携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (09月22日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
ボリンジャー
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株
決算書 M&A FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

アンディ 鏑木繁
小次郎講師 New!
バカラ村 林輝太郎
増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
ラリー・ウィリアムズ ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2015 【下半期】

ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2015 【下半期】

ベテラン度: ★★☆
ラリー・ウィリアムズ
パンローリング
オンデマンド映像 100分 日本語字幕 2015年8月発売
本体 22,000円  税込 23,760円  国内送料無料です。
品切れのためご注文いただけません。 (発送可能時期について)

期間限定 2015年9月30日まで

世界の金融市場のゆくえをラリー・ウィリアムズ氏がウェブセミナーで解説。
オンデマンド動画でご覧いただきます。(英語音声・日本語字幕)

2015年8月24日、中国市場への不安を発端にNY市場は1000ドル以上も暴落し、世界同時株安がおきた。
著名トレーダー、ラリー・ウィリアムズ氏は7月末の時点で、「8月24日」に米国株に転換がおきることを明言している。

これまで好調だった日本株は?
そして不安視される中国市場のゆくえは?

ラリー・ウィリアムズが独自のサイクル、季節性周期、市場行動パターンをもとに
2015年後半の株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)市場を分析する。

未来のロードマップを手にすれば、攻めと守りの好機がおのずと見えてくるだろう。(収録日:2015年7月30日)

新着情報:

オンデマンド動画を3分割ですべて公開しました。
15時までのお申込で、夕方に会員様用アドレスをメールします。(15/8/14) New

購入者限定サイトにて、PDF資料と動画第1段を公開しました。(15/8/20)


ラジオNIKKEIにて「フォーキャスト」が紹介されました。オンデマンド放送はこちら(ゲスト出演: 成田博之氏)


上半期予測は的中したのか?読者のご意見 フォーキャストの使い方

2015年下半期フォーキャストをウェビナーで紹介。

米株の上げは終わったのだろうか?

私はそう思っていない。
ファンダメンタルズのフォーキャスト・ツールが何を予測しているのか
ウェビナーで公開する。
長年、ファンダメンタルズを活用したマーケットタイミングとトレンドの強弱を
予測できるか研究してきた。
その結果、精度の高い予測が可能になり、自分自身でも信じられないでいる。
この新ツールが導くロードマップをみてもらうだけで、
その素晴らしさを理解できるだろう。
まさに今、うねりをあげて大きな波が押しよせてきている!

これまでの相場の流れと年初に予測したフォーキャストを比較して、
後半戦の予測を解説する。

焦点は米株、金、そして、米国債に絞っている。
(もし、FRBが米金利を引き上げたとき、米株がどのように反応をするか解説)
もちろん、商品市場や為替市場などもカバー。

中国市場の急騰を眺めていて、流れに飛び乗れなかったトレーダーが多い。
今回、今の中国株式市場をどのようにトレードするべきか解説する。
FDIC保険で5%のリターンをあげる方法も紹介する。

多数の項目をカバーするフォーキャスト2015下半期ウェビナー。 ご予約はお早めに。

ラリー・ウィリアムズ


下半期版で解説する市場

  • 米国株
  • 日本株
  • 日本円通貨先物
  • 貴金属(ゴールド、銀、銅)
  • 米国債
  • 原油
  • 中国株
  • 通貨(米ドルインデックス、豪ドル)
  • 農産物(大豆ミール、小⻨、トウモロコシ、砂糖、コーヒー、ココア)




フォーキャスト2015 上半期版の検証 (2015年7月7日現在)

年始にこれから訪れる相場ロードマップを予想する試みをつづったフォーキャスト上半期版。2015年前半が経過したところで、実際の各市場と見比べてみよう。


ダウ平均

年初に上昇後、3月から4月初めにかけて値を崩します。底値を固めて、ダウは7月第1週まで上げています。○月○週と○月末が絶好の買いポイントになっています。 短期的な天井と底がこれらのタイミングで形成されるでしょう。しかし、トレンドとは無関係で、あくまで注意すべきはその時期だということを理解してください。
(年始に発行された「フォーキャスト2015」より)

ダウ
ダウ平均のフォーキャスト

実際のダウ平均
実際のダウ平均




日経平均

日本株は3月中旬にかけて売りこまれるでしょう。その後、7月初めまで上げるでしょう。年初から○月中旬までの日経平均はあまり強い調整もなく上昇を継続していくと予想しています。

日経平均フォーキャスト
日経平均のフォーキャスト (2015年始に公開)

