携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 11月25日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/10/04 08:28, 提供元: フィスコ

ハイテク株へのリバウンド機運が高まる

*08:28JST ハイテク株へのリバウンド機運が高まる
 4日の日本株市場は、買い先行で始まり、その後も底堅い値動きを見せてきそうだ。3日の米国市場はNYダウが765ドル高だった。英国のトラス政権が最高所得税率引き下げを撤回したため世界金融市場混乱への不安が緩和し買戻しが先行。9月ISM製造業景況指数や8月建設支出が予想下回り、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースを加速するとの懸念が和らいだ。売り方の買い戻しの動きが強まったほか、直近の大幅な下げに対する割安感から押し目待ち狙いの買いも入ったようだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比365円高の26595円。円相場は1ドル144円50銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行で始まろう。英国のトラス政権の減税案撤回についてはある程度昨日の強いリバウンドによって織り込まれている面はあるものの、米国市場の強い値動きによってショートカバーは強まりそうである。日経平均は9月半ば以降の調整で切り下がる5日線に上値を抑えられるトレンドを形成しているが、本日はこの抵抗を突破してくることになろう。昨日の朝方の調整で25621円まで下落してのリバウンドとなり、6月20日安値25520円とのダブルボトム形成も意識されてくるため、底入れ感も台頭しそうだ。

 日経平均はマドを空けての下落が続いていたため、まずは9月26日に空けたマド(26779円〜26955円)を埋めてくる動きが意識されてくる。そのため節目の27000円が目先的なターゲットになりそうだ。また、昨日は東エレク<8035>が大幅なリバウンドを見せてきた。ようやく売りが続いていたハイテク株へのリバウンド機運が高まることから、日経平均型の上昇への期待にも繋がろう。米国ではテスラが急落していることもあって自動車株は手掛けづらくさせてくる可能性があることから、結果的にはNTロング(日経平均買い、TOPIX売り)のスプレッド狙いの動きも入りやすいだろう。

 とはいえ、引き続き欧米の金融政策の影響に振らされる状況は変わらないほか、米国では5日に9月のADP雇用統計、9月のISM非製造業景況指数、7日には9月の雇用統計の発表を控えていることもあり、積極的な上値追いの動きは限られやすく、値がさハイテク株など相対的に出遅れている銘柄に資金が向かいやすいだろう。そのほか、足元で底入れからリバウンドの動きを見せてきている直近IPO銘柄の一角などへも個人主体の値幅取り狙いの資金が向かいやすいと考えられる。
《AK》

記事一覧

  • 2022/11/26 18:35:来週の相場で注目すべき3つのポイント:パウエル議長講演、米ISM・中国PMI、米雇用統計
  • 2022/11/26 15:37:新興市場見通し:米金利動向に影響及ぼす重要イベント多数、IPOは2社
  • 2022/11/26 15:36:国内株式市場見通し:パウエル議長講演や米ISM・雇用統計など注目イベント多数
  • 2022/11/26 15:35:パウエル議長講演や米ISM・雇用統計など注目イベント多数
  • 2022/11/26 15:32:米金利動向に影響及ぼす重要イベント多数、IPOは2社
  • 2022/11/26 13:59:国内株式市場見通し:パウエル議長講演や米ISM・雇用統計など注目イベント多数
  • 2022/11/26 13:57:新興市場見通し:米金利動向に影響及ぼす重要イベント多数、IPOは2社
  • 2022/11/26 13:56:米国株式市場見通し:サイバーマンデー、パウエルFRB議長講演に注目
  • 2022/11/26 13:38:為替週間見通し:下げ渋りか、米引き締め継続で長期金利の動向が手掛かり材料に
  • 2022/11/26 13:38:欧米の注目経済指標:11月米雇用統計で失業率は横ばいの3.7%か
  • 2022/11/26 13:37:ユーロ週間見通し:もみ合いか、ECBの利上げペース減速の思惑残る
  • 2022/11/26 13:35:豪ドル週間見通し:底堅い値動きか、利上げ余地は限定的との見方も
  • 2022/11/26 13:30:英ポンド週間見通し:もみ合いか、英国経済の先行き懸念残る
  • 2022/11/26 10:00:個人投資家・有限亭玉介:製造業は買い?好業績&思惑ありの銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2022/11/26 08:42:25日のNY市場はまちまち
  • 2022/11/26 08:40:米国株式市場はまちまち、年末商戦への期待の一方でハイテクは軟調(25日)
  • 2022/11/26 08:32:NY株式:米国株式市場はまちまち、年末商戦への期待の一方でハイテクは軟調
  • 2022/11/26 07:32:前日に動いた銘柄 part2 マツモト、テセック、シキノハイテックなど
  • 2022/11/26 07:15:前日に動いた銘柄 part1 ジェイテックコーポレーション、円谷フィHD、ヤクルト本社など
  • 2022/11/26 06:43:NY為替:株式、債券の時間短縮取引の影響で主要通貨の為替取引は動意薄
  • ■投資ニュース

  • 2022/11/26 18:35:来週の相場で注目すべき3つのポイント:パウエル議長講演、米ISM・中国PMI、米雇用統計
  • 「カレンダー2023」ランキング (11/22更新)

    バックナンバー

    2023源太カレンダー

    1. 2023源太カレンダー
    2. 株式手帳 2023 [黒]
    3. 為替手帳 2023 [ブラック]
    4. ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2023
    5. 株式手帳 2023 [茶]


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (1.3MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。