トレーダーズショップ

トップかごを見るご注文状況このページのPC版


高杉良 金融腐蝕列島 上

金融腐蝕列島 上

高杉良
KADOKAWA
文庫 373頁 1997年12月発売
本体 571円  税込 628円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

大手都銀・協立銀行の竹中治夫は、突然、本社総務部への異動を命じられる。通称“渉外班”― 総会屋対策を担当するポストである。上層部からの特命を帯びた竹中は、心ならずも不正融資に手を貸してしまう。組織と個人の狭間で葛藤しながらも、人事権を掌握しているワンマン会長のスキャンダル隠しに荷担せざるをえなかった竹中は、会長側近のやり手秘書役と駆け引きし、元大物総会屋や企業舎弟じみた人物との交渉に奔走する。 今日の銀行が直面する問題に鋭いメスを入れ、日本中を揺るがせた衝撃の話題作。

汚濁にまみれた銀行への警鐘 佐高信
処女作『虚構の城』を出した時、高杉良は”覆面”だった。そのために「I社」をモデルにしたと思われるこの小説は、同社の元社員の内部告発小説だといわれた。1976年の7月から8月にかけて出た当時の書評のほとんどはそう書いている。
たとえば『日経産業新聞』には、「発行元の講談社ではペンネームの筆者の”実像”については公表を避けているが、内部事情に詳しすぎるところから元I社社員であるとみられている」
と書かれ『週刊東洋経済』では、高杉を「某石油会社の経営陣に近いポストにいた人物」と指定していた。

小説を読んだ石油業界の人まで一様にそう思い、売行きが異常に速く、書店で入手困難になったため「I社」が買い占めたのではないか、という噂まで流れたのである。

6月20日発行の初版8,000部は、あっという間に売れ、発売3ヶ月ほどで3万部を超えた。
城山三郎、清水一行以来の久しぶりの大型新人、高杉良の衝撃的なデビューだった。

古本はこちら

そのほかのお薦め

2022源太カレンダー(冊子版)


大岩川源太 源太塾(カレンダー)
2,750円 国内送料無料 すぐ発送

混沌 新・金融腐蝕列島 (上)


高杉良 講談社
828円 国内送料無料 すぐ発送

金融腐蝕列島 下


高杉良 KADOKAWA
628円 国内送料無料 すぐ発送


この商品の著者による商品一覧: 高杉良

トップページへ