トップへかごを見る
このページのPC版へ


金融市場はカジノ ボックス理論の神髄と相場で勝つ方法

ニコラス・ダーバス, 山口雅裕, 長尾慎太郎
パンローリング
四六判 222頁 2019年3月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 明日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

『私は株で200万ドル儲けた』の著者による実践必勝テクニック
値動きだけを見る! ダーバスのやり方のすべてが詰まっている


読者のご意見
世界的なダンサーとして有名だったニコラス・ダーバスは日々、世界中の都市を公演して回っていた。あるとき、たまたまダンスの主演料の代わりに名も知らない株でギャラを受け取る。そのことをきっかけに株に興味を持ち始めた。

それから、株式投資を始め、小さな成功と大きな失敗を犯しながら、ブローカーの言いなりになって無駄に多くの手数料を取られないためには何をすればよいのか、ファンダメンタルズはなぜ役に立たないのか、ニューヨークではなく世界を旅して回って、相場の情報も数日遅れでしか得られないようなときのほうがなぜうまくいくのか、ダーバスは試行錯誤を繰り返す。

そして、ダーバスは、ウォール街(株式相場)はカジノ(ラスベガス)だと気づいた。そう、雑音はすべて排除して、値動きだけを見るということに気づき、素晴らしいパフォーマンスを上げるようになった。それを競馬で例えるならば、血統、訓練、ジョッキーの評判、馬が食べていた麦の種類は知っていて損はないが、最も重要な原則は、先頭を走っている馬だけに賭けることということ。その馬が後続に沈んだら、ほかの有力馬を探すということだった!

本書では初心者が陥る典型な失敗例が多く示されている。読者はこれを読んで大切な資金を減らうような回り道をしなくてすむだろう。

また、本書ではダーバスの自身の経験に基づいて、「どの銘柄を買えば利益を得られそうか」という極めて関心度の高い問いに明確な答えを出してくれている。また、勝つ確率を高めてリスクを減らす方法やストップロス注文を置くことの大切さを、巨額の利益を得て、なおかつその利益を失わないために考案した貴重な手法も明らかにしている。

読者は、今なお色あせないダーバスの手法のすべてを、本書で学ぶことができるだろう!

「上げているうちは、私はけっして持ち株を売らない。どうして、勝ち馬から降りる必要があるだろうか。そして、下げている持ち株はけっして持ち続けない。どうして負け組にしがみつく必要があるだろうか。その銘柄が大きく動いたときに乗っても遅くないのだ」――ニコラス・ダーバス


■著者紹介

ニコラス・ダーバス(Nicolas Darvas)
ショービジネスの世界で最もギャラの高いペアダンサーの1人。幾多の苦労の末、マーケットの上昇や下落に関係なく機能するボックス理論を構築し、株式市場で200万ドル以上の利益を上げて資産家になった伝説の人物。著書に『私は株で200万ドル儲けた』(パンローリング)などがある。

■目次

監修者まえがき
序 文
第1章 カジノ
第2章 ディーラー
第3章 クルーピエ
第4章 予想屋
第5章 自分の身を守る――リスクヘッジ
投資クラブ
投資信託
定期定額投資プラン
それらは個人投資家にどういう利益をもたらすか
第6章 カジノでのプレー――買いのゲーム
私はボックスシステムを考案した
私はボックスシステムを使った
私はいつ買ったのか
私はどういう方法で買ったのか
私は適切な銘柄を選べるようになった
私は一つの手掛かりとして出来高を確かめた
株のファンダメンタルズ
第7章 カジノでのプレー――売りのゲーム
私はストップロス注文をどのように使ったのか
自動的な手仕舞いで、なぜ私はちょっとした予言者になったのか
第8章 利益を計算する

■監修者まえがき

本書は、伝説の相場師ニコラス・ダーバスの著した“Wall Street : The Other Las Vegas”の邦訳である。ダーバスの著書としては、“How I Made $2,000,000 in the Stock Market”があまりにも有名で、日本でも『私は株で200万ドル儲けた』として二〇〇三年にパンローリングから出版されている。前著がダーバスの自伝かつ「ボックス理論」の技術解説書であったのに対し、本書は取引所を含む証券業界の本質は一般の人からカネを合法的に巻き上げるカジノであると喝破したうえで、そのなかで生きていく(投資家として勝ち残っていく)ための考え方や戦術を説いたものである。 ダーバスは株式相場師として波乱の生涯を生きた。彼はもともとプロのダンサーで、株式市場とは縁のない生活をしていたが、偶然のきっかけから株式の売買に足を踏み入れることになる。そして、素人が陥る典型的な失敗を多く繰り返し、破産の危機に瀕すること二回、ついに独自の投資手法である「ボックス理論」を編み出し、わずか一八カ月で当時の金額で二〇〇万ドルを稼いだのである。 本書の原書が発行されたのは半世紀以上前になるが、「いくらキレイごとを言っても取引所はしょせんカジノである」という彼の見方は、現在でもまったくもって正しい。

■序文 ニコラス・ダーバス

私は一〇年前に初めて株を買った。そして四年前に、儲けた額を計算してみた。私は株式相場で二〇〇万ドルを稼いでいた。 そのことについて本を書いてほしいという依頼が出版社からあり、私はそれに従った。『私は株で200万ドル儲けた』(パンローリング)は四〇万部以上売れた。 その影響は非常に大きく、AMEX(アメリカン証券取引所)が規則を変える原因になった。

(ウィザードブックシリーズ276)

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: ニコラス・ダーバス, 山口雅裕, 長尾慎太郎

トップページへ