トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版


フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/09/27 16:48, 提供元: フィスコ

米量的緩和策縮小でも金融緩和の状態は変わらず

*16:48JST 米量的緩和策縮小でも金融緩和の状態は変わらず
 報道によると、クリーブランド地区連銀のメスター総裁は講演で、米国経済は連邦準備制度理事会(FRB)が掲げる雇用の最大化と2%の物価目標達成に向けて実質的な一段の進展を遂げたとの見方を示した。メスター総裁は11月に縮小を開始し、来年前半の終了を支持しているようだ。量的緩和策の縮小が金利水準などに与える影響について、NY連銀は5月時点で試算しており、月額1200億ドルの債券買い入れを2021年末まで継続し、2022年末までに買い入れ額をゼロにした場合、フェデラルファンド(FF)金利の中央値は2026末には2%レベルまで上昇、10年債利回りは長期的に2.5%まで上昇すると想定している。

 ただ、それでもFRBのバランスシートは2030年時点で6.6兆ドル規模と想定しており、2020年初頭時点の約4.1兆ドルを大幅に上回る。市場関係者の間では「量的緩和の状態は2022年以降も特に変わらず、長期金利の上昇ペースが緩やかであれば為替や株価に与える影響は限定的」との見方も出ている。
《MK》

記事一覧

  • 2021/12/05 10:00:個人投資家・有限亭玉介:国策「外国人労働者への永住権」が人材関連株に注目【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2021/12/05 09:00:オミクロン株にらみのドル円【フィスコ・コラム】
  • 2021/12/04 17:45:来週の相場で注目すべき3つのポイント:メジャーSQ、法人企業景気予測調査、米消費者物価指数など
  • 2021/12/04 15:01:為替週間見通し:米長期金利低下でドル買い抑制の可能性も
  • 2021/12/04 15:00:国内外の注目経済指標:米国の11月消費者物価コア指数は10月実績を上回る可能性
  • 2021/12/04 14:57:ユーロ週間見通し:伸び悩みか、オミクロン変異株の感染状況などを注視へ
  • 2021/12/04 14:56:豪ドル週間見通し:下げ渋りか、豪準備銀行理事会に注目
  • 2021/12/04 14:55:英ポンド週間見通し:伸び悩みか、原油安継続の可能性
  • 2021/12/04 14:40:国内株式市場見通し:米FOMC前のメジャーSQで波乱含みか
  • 2021/12/04 14:39:新興市場見通し:悪環境で人気銘柄が相次ぎ急落、12月IPOのBB本格化も重し
  • 2021/12/04 14:39:米国株式市場見通し:CPIに注目
  • 2021/12/04 10:01:3日のNY市場は反落
  • 2021/12/04 10:00:個人投資家・有限亭玉介:年末にかけて厳しい展開!?強い株を注視すべし!【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2021/12/04 09:59:米国株式市場は反落、オミクロン株拡大やFRBの時期尚早の引き締めを警戒(3日)
  • 2021/12/04 09:55:NY株式:米国株式市場は反落、オミクロン株拡大やFRBの時期尚早の引き締めを警戒
  • 2021/12/04 07:32:前日に動いた銘柄 part2 商船三井、AI inside、サイエンスアーツなど
  • 2021/12/04 07:15:NY為替:時期尚早の米緩和解除を警戒してドル買い縮小
  • 2021/12/04 07:15:前日に動いた銘柄 part1 デンソー、川崎汽船、エアトリなど
  • 2021/12/04 07:05:NY原油:小幅安、時間外取引で下げ幅拡大
  • 2021/12/04 07:04:NY金:反発、米長期金利の低下を意識した買いが入る