トップへかごを見る
このページのPC版へ


リスクテイクの経済学――気鋭の学者と現場で探る、賢いリスクの選び方

アリソン・シュレーガー, 中口秀忠
パンローリング
四六判 312頁 2020年7月発売
本体 1,600円  税込 1,760円  国内送料無料です。
この商品は 明日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet


読者の声

実例をベースに、リスクの取り方の原則を提示

ビジネスや投資で避けて通れない「リスク」。その本質や正しいマネジメント法について、経済学者アリソン・シュレーガーが社会の現場で探るのが本書の目的だ。

人はみな、日々、大小さまざまなリスクを取っていて、どんなに注意深くてもリスクから逃げることはできない。そこで問題となるのは、リスクを取るかどうかではなく、どのリスクをどう取るか。そうしたリスクを比較・計測し、求めるものを手にいれられる可能性を最大化する方法だ。

シュレーガーは、人々がリスクをどのように管理しているのかについての研究でキャリアを積んできた異色の経済学者である。本書では株式市場や金融機関から離れた場で遭遇した現実の、しかし特殊な世界と、そこで学んだリスクについて語ってくれる。

本書では、特徴的で興味深いリスクを取る危険を顧みない人々に取材。

この原則を参考に、リスクを伴う決断を進めることができれば、ビジネスや投資のあらゆる状況においてアップサイド(利益の可能性)を増やし、ダウンサイド(損失可能性)を削減できるだろう。


■本書への賛辞

「金融経済学者でリスクの専門家でもあるシュレーガーは、私たちがリスクの管理方法を改善するのに役立つ原則を説明している。それは、何十億ドルもの資産を運用する年金基金が採用しているのと同じ原則だ。シュレーガーはその原則を、私たちの日常とは違った世界のエピソードをいくつも交え、読者を楽しませながら教えてくれる。彼女は、読者がリスクの諸原則を深く理解できるように、日常生活とは距離を置く選択をしたが、それは大成功だった! まったくの初心者であれ、経験豊かなリスクの専門家であれ、興味深い世界が読者をもてなしてくれるだろう」
――ロバート・C・マートン(MITスローン・スクール・オブ・マネジメント金融論特別教授、1997年ノーベル経済学賞受賞者)

「シュレーガーは、複雑さを増す今日の世界に内在するリスクを乗り切るために、読みやすく、それでいて示唆に富む指針を提供している。集団の指揮、統率、指導を志す者にとっては必読の書だ」
――スタンリー・マクリスタル(アメリカ陸軍大将)

「リスクというものをもっとよく理解したければ、変わった状況に身を置く必要がある。それが、フリーコノミクス freakonomics の伝統に従ってシュレーガーが行っていることだ。本書は勉強になるだけではなく、読み物としておもしろい」
――アダム・グラント(『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』『GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代』著者)


■著者紹介

アリソン・シュレーガー(Allison Schrager)
経済学者、クォーツのジャーナリスト、リスク・アドバイザリー企業であるライフサイクル・ファイナンス・パートナーズLLCの共同設立者。ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズで退職者向け商品の革新を主導したほか、OECDやIMFなどの国際機関でコンサルティングを行う。エコノミスト、ロイター、ブルームバーグ・ビジネスウィークに定期的に寄稿。コロンビア大学で経済学博士号を取得。現在はニューヨーク大学で教鞭をとっている。

原題 AN ECONOMIST WALKS INTO A BROTHEL:And Other Unexpected Places to Understand Risk


目次

第1章 リスクの紹介――その性質と変わった場所のリスク
リスクとは?/売春宿の経済学/金融―リスクの科学/リスクのルール/私たちを取り巻くリスクは増えていくが対処は可能だ

●ルール1 ノーリスク、ノーリターン

第2章 リスクに対する見返り――欲しいものを手に入れるには、何が欲しいかを知る必要がある
ミニボン/リスクフリー資産の価格/私にはリスクフリーだが、あなたにとってはリスク

