーとの連携にも拍車がかかる可能性も期待できる。過去2 年間はコロナ禍による一過性の影響を受けた一方、足元ではコロナ特需の落ち着きと経済環境悪化に伴う消費マインドの急激な冷え込みによりブレーキがかかる格好となったが、エントリーユーザー向けの商品の裾野拡大や新たな需要の取り込みにより、デジタルペンやデジタルインクに関する体験ユーザーのベースは確実に拡大していると考えられる。中期的な新コア技術、新ビジネスモデルの立ち上げが上手くいった場合には、ハードとソフトの相乗効果も十分期待できると考えられる。また、新ビジネスモデルにおいては、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)での提供が軸になるものと考えられるが、課金型の収益モデルへのシフトが同社の成長性や収益性にどのような変化を及ぼすのかについても注目したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)


《NS》

記事一覧

  • 2023/02/01 18:22:欧州為替:ドル・円は本日安値圏、欧州勢のドル売りで
  • 2023/02/01 18:15:日経平均テクニカル:小反発、75日・200日のGC示現
  • 2023/02/01 18:00:1日の香港市場概況:ハンセン1.1%高で3日ぶり反発、百度が9.0%上昇
  • 2023/02/01 17:53:アイエックス・ナレッジ---3Qは増収・2ケタ増益、通期業績予想及び配当予想の上方修正を発表
  • 2023/02/01 17:46:トルコリラ円今週の予想(1月30日) サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
  • 2023/02/01 17:45:メキシコペソはレンジ相場が続きそう サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
  • 2023/02/01 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米利上げ幅縮小も引き締め余地ならドル買い
  • 2023/02/01 17:13:1日の日本国債市場概況:債券先物は146円72銭で終了
  • 2023/02/01 17:11:東京為替:ドル・円は反発、午後は一時130円40銭台
  • 2023/02/01 16:55:1日の中国本土市場概況:上海総合0.9%高で反発、素材株に買い
  • 2023/02/01 16:29:東証グロ−ス指数は続伸、買い一巡後は上値の重い展開
  • 2023/02/01 16:23:飯野海運---株主優待の商品内容および抽選優待の内容決定
  • 2023/02/01 16:16:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は小反発、東エレクやアドバンテが2銘柄で約58円分押し上げ
  • 2023/02/01 16:13:フェイスネットワーク---株式分割(1株につき2株の割合を分割)
  • 2023/02/01 16:11:東京為替:ドル・円は高値圏、前週高値が上値メド
  • 2023/02/01 16:06:新興市場銘柄ダイジェスト:インテM、グローバルセキュがストップ高
  • 2023/02/01 16:05:大阪金概況:上昇、米利上げ減速の観測など反映
  • 2023/02/01 16:00:日経VI:上昇、FOMC結果発表などイベント控え警戒感広がる
  • 2023/02/01 15:53:FOMCの結果判明を前に様子見ムードが強まるなか、決算を手掛かりとして個別物色に【クロージング】
  • 2023/02/01 15:50:日経平均は小反発、インフレ懸念後退で買い先行もイベント控え失速
  • ■投資ニュース

  • 2023/02/01 18:22:欧州為替:ドル・円は本日安値圏、欧州勢のドル売りで
  • 節分と言えば「鬼」ランキング (01/31更新)

    バックナンバー

    ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2023

    1. チャートの鬼・改
    2. 指数先物の高勝率短期売買
    3. DVD 仲値トレードの鬼
    4. ガチ速FX 27分で256万を稼いだ 鬼デイトレ
    5. 投資の鬼100則


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (21MB) Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。