携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 1月18日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/12/05 09:00, 提供元: フィスコ

オミクロン株にらみのドル円【フィスコ・コラム】

*09:00JST オミクロン株にらみのドル円【フィスコ・コラム】
ドル・円相場は2017年3月以来の高値水準に切り上げた後、失速しています。南アフリカで新たに検出された新型コロナウイルス変異株による不透明感が背景にあります。米金融政策への影響が懸念されれば、ドル高円安の基調が変わる可能性も出てきました。


11月24日の米感謝祭を前に米連邦準備理事会(FRB)のトップ人事で、バイデン政権はパウエル議長の再任とブレイナード理事の副議長昇格を決定。今後、議会での手続きを経て正式決定する見通しです。それにより金融政策の不透明感は払しょくされ、今後の引き締め加速への期待感からドル・円は17年3月以来4年8カ月ぶりの高値圏である115円51銭まで一時値を切り上げました。


しかし、感謝祭翌日の「ブラックフライデー」はまさに「暗黒の金曜日」になりました。南アで新型コロナ変異株「オミクロン型」が検出され、アジア市場では世界経済への影響を懸念したリスク回避の円買いが優勢に。この日はNY株式市場の短縮取引で連休モードとなったため、薄商いのなか主要株価指数は急落。NYダウは今年最大級の下げ幅を記録し、原油相場や米金利も大きく下げ、市場は混乱状態に陥りました。


12月に入っても不安定な相場が続きます。世界各国のオミクロン株の感染状況やワクチンの有効性が注目されています。特に製薬大手の幹部が現行のワクチンに懐疑的な見方を示しており、今後の市場の動向を揺さぶる要因になりました。アメリカでもオミクロン株の感染者が確認され、世界経済をけん引してきた米国経済の成長が腰折れとなるとの見方が金利安低下とドル安を誘発しているようです。


目下、オミクロン株の米金融政策への影響が注目されるなか、12月10日発表の消費者物価指数(CPI)は高水準ながら前月より伸びが鈍化する見通し。14-15日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)では資産買い入れの縮小(テーパリング)の加速や来年の利上げ加速が期待されます。が、市場はFRBがタカ派姿勢を弱める可能性を織り込み始めており、米金利の低下によるドル売りが続いています。


また、株価や原油相場の下落で資源国通貨を中心にクロス円の下落傾向が顕著になっており、ドル・円は2カ月ぶりの安値水準まで値を下げる場面もありました。FRBによる来年2回の利上げシナリオが崩れればドル安・円買いが進むでしょう。半面、オミクロン株の「霧」が晴れれば115円台を目指すともみられ、当面は安値圏でもみ合う展開が予想されます。

(吉池 威)

※あくまでも筆者の個人的な見解であり、弊社の見解を代表するものではありません。



《YN》

記事一覧

  • 2022/01/18 18:15:クリーク・アンド・リバー社---とちぎ地域医療支援センターサテライトを開設
  • 2022/01/18 18:15:日経平均テクニカル:反落、75日線・200日線のDC接近
  • 2022/01/18 18:10:欧州為替:ドル・円は弱含み、欧米株安で円買いに
  • 2022/01/18 18:00:18日の香港市場概況:ハンセン0.4%安で3日続落、医薬品セクターに売り
  • 2022/01/18 17:31:18日の日本国債市場概況:債券先物は150円74銭で終了
  • 2022/01/18 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、低調な米経済指標でドル買い縮小も
  • 2022/01/18 17:15:2022年の世界経済は減速、中国は金融緩和を推進へ
  • 2022/01/18 17:06:東京為替:ドル・円は伸び悩み、115円台を維持できず
  • 2022/01/18 16:55:No.1---3Q営業利益3割増、高収益セキュリティ機器の販売継続など寄与
  • 2022/01/18 16:51:18日の中国本土市場概況:上海総合0.8%高で続伸、大型株買いで上海50Aは1.3%上昇
  • 2022/01/18 16:50:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は反落、テルモとTDKが2銘柄で約22円分押し下げ
  • 2022/01/18 16:46:
  • 2022/01/18 16:33:新興市場銘柄ダイジェスト:JDSCは大幅に反発、エイジスが大幅に5日続落
  • 2022/01/18 16:28:マザーズ指数は4日ぶり反発、一時3%近く上昇も失速、直近IPOの一角賑わう
  • 2022/01/18 16:27:シュッピン、ジェイテックコーポレ、リソー教育など
  • 2022/01/18 16:27:東京為替:ドル・円は底堅い、日銀総裁発言がサポート
  • 2022/01/18 16:21:米金利上昇を警戒して、次第に売りが膨らむ【クロージング】
  • 2022/01/18 16:20:JASDAQ平均は続落、上昇スタートも後場急失速
  • 2022/01/18 16:17:フェローテク Research Memo(7):当面は積極的な設備投資優先も、将来はさらなる増配に期待
  • 2022/01/18 16:16:フェローテク Research Memo(6):中期経営計画は1年前倒しで達成の可能性大
  • ■投資ニュース

  • 2022/01/18 18:15:クリーク・アンド・リバー社---とちぎ地域医療支援センターサテライトを開設
  • 「バリュー投資」ランキング (12/21更新)

    バックナンバー

    バリュー投資達人への道

    1. バリュー投資達人への道
    2. 新版 バリュー投資入門
    3. ディープバリュー投資入門
    4. バリュー投資アイデアマニュアル
    5. 賢明なる投資家


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。