第3章 リスクを取る――どのようなときに安全を捨て打って出るべきか
経済学者ですらリスクフリーを取り違えることがある/リスクフリーの老後資金

第4章 リスクの計測――ハリウッドの終わりのない確実性探求の旅
壊れたリスクモデルの国/データをリスクに翻訳する―「通常起こりうること」とは/映画産業の歪んだ世界/過去で未来を予測するのはお粗末なやり方/データ分析はひどい方法だが最善の選択肢であり、もっと身近になっていく

第5章 さまざまな種類のリスク――パパラッチの秘密の生活
パパラッチの黄金律/パパラッチ・ゴールドラッシュ/固有リスクとシステマティックリスク/違いを知れば役に立つ/パパラッチも私たちも同じ/私たちが経済的な不安を感じる理由

●ルール2 自分の非合理性を知れ

第6章 プロスペクト理論――合理性へと傾く
ヘルミュースのヘルは地獄のヘル/損をするのが嫌なのはなぜなのか/ブレークイーブン効果の実例―オンラインポーカーの世界/私たちが非合理的であるとして、何か問題があるのか?/ポーカーのチャンピオンのようなリスクの取り方をするには

第7章 リスクの誤認識――自分が捕まるとは思わなかった
本当にクレイジー/私たちは皆、確率を理解するのが下手くそだ/確率的な思考は生まれつきできることではない/主導権を取り戻すには

●ルール3 取ったリスクに対して最大の見返りを得よ

第8章 リスクの分散――まったく見当違いの場所で効率性を追求する
哀れな当て馬/種馬市場は非効率/ブリーダーのリスク削減方法/近親交配/リスク分散のメリット/自称オタクが革命を起こす/競走馬繁殖業界のハリー・マーコウィッツに対する回答は?

●ルール4 自分の領域を支配せよ

第9章 リスクの除去――ヘッジの技術ぼう
ヘッジ/リスクフリー資産への投資を増やす/他のものの価値が下がるときに価値が上がるものを購入せよ/逆ヘッジ―リスクを増やし、利益を増やす/クルージングの未来をヘッジする

第10章 保険――壮大なストックオプションの物語
保険は魔法/オプション/リスクはギリシャ指標が知っている/保険は契約書のある魔法/オプションは幻想なのか?

第11章 モラルハザード――保険に加入して大きな波に乗る
ビッグウェーブサーファーはよく日焼けした保険数理士のようなもの/異母兄弟たち/金融界における二五メートル級の大波/黄金時代もそれほど輝かしかったわけではない/より賢い対応とは

●ルール5 想定外のことも起こりうる

第12章 不確実性――戦場の霧
73イースティングの戦い/未知なる未知/不確実性の問題がしばしば軽視されるがゆえに、歴史は繰り返す運命にある/不確実性に対処するには/私たち全員が軍事から学ぶべきこと

終わりに


(フェニックスシリーズ110)

そのほかのお薦め

行動科学と投資 その努力がパフォーマンスを下げる


ダニエル・クロスビー/長岡半太郎/井田京子 パンローリング
3,080円 国内送料無料 すぐ発送

【新版】リスクの心理学 不確実な株式市場を勝ち抜く技術


アリ・キエフ/平野誠一 パンローリング
1,980円 国内送料無料 すぐ発送

投資家が大切にしたいたった3つの疑問 行動ファイナンスで市場と心理を科学する方法


ケン・フィッシャー/丸山清志 パンローリング
4,180円 国内送料無料 すぐ発送

ダニエル・カーネマン心理と経済を語る


ダニエル・カーネマン/友野典男/山内あゆ子 楽工社
2,090円 国内送料無料 すぐ発送

行動経済学の逆襲


リチャード・セイラー/遠藤真美 早川書房
3,080円 国内送料無料


この商品の著者による商品一覧: アリソン・シュレーガー, 中口秀忠

トップページへ