実際の日経平均株価
実際の日経平均




ドイツDAX指数

2015年3月中旬と○月中旬にDAXは調整入りするでしょう。

実際のドイツDAX指数
実際のドイツDAX指数




ゴールド

4年サイクルによると、金は○月初めから上昇に転じるでしょう。 金価格に大きくかかわっているのはインフレです。次のチャート39はそれを裏づけています。

ゴールドのフォーキャスト
ゴールドのフォーキャスト

転換ポイント:2月24日 3月23日 7月○日
金市場におけるナチュラルサイクルと68週サイクルが同時期に天井と底をつけています。転換日に相場が反転する可能性がより高くなるでしょう。

実際のゴールド
実際の金相場




銅は2015年1月中旬から上昇するでしょう。上昇は5月初めまで続くと予想しています。5月7日は転換日となっています。その後、調整局面に突入しても下げは2か月も続かず、6月22日に底を打つでしょう。そして、年末まで○○するでしょう。

実際の銅市場
実際の銅市場




トウモロコシ

今年のコーン相場は、年初めから7〜○月まで上昇するでしょう。

トウモロコシのフォーキャスト
トウモロコシのフォーキャスト

実際のトウモロコシ
実際のトウモロコシ相場




カカオ

ロードマップは年初からの上昇相場をチャート上に描いています。5月にかけて押しが入ったあとにカカオ価格は6月後半から上昇に転じるでしょう。
転換ポイント:3月5日 5月7日 7月○日

実際のカカオ
実際のカカオ相場



オーストラリアドル

AUDのフォーキャスト
AUDのフォーキャスト

実際のAUD/USD
実際のオーストラリアドル




米ドルインデックス

誰もが米ドルはおしまいだと思ったときから、ウサイン・ボルトのようなはしりと見せはじめています。今年の米ドルインデックスは1月中旬まで買われ、その後、3月中旬まで下げて、今年の安値をつけるでしょう。

→ 実際の相場では方向性が逆で、3月中旬に高値をつけた。

実際の米ドルインデックス
実際の米ドルインデックス


フォーキャストは占星術や過去のプライスから求める予測ではない。
過去のサイクル分析結果から直近12カ月の動きに類似しているサイクルを調べた結果をベースにしている。

サイクル分析は有効だろうか?

サイクル分析は有効だと信じることができる読者だけ読み続けてほしいと思う。

サイクルだけではなく、ファンダメンタルズが市場予測に大きく影響している。

サイクルやテクニカルだけではなく、
ファンダメンタルズは重要である。

これらの分析結果から導き出されるフォーキャストは信頼できるはずだ。

またファンダメンタルズのインディケーターが、
事前に2014年10月から米株市場の上昇相場を予測していたことを信じられるだろうか?

2年も前から米株市場の上昇時期を的確に予測できるインディケーターである。

インディケーターの詳細はフォーキャスト2015で説明しているが、
投資銀行のトップであるゴールドマン・サックスが使うツールを
あなたも知ることができる

我々が共有している問題

投資で成功する秘密は未来を描けるか?に依存する。

20年前からはじめたフォーキャスト予測は全て自己トレードの成果をあげるためだった。
未来の予測はできても誰も未来を見ることはできない。

しかし市場の転換点や傾向などある程度の道しるべがあればトレードは楽になるだろう。

マーケットを渡り歩くために必要なロードマップこそフォーキャスト2015である。


フォーキャストをどのように活用するのか

フォーキャストは未来の動きを示すロードマップであり、
その利用法は簡単だ。

1)タイミングツールとして、大きな動きや転換点の日を示している。
2)フォーキャストで示された時期に、これまでの動きを確認する。
3)テクニカル分析によるエントリーポイントで売買する。

非常にシンプルなアプローチだ。

理解頂けただろうか?
それともチャートの見方を理解できたかと問うべきだろうか?

フォーキャストで紹介されるチャートの見方を理解できるように、
昨年のレポートから原油チャートとフォーキャストを掲載する。
ナチュラルサイクルの動きに注目してほしい。






誰もが知っているとおり、原油は昨年の夏からの下降相場だったが、
フォーキャスト2014はこの動きを予測していた。

アナリストや投資アドバイザーはこのチャンスを貴方に警告しただろうか?
年初に原油価格が上げて、その後に下降するとフォーキャスト2014年は予測していた。

フォーキャスト2015は明確に各市場の予測を示していた。
もちろん完璧ではなく誤った結果になることも考えられる。
しかし、ハッキリ言えることは、誰の目にも明確な予測がレポートされている。

米株市場以外に、オーストラリア、中国、ドイツ、そして、日本の株式市場予測も掲載
フォーキャストの目的は、
一年前に株式市場や商品相場の転換時期を購読者に警告することだ。


株式市場だけではなく他の市場もカバーしている。
ナチュラルサイクルはどの市場にもその存在が確認されている。

穀物、農産物、エネルギー、貴金属、通貨、食肉など、
先物、FX、ETF、CFDと言った多種多様な取引商品に対応できる。

フォーキャスト2015こそ、貴方が望んでいる投資ツールではないだろうか?

