トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版



<< トップ / 《読者のご意見》一覧 /

スイングトレードの法則 出来高分析で仕掛けがわかる

 この本は、価格中心のテクニカル分析に出来高分析を加味したトレード手法を解説したものです。

 著者のトレード手法は、“トップダウン・アプローチ”で、
1・マーケットのメジャートレンドを見極める
2・トレンドに沿った強いセクターを選ぶ
3・セクター内の有望銘柄を選ぶ
という簡単なもの。

 このトップダウン・アプローチの流れに従って、出来高分析に基づく説明がなされています。

 マーケットのトレンド判断基準には、“マーケットの広がり”、“出来高”、“モメンタム”が挙げられています。詳細は本書に譲りますが、この3つを使い、トレンドを判断することになります。セクター分析は、マーケットの強弱に抵抗力のあるセクターを選択、銘柄選択もこれにならう、といったところでしょうか。

 本書の第3章以降から、株価と出来高分析が始まるわけですが、実際の銘柄のチャートや図表がふんだんに使用されているので、非常に理解しやすいと思います。不鮮明なチャートが掲載されている本も多い中、しっかりした作りだと思います。

 価格中心のチャートでは説明されていなかった(説明できなかったと言い換えてもよいのかも?)トレードポイントが、出来高分析を加味することで理解できるようになったのは大きな収穫です。

 今までのテクニカル分析に物足りなかった方々に、お勧めしたい本です。

(ペンネーム ロンリートレーダー)


 副題にもあるとおり、本書で重視されているのは出来高の分析である。基本的にれ を応用したテクニカル分析の一手法である。

 実は私自身はテクニカル分析は好きではない。売買においてチャートも見ないのか と言われると、そんなことはないのだが、株価の動向だけから株価の将来を実際に有 用な程度に予想する事は相当に困難だろうと感じている。

 好みから言えば、ファンダメンタルズ分析の方が好きだ。が、どちらが当たる、有 用なのかと言うと、「ウォール街のランダムウォーカー」でも指摘されているように 「どっちもどっち」だろうと思っている。

 ただ、出来高に注目するという視点は確かに重要だろうと感じた。株価が継続的に 上昇を続けるにはそれだけのエネルギーがいり、そのためには出来高の増加を伴う必 要があるだろう。出来高を伴わない短期的な株価の上昇には継続性がない場合が多い だろう。また、いわゆるセイリングクライマックスの状況下において株価が出来高が 伴い大きく下落すれば、それは底打ち反転のタイミングとなることが多いとも思う。 これは株価の上昇とは逆に売りのエネルギーが思い切り放出される瞬間ととらえられる。

 基本的にこうした考え方を応用し法則化しようとしているのが本書の内容である。 ただ、これを実践に活用するのは相当に難しいだろう。

 テクニカル分析の解説は必然的に過去の事実の解説にならざるをえない面がある。

つまりは後出しじゃんけんにならざるをえないというこどである。なので、テクニカ ル分析の有用性を説明するためには、それに沿った事例が示されることになり、逆の 事例は示されない。

 出来高に注目するという視点はよい。が、それを実際のトレードに有用な程度にま で「法則化」できるのかどうかについては、本書を読んだだけでは明確にはならな い。

 自分自身がテクニカル分析と「格闘」してみることは意味がないことはないかもし れない。が、どうせであれば、ポジジョン管理の手法やアセットアロケーションのあ り方について考えを深め実践する方が自分の性には合っていると思っている。

(40代、公務員、ふしみん)


商品説明ページへ
お買い物かごに入れる

一覧に掲載されていない商品については モニタ募集中です!


<< トップ / 《読者のご意見》一覧 / Page Top

Copyright(C) Traders Shop All Rights Reserved.