トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版



<< トップ / 《読者のご意見》一覧 /

ローソク足手書きチャート用紙 ラクロシュ

10年前にFXをはじめたときによく「ローソク足を手描きすると相場観が身につく」ということを聞き、やってみたことがあります。 今回は久しぶりに手描きをしようと、ラクロシュのモニターに応募させていただきました。

ラクロシュを受け取って、ゴールドの日足を3週間ほど描いてみました。 「どこの価格にしよう?」と迷って、面倒になって結局オアンダさんのドル建てのCFDの価格にしてしまいました。

CFDは24時間動いていて、宵の明星などのドラマチックなパターンにならないのでつまらなく、後で後悔しました。

しかし、多くの気づきが得られてゴールドの「今」が一層鮮明に見えたと感じています。 紙質が気に入りまして、描き心地が良いです。

シャープペンでまず始値と終値をフリーハンドで描き、定規で縦の線を引いて色を塗ると、実体が現れます。 これを先に行うことで、その日の中心的な売買がどうだったかを掴めます。 高値と安値を結んだヒゲはその後に描くので、一日に起きた出来事をここで見返すことができます。

描く順番はテキストにあった通りです。「なるほど順番にも意味があるんだ」と、やってみてわかりました。

11月9日月曜日に、株式がファイザー製薬のワクチン相場になりましたのでゴールドは長い陰線になりました。 しかし、週末金曜日にはすでに反転の可能性を示唆するカラカサが出ていて、よく気を付けていれば高値掴みを防げたはずです。

漫然とスマホでローソク足を眺めているよりも危機感を肌で感じることができ、即座に行動する気持ちになれるのは、体を使って手描きをしているからかもしれません。

それでは、ほかに気づいたことを並べます。

妲己様 自営業
投資歴:個別株15年、FXとCFDほかを10年


一見したところ、ただの方眼紙のようだがローソク足が描かれる部分(2mm)と間隔をあける部分(1mm)の罫線の間隔が異なっており、一目でわかるので線を引きやすい。 作業効率は方眼紙を使う場合に比べて50%ほどアップする気がする。

marty 投資歴30年


商品説明ページへ
お買い物かごに入れる

一覧に掲載されていない商品については モニタ募集中です!


<< トップ / 《読者のご意見》一覧 / Page Top

Copyright(C) Traders Shop All Rights Reserved.