携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 1月24日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/12/03 07:55, 提供元: フィスコ

2日の米国市場ダイジェスト:NYダウ617ドル高、オミクロンや政府機関閉鎖の脅威が緩和

*07:55JST 2日の米国市場ダイジェスト:NYダウ617ドル高、オミクロンや政府機関閉鎖の脅威が緩和
■NY株式:NYダウ617ドル高、オミクロンや政府機関閉鎖の脅威が緩和

米国株式市場は反発。ダウ平均は617.75ドル高の34639.79ドル、ナスダックは127.27ポイント高の15381.32で取引を終了した。連日の下落で値ごろ感からの買いに寄り付き後、上昇。製薬会社のファイザー(PFE)が同社の新型コロナウイルスワクチンが新たなオミクロン変異株に対しても効果があると楽観的な見通しを示したことも買い材料となった。さらに、バイデン大統領が3日に政府機関閉鎖に陥ることは予想していないと発言すると、一段高となった。セクター別では消費者サービスや運輸が上昇した一方、医薬品・バイオテクが下落。

スーパーマーケットチェーンのクローガー(KR)は四半期決算の内容が好感され上昇。クラウドサービスを提供するスノウフレーク(SNOW)は良好な決算に加えて、2022年の通年の業績見通しも市場予想を上回り大きく買われた。航空機メーカーのボーイング(BA)は中国が737マックス機の運行再開を承認したことが好感され、上昇した。一方で、携帯端末のアップル(AAPL)は、同社の部品供給会社に対し、供給不足で「アイフォーン13」の需要が鈍化していると伝えたとの報道で警戒感が強まり売られた。ディカウント小売りのダラーゼネラル(DG)は決算の内容は予想を上回ったものの、今会計年度の既存店売上が減少するとの見通しを示し、下落。

電子署名のドキュサイン(DOCU)は取引終了後に第3四半期決算を発表。内容は予想を上回ったものの、第4四半期の弱い見通しが嫌気され株価は20%近く急落している。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:ドル下げ渋り、2022年の米利上げ確率高まる

2日のニューヨーク外為市場で、ドル・円は112円74銭から113円24銭まで上昇し、113円20銭で引けた。この日発表された新規失業保険申請件数が前回から増加も予想を下回り、さらに、ボスティック米アトランタ連銀総裁が経済にはかなりの勢いがあり、2022年3月末までに資産購入縮小を終了し、インフレが鈍化しなかった場合の利上げ前倒しに備える必要性を指摘、デイリー米サンフランシスコ連銀総裁も利上げに向けて計画策定開始を考える必要があると指摘するなど、タカ派発言を受けてドル買いが強まった。

ユーロ・ドルは1.1347ドルから1.1295ドルまで下落し、1.1301ドルで引けた。ドイツがワクチン未接種の国民に対する規制を強化したほか、欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事がインフレが一過性によるものとのハト派姿勢を維持したため、ユーロ売りが強まった。ユーロ・円は128円13銭から127円75銭まで下落。ポンド・ドルは1.3333ドルから1.3290ドルまで下落した。ドル・スイスは0.9178フランから0.9212フランまで上昇した。


■NY原油:反発で66.50ドル、米国株式の反発などを意識した買いが入る

NY原油先物1月限は、反発(NYMEX原油1月限終値:66.50 ↑0.93)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は、前営業日比+0.93ドルの66.50ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは62.43ドル-67.36ドル。ロンドン市場で67.36ドルまで買われた後、原油増産への思惑で62.43ドルまで売られた。しかしながら、米国株式の反発を好感した買いが入ったことや、需給ひっ迫の状態が大幅に改善される可能性は低いとの見方も浮上し、通常取引終了後の時間外取引で67.34ドルまで戻している。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC) 44.89ドル +1.26ドル(+2.89%)
モルガン・スタンレー(MS) 98.86ドル +3.60ドル(+3.78%)
ゴールドマン・サックス(GS)387.54ドル +11.06ドル(+2.94%)
インテル(INTC) 49.50ドル +0.90ドル(+1.85%)
アップル(AAPL) 163.76ドル -1.01ドル(-0.61%)
アルファベット(GOOG) 2875.53ドル +43.17ドル(+1.52%)
フェイスブック(FB) 310.39ドル -0.21ドル(-0.07%)
キャタピラー(CAT) 196.79ドル +5.32ドル(+2.78%)
アルコア(AA) 44.82ドル +1.04ドル(+2.38%)
ウォルマート(WMT) 135.47ドル -1.67ドル(-1.22%)
《ST》

記事一覧

  • 2022/01/24 15:35:新興市場銘柄ダイジェスト:アイドマHDは大幅に5日ぶり反落、ヒュウガプライマがストップ高
  • 2022/01/24 15:28:東京為替:ドル・円は失速、クロス円の下落で
  • 2022/01/24 15:24:三井海洋、東製鉄、芝浦など
  • 2022/01/24 15:11:CAICAD Research Memo(11):2014年3月期以降、積極的な投資継続により配当実績はなし
  • 2022/01/24 15:06:日経平均大引け:前週末比66.11円高の27588.37円
  • 2022/01/24 15:10:CAICAD Research Memo(10):暗号資産交換所「Zaif」とのシナジー創出等により成長加速を目指す
  • 2022/01/24 15:09:CAICAD Research Memo(9):積極的なM&Aが上乗せ要因となる一方、足元は外部環境等により低調に推移
  • 2022/01/24 15:08:CAICAD Research Memo(8):2022年10月期は増収増益により黒字転換を目指す
  • 2022/01/24 15:07:CAICAD Research Memo(7):新株予約権の発行による資金調達を実施
  • 2022/01/24 15:06:CAICAD Research Memo(6):市場環境の影響等を受け、「金融サービス事業」が大きく下振れ
  • 2022/01/24 15:05:CAICAD Research Memo(5):ブロックチェーン技術者集団として、高度な技術とノウハウに強みを有する
  • 2022/01/24 15:04:CAICAD Research Memo(4):システム開発業として約50年。2015年10月期より新たなスタートを切る
  • 2022/01/24 15:03:CAICAD Research Memo(3):暗号資産ビジネスの拡大に向けて、3本柱体制を確立
  • 2022/01/24 14:32:BlackRock、ブロックチェーン企業に特化したETFを申請【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2022/01/24 15:02:CAICAD Research Memo(2):金融機関向けシステム開発やブロックチェーン技術に強み
  • 2022/01/24 15:01:CAICAD Research Memo(1):暗号資産ビジネスの本格化により、収益基盤の早期確立に取り組む
  • 2022/01/24 14:29:ビットコイン、海外の売りポジションは増加【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2022/01/24 14:49:東京為替:ドル・円は伸び悩み、節目付近の売りで
  • 2022/01/24 14:46:日経平均は28円高、後場の値幅はここまで237円程度
  • 2022/01/24 14:46:Abalance---群馬県の花畑太陽光発電所、全区画フル稼働
  • ■投資ニュース

  • 2022/01/24 15:35:新興市場銘柄ダイジェスト:アイドマHDは大幅に5日ぶり反落、ヒュウガプライマがストップ高
  • 「アノマリー」ランキング (01/19更新)

    バックナンバー

    投資アノマリーカレンダー2022

    1. 投資アノマリーカレンダー2022
    2. 為替手帳 2022 [ブラック]
    3. 1日わずか30分間の作業ですむ株式自動売買戦略
    4. トレーダーズ・アルマナック
    5. アノマリー投資 市場のサイクルは永遠なり


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。