トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版


用語解説 - 転換社債型新株予約権付社債/旧転換社債(CB) convertible bond

一定の条件下で将来、株式に転換できる債券。CBはなかなか面白いハイブリッド型の投資対象で、株式による値上がり期待がいくらか持てると同時に、債券なので下値抵抗力がある。相場が上がって、転換権を行使するときは、転換比率を見れば、取得できる株数が分かる。一般に、CBは転換しないほうが得だが、株価がかなり上がっているなら、転換するだけの価値はある。逆に、下げ相場において株価がどんなに急落していても、債券なので一定利率のクーポン収入がある。しかしCBは複雑なので、CBファンドを通して購入するのがいちばんいいだろう(日本では2002年に「転換社債」の新規発行が停止され、新たに「転換社債型新株予約権付社債」が導入されるようになった)。

用語解説 索引へ


「転換社債型新株予約権付社債」に一致する商品は2点あります。

さらに絞り込む:
ベテラン度とは?
商品名をクリックすると詳しい説明を表示します。

投資価値理論 株式と債券を正しく評価する方法

ベテラン度: ★☆☆
ジョン・バー・ウィリアムズ/長尾慎太郎/岡村桂 パンローリング
A5判 622頁 2010年11月発売
4,180円 国内送料無料 すぐ発送
かごに入れる

増補改訂 なぜ金利が上がると債券は下がるのか?


角川総一 ビジネス教育出版社
A5判 232頁 2021年7月発売
1,760円 国内送料無料
かごに入れる


戻るトップページへ