トップへかごを見る
このページのPC版へ


石原順 石原順のメルマガ マーケットの極意

石原順のメルマガ マーケットの極意

石原順
パンローリング
1か月更新 PDF 2018年11月発売
本体 1,500円  税込 1,650円  国内送料無料です。
この商品は 3日程度で発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

本サービスは、平日15時までのご入金確認で
「当日の18時から」会員サイトにログインいただけます。


【会員特典】
・トレンドサイクルの売買シグナルを配信(カスタムチャート)
・読者限定サイトで日々の情勢をフォローアップ!
・ドル円や日経平均の順張り・逆張り売買シグナルを公開!

※12月10日(火曜日)フォローアップセミナー決定! オンラインライブ配信!


講師紹介トレンドサイクルの設定概要見本(6月17日)

この世に絶対に儲かる売買手法など存在しない。
相場は確率に賭けるゲームである。
ゲームの勝者になるためには、エッジ(優位性)というものを見つける必要がある。



時代を先取りして独創的な視点で情報を発信します。
世界の為替や株価を動かす要因を分析し、資産を増やすための市場や商品、
または自己防衛のための見解をメルマガで明らかにします。

30年以上の運用経験があり今なお現役ファンドマネージャーである石原順氏の英知を学ぶことができます。
さらに読者限定サイトでは、 目まぐるしく変化する情勢を読者にタイムリーにフォローアップします。

●情報とは DIFFERENCE である

金融機関やファンド業界では昨年からリストラが行われている。
どこの金融機関もこの先はもっと大規模なリストラに動くと見られている。
筆者の友人や知り合いも何人かクビになっている。
金融機関がリストラをしているということは、
業績が悪いか、先行きの相場に弱気だということだ。

これから壮大なリストラをやろうとしている金融機関のレポートを読むと、
「買いだ、ここは辛抱だ、経済は悪くないから強気だ、押し目買いだ・・」というものだらけである。

業界全体が万年強気競争の世界で、そうでなければ会社にいられないのだから否定はしないが、
この世界はニュートラルな立場で相場を見ている人が極めて少ないのが実情である。
極めてマイオピック (近視眼的)な見方ばかりで、歴史大局観など持ち合わせていない。

強気な意見を言い続けることは損を抱えている多くの投資家の耳触りがいいから、
この世界はみんな強気を言っているのである。
相場が下がったら、しょんぼりした顔をするか、「いつかは上がる、なんとかなる、 がんばろう!」
と慰めていればいいということらしい。

金融界にいるとそれが平均的な世界であり、無意識にそれを強制されるバイアスが強い。
そして、情報など、新聞の大見出し程度のものでいいのだと言われる。難しいことを言っても誰も理解しないと・・。

だが、それを聞いていると、投資家は早晩、壊滅的損失か長期塩漬けといった事態に追い込まれるだろう。
「そういうことは、もういいかげんにやめよう!」と思って筆者はメルマガを始めた。
“差異”こそが情報であって、新聞の大見出しのような話など新聞を読めばいいだろう。

さて、メルマガは前号から“第二期”に入った。
筆者が一番懇意にしているリスボンのファンドにも協力してもらって、
“差異”の商品化を進めていく予定である。
情報とは difference である。

(石原順)

●読者限定配信

「トレンドサイクル(カスタムチャート)」
ドル円
ダウ
フェイスブック
原油


「順張りシグナル」
ドル/円(日足)
日経平均(日足)


「逆張りシグナル」(△買いシグナル・♢売りシグナル)
ドル/円(日足)
日経平均(日足)


「金融占星術チャート」


フォローアップセミナー「トレンドサイクルの売買手法 エントリーの手順や優位性」(動画公開中 )


「フォローアップブログ」(適時更新)
読者限定ページ
会員様ログイン

※「Microsoft Edge」でログインする際に「Authorization Required」となりパスワードの入力画面が表示されない場合は、 同画面でリロードするかブラウザを「internet explorer」「google chrome」などに変更してお試しください。









●石原順(西山孝四郎)

相場の周期およびボラティリティー(変動率)を利用した独自トレンド分析や情報ネットワークを活かした売買技術で多くの投資家を魅了している。
1986年より株式・債券・CB・ワラント等の金融商品のデーリング業務に従事、1994年よりファンド・オブ・ファンズのスキームで海外のヘッジファンドの運用に携わる。
為替市場のトレンドの美しさに魅了され、日本において為替取引がまだヘッジ取引しか認められなかった時代からシカゴのIMM通貨先物市場に参入し活躍する。
現在は数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍している。

●ブログ「石原順の日々の泡
●石原氏が相場を語る「外為ライブリポート
●ラジオNIKKEI ザ・マネー 「西山孝四郎のFXマーケットスクウェア
石原順の書棚



●石原順のトレード基本姿勢



●特典)トレンドサイクルの売買手法の活用

ドル円
ダウ
フェイスブック
原油
カスタムチャート」を利用してトレンドサイクルである「Ishihara Cycle」をご利用できます。
設定は、4時間足、日足をお勧めしています。
相場エントリーの手順や技術は、会員サイト内の動画をご確認ください。

※カスタムチャートは無保証・無サポートです。

●特典)トレンドサイクルの設定方法

1.「チャート」→「テンプレートを読み込む」
2.「Ishihara Cycle」を選択して「完了」



●特典)トレンドサイクルの「PUSH通知」設定方法

「Ishihara Cycle」のインジケーター「Ishihara_Stc」でPUSH通知を
設定すれば、 シグナルが発生したときに通知が来ます。

1.「歯車」マークタップ
2.「カスタム」→「Ishihara_Stc」を選択して「完了」を選びます
3.「サーバー側で起動する」で登録




●フォローアップセミナーのご感想

※ご感想のみ抜粋しています。


タイトル 石原順のメルマガ マーケットの極意
配信方法 PDF(電子メールで配信します)

15時までのお申込みは、当日18時から会員サイトにログインいただけます。
顧客限定サイトでフォローアップ掲載(不定期)
現在、質問は受け付けていません。

配信頻度 月4回の配信予定(月曜日もしくは火曜日に更新)

※会員サイトにログインするためのID/PASSはトレーダーズショップに登録したものと同じです。

月額 1,500円+税
  • お申し込の翌月からは、クレジットカード(VISA, Master,Diners)の自動決済での引き落としになります。
  • それ以外での申込の場合は、翌月以降のお支払い用として口座振替申込書をお送りします。金融機関の手続きに2か月ほど要します。
  • お申し込み後の翌営業日18時頃に会員サイトにログインできるようになります。
  • 申込月の月末までご利用いただけます。
解約方法 本サービスは、お申込の翌月から毎月の会費が自動引き落としになります。お客様が利用停止の手続きをされない限り、自動継続されます。解約は月末までにご連絡をいただければ翌月からの配信を停止いたします。
解約の場合は電子メールまたはお電話でお申し出ください。解約確認のメールを受信して解約完了になります。
免責事項 本サービスに掲載された情報・ツール・資料は、あくまで情報提供を目的としたものです。証券など金融商品の売り買いを提案・勧誘するためのものとして、また証券など金融商品について助言・推奨するものとして、利用・解釈しないでください。 また、本サービスは一般向けに編集されています。特定の投資目的、特定の投資環境、特定の投資家を一切考慮していません。事前に専門家の適切な助言を受けるべきですし、最終的な投資判断は個々人が個々の状況を考慮して自らの責任で下すようにしてください。

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 石原順

トップページへ