携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 9月24日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/07/24 14:43, 提供元: フィスコ

米国株式市場見通し:主要ハイテク企業の決算に期待

*14:43JST 米国株式市場見通し:主要ハイテク企業の決算に期待
主要ハイテク企業の決算への期待が相場を一段と引き上げそうだ。米国の経済成長がピークに達しつつあるとの懸念が高まりつつあり景気循環株よりも安全な逃避先とされるテクノロジーなどのグロース株に投資資金が向かう傾向にある。4-6月期の企業決算は全般的に好調で、見通しの引き上げも目立つ。来週、予定されている4-6月期国内総生産(GDP)速報値では、経済活動の再開や政府の刺激策、ワクチン接種の進展が奏功し、1-3月期の6.4%成長に続き、8.1%成長と大幅な成長が予想されている。強い結果となれば、景気循環株の買いも強まる可能性がありそうだ。

また、連邦準備制度理事会(FRB)は27日から28日にかけて開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で、超緩和策の据え置きを決定する見込み。声明やパウエル議長の会見では、緩和縮小開始には程遠いことを再表明すると見られ、さらなる買い材料となるだろう。7月相場は比較的、変動が激しくなる傾向がある。中期的な上昇基調は変わらないが、短期的に季節的な要因や新型コロナの再流行がもたらす経済への影響が不透明になることなどで荒い展開が続く可能性もありそうだ。

ただ、ワクチン接種が進み、昨年のような国内の広範な経済封鎖は考えにくい。押し目では景気循環株の買いにも期待がもてそうだ。最終的にはFRBの緩和策により、市場に資金があふれていることが引き続き相場を支えることになるだろう。FRBの保有資産規模は8兆ドルと過去最大にのぼっており、2008年の金融危機時の4兆ドルを大幅に上回っている。経済はいまだ安定しておらず、新型コロナウイルス変異株の感染、ワクチン接種状況の行方によるところが大きい。政府の失業保険支援策の影響で、労働市場も依然、最大雇用には程遠く、FRBは当面、緩和策の維持が必要になりそうだ。

経済指標では、6月新築住宅販売件数、ダラス連銀製造業活動(26日)、6月耐久財受注、5月FHFA住宅価格指数、S&P20都市住宅価格指数、7月消費者信頼感指数、7月リッチモンド連銀製造業指数(27日)、新規失業保険申請件数、第2四半期国内総生産(GDP)速報、6月中古住宅販売仮契約(29日)、6月個人所得・支出、6月PCEコアデフレーター、7月シカゴPMI、7月ミシガン大消費者信頼感指数(30日)、などが予定されている。

さらに、国際通貨基金(IMF)が最新の世界経済見通しを発表するほか、FRBはFOMCで超緩和策を据え置く公算。新型コロナ感染拡大が見通しリスクとなるなか、資産購入縮小におけるタイミングや構成を前回会合に続き協議する計画だ。

企業決算では、主要ハイテクで、携帯端末のアップル、検索のグーグルを傘下に持つアルファベット(27日)、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを運営するフェイスブック、オンライン決済のペイパル(28日)、オンライン小売のアマゾン(29日)、が予定されている。そのほか、電気自動車メーカーのテスラ(26日)、ソフトウェアメーカーのマイクロソフト、コーヒーチェーンのスターバックス(27日)、ファーストフードチェーンのマクドナルド、自動車メーカーのフォード、半導体メーカーのクウォルコム(28日)に加えて、製薬会社ではファイザー(28日)やメルク(29日)、クレジットカードのビザ(27日)やマスターカード(29日)、石油会社のシェブロンやエクソン・モービル、重機メーカーのキャタピラー、消費財メーカーのプロクター&ギャンブル(30日)、などが予定されている。

主要ハイテク企業は好決算が期待されているが、特に見通しに注目。経済活動の再開で消費が加速し、クレジットカード会社の決算にも期待したい。一方で、マクドナルドなど、ファストフードチェーンでは人手不足や賃金の引き上げが重しとなる可能性が警戒される。

(Horiko Capital Management LLC)



《FA》

記事一覧

  • 2021/09/25 02:30:NY外為:ドル・円一目均衡表雲突破し一段高、日米金利差拡大観測強まる
  • 2021/09/25 01:41:NY外為:ドル買い後退、パウエル議長が労働市場の不透明性に言及=Fed Listens
  • 2021/09/25 00:19:NY外為:欧州市場引けにかけドル買い一服
  • 2021/09/24 23:21:【市場反応】米8月新築住宅販売件数、予想上回りドル買い継続
  • 2021/09/24 22:07:ビットコイン下落、中国政府が暗号通貨取引は不正と主張【フィスコ・暗号資産速報】
  • 2021/09/24 20:41:中国恒大集団の債務問題、解決までにある程度の時間が必要か
  • 2021/09/24 20:13:欧州為替:ドル・円は変わらず、株価と金利を注視
  • 2021/09/24 18:52:欧州為替:ドル・円は底堅い、欧米株の下げ渋りで
  • 2021/09/24 18:35:ディア・ライフ---品川区・大田区を主軸に事業展開するアイディを子会社化、総合不動産会社とのシナジー見込む
  • 2021/09/24 18:26:欧州為替:ドル・円は失速、欧米株安で
  • 2021/09/24 18:24:リコーリースなど
  • 2021/09/24 18:15:日経平均テクニカル:3日ぶり急反発、終値5日線上に復帰
  • 2021/09/24 18:00:24日の香港市場概況:ハンセン1.3%安で3日ぶり反落、不動産セクターに売り
  • 2021/09/24 17:42:24日の日本国債市場概況:債券先物は151円62銭で終了
  • 2021/09/24 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、中国リスクの後退で米金利・株価を注視
  • 2021/09/24 17:18:ダイキアクシス---インドにおける子会社の設立および製造工場の建設
  • 2021/09/24 17:16:東京為替:ドル・円はじり高、午後も上昇継続
  • 2021/09/24 17:11:24日の中国本土市場概況:上海総合0.8%安で4日ぶり反落、素材関連に売り
  • 2021/09/24 17:04:JASDAQ平均は大幅反発、外部環境の不透明感後退で買い戻し
  • 2021/09/24 16:58:【M&A速報:2021/09/24(2)】関西スーパー、H2Oリテイリングとオーケーの提案に対し見解を発表
  • ■投資ニュース

  • 2021/09/25 02:30:NY外為:ドル・円一目均衡表雲突破し一段高、日米金利差拡大観測強まる
  • 高値圏「原油」ランキング (09/16更新)

    バックナンバー

    DVD 石原順のメガトレンドフォローシグナル

    1. DVD 石原順のメガトレンドフォローシグナル
    2. トレーダーズ・アルマナック
    3. ファイナンシャル・アストロロジー
    4. 個人投資家のための「市況株」短期トレード
    5. 米国商品情報を活用して待ち伏せする“先取り”株式投資術


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (30MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。