携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 1月21日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/12/08 12:18, 提供元: フィスコ

後場に注目すべき3つのポイント〜懸念材料はすべて織り込み済み?

*12:18JST 後場に注目すべき3つのポイント〜懸念材料はすべて織り込み済み?
8日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は大幅続伸、懸念材料はすべて織り込み済み?
・ドル・円は底堅い、日本株高で円売り継続
・値上がり寄与トップは東京エレクトロン<8035>、同2位が中外製薬<4519>

■日経平均は大幅続伸、懸念材料はすべて織り込み済み?

日経平均は大幅続伸。318.45円高の28774.05円(出来高概算5億9788万株)で前場の取引を終えている。

7日の米株式市場でNYダウは492.40ドル高(+1.39%)と大幅に続伸。英グラクソ・スミスクラインなどが開発中の新型コロナウイルスワクチン候補が複数の変異株に対して有効性を示したとの報道もあり、景気回復期待が再燃し、寄り付き後上昇。また、金利動向の安定でハイテク株の買いも強く、終日堅調に推移。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は+3.03%と大幅続伸した。東京市場でも半導体関連などハイテク株を中心に買いが先行し、日経平均は337.29円高の28792.89円でスタート。ただ、寄り付き直後に付けた28835.01円を高値にその後は伸び悩み、一時28621.47円まで押し戻される場面も。それでも、堅調なアジア市況を支援要因に下げ渋ると、その後は28800円を手前にしたもみ合いが続いた。

個別では、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が5%近くと急伸したことを追い風に、レーザーテック<6920>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ルネサス<6723>などが大幅に上昇。ソニーG<6758>、任天堂<7974>、ダイキン<6367>、キーエンス<6861>、ファナック<6954>、太陽誘電<6976>、ZHD<4689>などハイテク・グロース株も全般買われている。提携先のロシュ社が「アクテムラ」について欧州医薬品委員会より適応拡大の承認勧告を受領したと発表した中外製薬<4519>は急伸。そのほか、KDDIエボルバとパートナー連携を開始したショーケース<3909>、国内証券が新規に買い推奨でカバレッジ開始した日総工産<6569>なども大幅高となっている。

一方、前日まで人気化していた川崎汽船<9107>や商船三井<9104>などの海運株が大幅に反落。住宅ローン減税見直しの影響を警戒視して住友不動産<8830>、三井不動産<8801>などの不動産セクターが大きく下落。対ドルでの円安進展の一服からトヨタ自<7203>、ホンダ<7267>なども売り優勢。JT<2914>、ソフトバンク<9434>、武田薬<4502>などのディフェンシブ銘柄も軟調となっている。そのほか、今期業績見通しが市場想定を下回ったくら寿司<2695>が売られている。


セクターでは精密機器、鉱業、その他製品などが上昇率上位となっている一方、海運業、不動産業、倉庫・運輸関連業などが下落率上位となっている。東証1部の値上がり銘柄は全体の54%、対して値下がり銘柄は38%となっている。

本日の日経平均は大きく続伸しているとはいえ、25日、75日、200日移動平均線が集中する28900〜29000円を手前に伸び悩む格好となっている。また、前日のNYダウが500ドル近い大幅続伸で、ナスダックやSOX指数が急伸したことを踏まえると、上値の重さが拭えない。

前日の米株市場では、NYダウやS&P500指数が25日線を回復し、米長期金利は上昇、将来の株価変動率を示す米VIX指数は-5.29の21.89と大幅に低下した。市場心理が改善するなかでの典型的なリスクオンムードの様相だ。翌週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前にした中でもハイテク・グロース株が急伸した動きも踏まえると、市場はオミクロン株の懸念後退を好感するだけでなく、米連邦準備制度理事会(FRB)の早期金融引き締め懸念も相当に織り込んだかのようだ。実際、FRBが金融政策の誘導目標とするフェデラル・ファンド・レート(FFレート)の先物市場での動きによると、市場はすでに来年3回の利上げを織り込んでおり、かなりタカ派寄りとなっている。

オミクロン株の脅威が緩和し、翌週に控えるFOMCのリスクもすでに十分に織り込んでいるのであれば、このまま懸念一層で年末に向けた株高ラリーとなるのだろうか。一方で、米金融大手のゴールドマン・サックス・グループは、株式の安易な押し目買いに対して警鐘を鳴らしている。12月はボラティリティーが突発的に拡大する余地があり、リスク指標はまだ買いシグナルを発していないと指摘したという。

上述したように、先物市場でのFFレートの動きはすでにFRBのタカ派色を相当に織り込んでいるようだ。しかし、株式市場の方は実のところ、織り込んだうえで上昇しているのではなく、FF金利先物市場が想定しているほどのタカ派色になることはないと高を括っているだけではないだろうか。少なくともその可能性がないとは言えないだろう。

