トップへかごを見る
このページのPC版へ


エド・ミラーのエクスプロイトポーカー プレイヤーをプレイする

エド・ミラー, 松山宗彦
パンローリング
A5判 304頁 2020年2月発売
本体 2,000円  税込 2,200円  国内送料無料です。
この商品は 明日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

「負けない」から「勝つ」プレイへの革新!

経験者なら誰でも口を揃えて言います。「ポーカーはカードの勝負じゃない、人との勝負だ」と。

確かにその通りです。でもそういうプレイヤーは皆何故かその「人との勝負」でミスを犯しています。相手につけ込む隙を見逃しては、間違った修正を繰り返し、結果ゲームに負けているのです。

本書では人に勝つポーカーを学ぶために、対戦相手の隙を見つける方法、発見した相手のミスにつけ込むためのプレイ方法を解説します。

ポーカーの本質には情報を隠すゲームという側面もあって、相手に情報を渡さない、つけ込む隙を見せないという戦略が大事なのは間違いありません。ですがスモールステークスでのプレイでまず焦点を当てるべきは、保守的に防御を固めるプレイではなく、相手を全力で攻撃するためのプレイなのです。

超タイトなプレイヤー相手に次から次へと降りてもらってポットを取り続けるには?

タイトアグレッシブなプレイヤー相手に優位に立つには? ルースアグレッシブなプレイヤー相手にその攻撃性をブーメランのように返すには? 相手を体系的にプロファイリングして弱みを見つけ出し攻撃するには?

対戦相手をカテゴライズし対応する方法を解説したポーカー戦略本は数多くありますが、その中でも本書ではさまざまなタイプのプレイヤーがどのようなミスを犯すかに焦点を当て、それを利用して勝率を最大化する方法を説いています。それは相手が継続的に犯しているミスを特定すること、そこにどうつけ込んでポットを勝ち取るか、さらにはそういうミスをより繰り返すような状況に相手を追い込むことなどです。

本書で学ぶことで、トッププロたちがとんでもない高勝率を上げている技を、是非あなたにも手中に収めてほしいです。

負けないポーカーを超えて勝つためのポーカーへと先に進んで行きましょう。


著者紹介

エド・ミラー(Ed Miller)
1979年8月10日生まれ、ラスベガス在住のプロフェッショナルポーカープレイヤー。ポーカーコーチ。ポーカーに関する書籍を多数執筆。マサチューセッツ工科大学で電子工学とコンピューターサイエンスの学位を取得。卒業後はマイクロソフトに入社し、ソフトウェア開発者として従事する。ポーカー掲示板(two plus two)に出合い、また本を読むことでポーカーへの理解を深め、プレイするステークスを上げていった。2003年に仕事を辞め、ポーカープロとなった。月額制ポーカービデオコーチングサイトの「Red Chip Poker」および「StoxPoker」の出資者の一人で、プロデュースも行っている。著書に『エド・ミラーのポーカースクール』『ポーカーエリートの「公然の秘密」 頻度ベース戦略』(パンローリング)がある。

訳者紹介

松山宗彦 (まつやま・むねひこ)
ニューヨーク州立大学バッファロー校経営大学院卒。在米生活14年の間にアメリカの爆発的ポーカーブームと出合い、ポーカーにのめり込む。帰国後は監修者の百方恵二氏とのコラボレーションで、海外のポーカー情報の日本への紹介を行っている。訳書に『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編』『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編』『ガス・ハンセンのポーカーミリオンロード』『オンラインポーカーで稼ぐ技術(上)』『オンラインポーカーで稼ぐ技術 (下)』がある。2012年JPT日本オンラインポーカー選手権優勝。


目次

イントロダクション
ABCポーカーとは何か?
最適なポーカー
プレイヤーをプレイする
バランスとつけ込みやすさに関する注意点

パート1 タイトプレイヤー
タイトプレイヤー相手のプレイ
特徴その1 ナッツがない限り、破産を賭けてプレイしたがらない
特徴その2 プリフロップでリンプフォールドする
特徴その3 タイトプレイヤーのベットサイズテル
特徴その4 ベットフォールド
特徴その5 ポットコントロール
特徴その6 セカンドバレル、サードバレルを打ちたがらない
タイトプレイヤーについてのレビューと演習問題

パート2 ルースアグレッシブプレイヤー
ルースアグレッシブプレイヤー相手のプレイ
特徴その1 頻繁にプリフロップでレイズし、ポストフロップでバレルを打つ
レンジ対レンジの考え方を理解する
プリフロップでの3ベットを理解する
特徴その2 弱みを見つけると反射的に攻撃してくる
ルースアグレッシブプレイヤー レビューと演習問題

パート3 下手くそプレイヤー
荒れたゲームで勝つ
特徴その1 フロップでライト目に次のカードを見たがり、ショウダウンまで粘る
特徴その2 オーバーペアは絶対にフォールドしない

パート4 バラバラのピースをまとめ上げる
穴を見つけ出す
現在君はやっていないがやってみる価値のあるプレイトップ10
ハンドクイズ
終わりに
謝辞


(カジノブックシリーズ23)

そのほかのお薦め

エド・ミラーのハンドリーディング入門


エド・ミラー/松山宗彦 パンローリング
1,980円 国内送料無料 すぐ発送

エド・ミラーのポーカースクール ライブゲームで勝つ


エド・ミラー/池内一樹 パンローリング
2,200円 国内送料無料 すぐ発送

ポーカーエリートの「公然の秘密」 頻度ベース戦略


エド・ミラー/松山宗彦 パンローリング
3,080円 国内送料無料 すぐ発送


この商品の著者による商品一覧: エド・ミラー, 松山宗彦

トップページへ