トレーダーズショップ
トップかごを見るご注文状況このページのPC版


フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/10/06 17:38, 提供元: フィスコ

NY金は1750ドルを目指すか サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

*17:38JST NY金は1750ドルを目指すか サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、NY金についてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、『NY金は1750ドルを目指すか』と述べています。

続けて、『NY金は週明け3日から上昇基調を強めている。3日は米長期金利の低下を背景に1700ドルを回復した』と伝えています。

次に、『9月米ISM製造業購買担当者景況指数(PMI)は50.9と前月から低下し、市場予想も下回った。2年4カ月ぶりの低水準となった。これを受け、米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げ観測がやや後退し、米長期金利が低下、ドルは対ユーロで軟化した』と伝え、『そのため、ドル建て金は割安感から買いが優勢となった。PMIが予想を下回ったことで世界的な景気減速への懸念も強まり、安全資産としての金買いも入ったようだ』と見解を述べています。

また、『国連貿易開発会議(UNCTAD)は3日、過度な金融引き締めが世界的な景気後退を招くリスクを指摘し、中央銀行に軌道修正を呼び掛けた。こうした強材料を受けて続伸し1730.5ドルで終えた。高値は1738.7ドル』と伝えています。

陳さんは、『米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ方針に変更はないと思われるが、ドル高がもたらすリスクにも市場は目を向けており、安全資産としての金に目が向く可能性も出てきている。1600ドル割れが回避されたことで、9月の高値1746.40ドルが次の高値の目安になりそうだ』と考察しています。

こうしたことから、NY金について、『1600〜1700ドルのレンジから、1650〜1750ドルのレンジに切り上がったと見ていいだろう』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の10月5日付「NY金は1750ドルを目指すか」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜





《FA》

記事一覧

  • 2023/02/03 20:02:欧州為替:ドル・円はじり安、ユーロ買い継続で
  • 2023/02/03 18:59:欧州為替:ドル・円は伸び悩み、欧州通貨は堅調地合い
  • 2023/02/03 18:58:日本創発Gなど
  • 2023/02/03 18:15:日経平均テクニカル:3日続伸、週足「赤三兵」示現
  • 2023/02/03 18:14:欧州為替:ドル・円は底堅い、米金利を注視
  • 2023/02/03 18:04:3日の香港市場概況:ハンセン1.4%安で続落、不動産と自動車に売り
  • 2023/02/03 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、クロス円が下押しも米雇用改善に期待
  • 2023/02/03 17:16:3日の中国本土市場概況:上海総合0.7%安で3日ぶり反落、金融株が下げ主導
  • 2023/02/03 17:17:MonotaRO---22年12月期は2ケタ増収、増益、各種施策により登録会員数が順調に増加
  • 2023/02/03 17:15:3日の日本国債市場概況:債券先物は147円15銭で終了
  • 2023/02/03 17:12:東京為替:ドル・円は下げ渋り、午後は底堅く推移
  • 2023/02/03 16:35:東証グロ−ス指数は反落、米雇用統計発表控えて買い進む動きは限定的
  • 2023/02/03 16:32:新興市場銘柄ダイジェスト:ELEMENTSは大幅に4日ぶり反落、セキュアがストップ高
  • 2023/02/03 16:27:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は3日続伸、ソニーGファーストリテが2銘柄で約46円分押し上げ
  • 2023/02/03 16:22:東京為替:ドル・円はこう着、128円半ばでもみ合い
  • 2023/02/03 16:05:大阪金概況:大幅に下落、ドル相場上昇で利益確定売り優勢
  • 2023/02/03 16:01:米ハイテク株高を映し心理的な節目である27500円を回復【クロージング】
  • 2023/02/03 16:00:日経VI:低下、株価底堅く警戒感は緩和
  • 2023/02/03 15:51:ティーケーピー---リージャス(日本・台湾)の株式譲渡完了
  • 2023/02/03 15:49:日経平均は3日続伸、金融引き締め懸念後退も米IT大手の低調決算が重し