昨年の米大統領選などもそうだが、どのような結果になっても相場にはポジティブで、大きな波乱にはならないと言われているような時でも、実際にイベントを迎えるとなると、仕掛け的な動きなども相まって一時的にボラティリティーが大きくなることが多々ある。昨日、今日の動きだけで過度に楽観に傾くのは時期尚早だろう。ポジションを大きく買い持ちに傾けるなど過度なリスクテイクには気を付けたいところだ。

さて、後場の日経平均は引き続き上値が重いながらも堅調な動きが続きそうだ。時間外の米株価指数先物が小じっかりな中、上海総合指数などアジア市況は総じて堅調。特段のニュースフローがなければ、日経平均は現状の水準でのもみ合いが続くとみておきたい。

■ドル・円は底堅い、日本株高で円売り継続

8日午前の東京市場でドル・円は底堅く推移し、113円半ばの水準を維持した。米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、序盤に一時113円30銭台に下落。ただ、日経平均株価は前日比300円超高の堅調地合いとなり、日本株高を好感した円売りが主要通貨を押し上げた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円36銭から113円63銭、ユーロ・円は127円83銭から128円11銭、ユーロ・ドルは1.1265ドルから1.1284ドル。

■後場のチェック銘柄

・ナレッジスイート<3999>、サイエンスアーツ<4412>など、3銘柄がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップは東京エレクトロン<8035>、同2位が中外製薬<4519>

■経済指標・要人発言

【経済指標】

・日・7-9月期GDP2次速報:-3.6%(前期比年率予想:-3.1%、1次速報:-3.0%)
・日・10月経常収支:+1兆1801億円(予想:+1兆2749億円、9月:+1兆337億円)

【要人発言】

・雨宮日銀副総裁
「物価目標実現に向け現在の強力な緩和政策を粘り強く続ける」
「感染症の影響を注視し、必要ならちゅうちょなく追加緩和」
「円安方向の動き、円建てでみた資源価格の押し上げに作用」

<国内>
・14:00 11月景気ウォッチャー調査・現状判断(予想:57.4、10月:55.5)

<海外>
特になし




《CS》

記事一覧

  • 2022/01/21 23:31:NY外為:ポンド軟調、マン英中銀MPC委員のタカ派発言も利上げ織り込み済み
  • 2022/01/21 21:36:米FOMC通過後に株安一服との見方も
  • 2022/01/21 20:03:欧州為替:ドル・円は変わらず、様子見ムードで
  • 2022/01/21 19:45:コロナ対策としての「移動の自由」の制限【実業之日本フォーラム】
  • 2022/01/21 19:08:欧州為替:ドル・円は底堅い、スイスフランは全面高
  • 2022/01/21 18:22:欧州為替:ドル・円は一時114円台、欧州株は大幅安
  • 2022/01/21 18:17:イートアンドHDなど
  • 2022/01/21 18:15:日経平均テクニカル:反落、長い下ヒゲも「売られ過ぎ」に未達
  • 2022/01/21 18:05:21日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で3日続伸、レジャー・飲食関連に買い
  • 2022/01/21 17:51:JPX金、強気優勢で昨年の高値越えの可能性大 サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
  • 2022/01/21 17:27:21日の日本国債市場概況:債券先物は150円97銭で終了
  • 2022/01/21 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、高水準の米金利でドル売り抑制
  • 2022/01/21 17:17:【M&A速報:2022/01/21(2)】日本製鉄、タイ証券取引所上場で熱延製品生産のG Steel等を子会社化
  • 2022/01/21 17:04:21日の中国本土市場概況:上海総合0.9%安で3日続落、医薬・ハイテクに売り
  • 2022/01/21 17:02:東京為替:ドル・円は下げ渋り、午後は小幅に戻す
  • 2022/01/21 16:59:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は反落、東エレクとアドバンテが2銘柄で約162円分押し下げ
  • 2022/01/21 16:47:JASDAQ平均は反落、リスク回避の売り広がり終日マイナス圏で推移
  • 2022/01/21 16:36:マザーズ指数は反落、前日に続き一時800pt割れ、引けにかけ下げ渋り
  • 2022/01/21 16:06:東京為替:ドル・円はほぼ横ばい、様子見ムードの継続で
  • 2022/01/21 16:05:大阪金概況:下落、円高・ドル安で割高感意識するも下値は堅い展開
  • ■投資ニュース

  • 2022/01/21 23:31:NY外為:ポンド軟調、マン英中銀MPC委員のタカ派発言も利上げ織り込み済み
  • 「アノマリー」ランキング (01/19更新)

    バックナンバー

    投資アノマリーカレンダー2022

    1. 投資アノマリーカレンダー2022
    2. 為替手帳 2022 [ブラック]
    3. 1日わずか30分間の作業ですむ株式自動売買戦略
    4. トレーダーズ・アルマナック
    5. アノマリー投資 市場のサイクルは永遠なり


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。