携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 7月19日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/06/13 09:00, 提供元: フィスコ

明暗分かれる新興国通貨【フィスコ・コラム】

*09:00JST 明暗分かれる新興国通貨【フィスコ・コラム】
コロナ禍からの回復ペースは緩慢ながら、新興国通貨は全般的に堅調地合いを維持してきました。米連邦準備理事会(FRB)による緩和的な金融政策が背景にあります。ただ、新興国のなかでも強弱があり、その差は鮮明になりつつあるようです。


経済開発協力機構(OECD)は5月31日に公表した経済見通しで、世界の成長率について+5.6%から+5.8%に上方修正しました。各国の政策対応で持ち直してはいるものの、ワクチン接種や新興国・低所得国の支援に失敗すれば、格差は拡大すると警鐘を鳴らしています。足元はFRBの緩和政策の長期化が見込まれるなか、新興国通貨はおおむね堅調ですが、個別には「明」と「暗」に分かれます。


OECDがG20のうち比較的好調とみているのはブラジル。成長率は2021年が+3.7%、22年は+2.5%と予想しています。新興国通貨のなかでもブラジルレアルは対ドルで最も強く、市場は再評価し始めました。その要因として考えられるのは、商品価格の上昇です。ブラジルの主要輸出品である鉄鉱石と大豆が高水準で推移しており、世界経済の回復に伴う貿易黒字の拡大がレアル相場を押し上げる見通しです。


一方、ブラジルの今年の成長率を凌ぐものの、来年は伸び悩むと予想されるのが南アフリカです。コロナまん延の影響は次第に和らぎ、回復期待により資金流入が増大しつつあるようです。米格付け会社による格下げも見送られ、ランドは対ドルで2019年の水準に戻しています。ただし、財政や景気見通しが他の新興国と比べ依然ぜい弱で、短期資金が多いことを考えると、リスクは小さくありません。


南アと経常赤字の国内総生産(GDP)比率の高さや乏しい外貨準備などの点でよく似通っているトルコについて、OECDは今年+5.7%、来年+3.4%に失速すると予想しています。が、下方修正の可能性が出てきました。国内では慢性的なインフレが続いているものの、エルドアン大統領が中央銀行への利下げ圧力を強めているためです。それによりトルコリラは過去最安値を更新中で、一段の下げが警戒されます。


国際通貨基金(IMF)が4月6日に公表した世界経済見通しでは、今年の成長率を+6.0%に上方修正し経済の崩壊は阻止されたと指摘しています。ただ、リーマンショック時と比べ、先進国よりも低所得国と新興国への打撃に懸念を示しました。実際、世界経済をけん引する中国は一服感が広がり始めました。インドも金融緩和で株価は最高値圏を維持していますが、インフレ圧力が強く政策的に手詰まり感は否めません。


こうしてみると、新興国全体は減速しつつあり、そのなかでも格差は拡大しているようです。少し前のように、コロナの打撃によく持ちこたえているとは言えなくなったかもしれません。
(吉池 威)

※あくまでも筆者の個人的な見解であり、弊社の見解を代表するものではありません。



《YN》

記事一覧

  • 2021/07/24 17:56:来週の相場で注目すべき3つのポイント:4-6月決算シーズン開始、IPO4社、米FOMCなど
  • 2021/07/24 15:16:為替週間見通し:ドルは底堅い値動きか、経済正常化期待でドル売り縮小も
  • 2021/07/24 15:15:欧米の注目経済指標:量的緩和策縮小を巡るFOMCでの議論の行方に注目
  • 2021/07/24 15:14:ユーロ週間見通し:もみ合いか、4-6月期域内総生産が有力な売買材料に
  • 2021/07/24 15:13:豪ドル週間見通し:弱含みか、ロックダウン先行きに不透明感も
  • 2021/07/24 15:13:英ポンド週間見通し:もみ合いか、経済正常化への期待持続
  • 2021/07/24 15:02:新興市場見通し:決算見極めムードか、好業績株やIPO銘柄を個別物色へ
  • 2021/07/24 14:59:国内株式市場見通し:4-6月期決算シーズン開始で選別物色強まる
  • 2021/07/24 14:43:米国株式市場見通し:主要ハイテク企業の決算に期待
  • 2021/07/24 10:00:個人投資家・有限亭玉介:世界的EV化を背景に自動車部品・部材関連は好景気【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2021/07/24 08:40:23日のNY市場は続伸
  • 2021/07/24 08:38:米国株式市場は続伸、回復期待が再燃(23日)
  • 2021/07/24 08:31:NY株式:米国株式市場は続伸、回復期待が再燃
  • 2021/07/24 07:40:NY金:小幅安、株高を意識して伸び悩む
  • 2021/07/24 07:39:NY原油:小幅続伸、株高を意識した買いが入る
  • 2021/07/24 07:09:NY債券:米長期債相場は下げ渋り、サービス業PMIは予想を大幅に下回る
  • 2021/07/24 06:49:NY為替:米景気回復への期待でドル買い強まる
  • 2021/07/24 04:40:[通貨オプション]変動率低下、週末要因や日本の連休でOP売り
  • 2021/07/24 04:30:7月23日のNY為替・原油概況
  • 2021/07/24 02:28:NY外為:ドル買い一服、米債務不履行への不安、連邦債務が上限に近づく
  • ■投資ニュース

  • 2021/07/24 17:56:来週の相場で注目すべき3つのポイント:4-6月決算シーズン開始、IPO4社、米FOMCなど
  • 損小利大!「ドローダウン」ランキング (07/20更新)

    バックナンバー

    高リターン・低ドローダウン戦略

    1. 高リターン・低ドローダウン戦略
    2. トレーディングエッジ入門
    3. DVD 石原順のメガトレンドフォローシグナル
    4. FX自動売買の基礎と実践
    5. (EA) Trader Kaibe の quasar/ドル円版


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (30MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。