フォーキャスト2015は明確な予測で、転換日が記されている。
単なる読み物としてのレポートではなく投資ツールであり、
今では13カ国を超える国々から注文がある。

私自身、サイクル分析をもとにトレードしている。
もちろん損をすることもある。トレードはリスクがつきものだ。

フォーキャスト以外にもいくつかのツールを使ってトレードをするが、
フォーキャスト2015が発する警告を重視している。
大きな流れをとらえるためには欠かせないシグナルをこのレポートは事前に発してくれる。

動きの鈍いマーケットには全く興味がない。
狙いは大きなうねりをとらえることで、
そのタイミングを知ることがトレーダーにとって大きなアドバンテージになる。



これまでフォーキャストは的確に市場を予測してきた。
もちろん誤った予測もした。
しかし、多くの購読者は未来の動きを事前に知ることができただろう。

これまでと違って精度が落ちるではないだろうか?
過去も現在もパーフェクトはなく、これからも完璧な予測は不可能だろう。
しかし、この12カ月間のサイクル分析と研究からテクニックも精度も磨き上がってきている。
誰もが驚く精度になっていると自信を持っている。

大部分の予想は、一般的な上昇と下降のタイミングのみを告げている。
タイミングこそ全てであり、フォーキャスト2015は明確な転換日を事前に警告している。



Larry Williams


フォーキャストの使い方

1年間で1万ドルを114万ドル、11000%を超えるリターンを得た史上最高の短期トレーダーと称されるラリー・ウィリアムズが不可能に挑んだ相場予測。

フォーキャストには2つの重要な意味がある。

  1. その年のいつに、何が起きるかを事前に予想して、トレーダーはその動きに対して容易に反応できる。予測どおりに市場が動くことは未来を読めるということだ。
  2. 予想が実際の動きとどのように違うのかを比較することである。市場の変化に対応するということだ。仮に予測と違う場合はトレンドが強いということ。しかしそのトレンドは短命な場合が多いため、注意深く建玉を操作できる。
この違いを知ることは重要である。
予測は100%ではない!

しかし、サイクル理論や季節要因、市場行動パターンを利用したロードマップを使って大金を手にした事実がここにはある。

株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)市場の将来を少しでも垣間見ることができれば、ほかの投資家やトレーダーよりもずっと有利な立場で取引できるだろう!

警告

このレポートはすべてマーケットのタイミングについて予測しているのであって、転換後のトレンドの強弱は予測していない。サイクル分析から描かれるロードマップはマーケットのナビゲーターとしての役割を果たしている。トレンドが予測と反した方向へ進んでいても、転換日に近づくと反転する可能性が高まる。
あくまで、このフォーキャストはタイミングに焦点を当てているのだ。そのため、トレンドの方向やその強さを計るツールとはなっていない。

サイクル分析とは相場の反転を探る研究と言えるだろう。
過去の結果から、トレンド方向を予測するためにこのレポートを活用するのではなく、あくまで、反転のタイミングを事前に知ることに重点が置かれている。

フォーキャストの載せたチャート上に記した日付あたりでマーケットの転換が起こりやすい。マーケットのエネルギーがこの時期に活発化するようだ。なぜ、その日付あたりにエネルギーが存在しているのかは分からない。 これまでの本フォーキャストでは、80%近い確率でマーケットの反転を予測してきた。通常は、予測したどおりのトレンドも確認されている。
(転換点と転換点を結ぶことで結果的に予測どおりだったことがよく見受けられます。)

この商品の著者による商品一覧: ラリー・ウィリアムズ

戻るトップページへ

■投資ニュース

  • 2017/09/22 16:31:JASDAQ平均は反落、フジプレアムや細谷火工に物色
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (12MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「地政学」ランキング(09/07更新)

    バックナンバー

    マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート

    1. マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート
    2. トランプ・シフト これからの世界経済に備える14のこと
    3. 情報を「お金」に換える シミュレーション思考
    4. [オーディオブックCD] 金森薫の世界情勢マンスリー 2017年9月特集号
    5. DVD 円高デフレの終焉と日本株復活

    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。