携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 9月28日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
<< Home / 投資戦略フェア2008


『株式市場の上昇・下落局面を探る』

こんにちは、鈴木一之です。

早いもので今年も年の瀬がやってきました。最近は異常気象ばかりで、春夏秋 冬、四季折々の境界がわかりにくくなっていますが、やはり街頭にクリスマス の飾りつけがあふれてくると、今年ももうすぐ終わりなんだなあという思いに とらわれます。皆さまにとって今年はどのような1年でしたか。

この稿を記しているのが12月第1週の末。すでに忘年会シーズンはスタートし ていることですし、少し早い気もしますが今年の株式市場を振り返ってみるこ とにしましょう。日経平均の動きで見てみると、昨年の大発会から直近の値ま でで、日経平均は -7.4%の下落となっています。2月末に「上海ショック」 なる急落はあったものの、7月には1万8000円台を回復する場面もあって、年 前半はまだしっかりしていました。

しかし7月以降、世界のマネー市場はサブプライムローン問題による信用収縮 の嵐に見舞われ、投機資金のリスクテイク余地が大幅に縮小してしまいました。 7月以降は日経平均は激しく上下に揺さぶられる展開が多くなり、それまでの 上昇トレンドが崩れ、運用担当者の苦悶の日々が始まりました。

今年1年は7月を分水嶺として、好調な前半戦と苦悶の後半戦にはっきりと分 かれてしまいます。次に東証1部のセクター別の騰落率を調べますが、ここで は今年1年を前半と後半に分けて考えてみます。基点は昨年の大納会、終点は 7月末値と12月第1週の終値です。


(ア)通年 (2006年大納会→2007年12月第1週)
【上昇ベスト5】

(1)その他製品(+44.3%)
(2)海運(+25.0%)
(3)鉱業(+20.1%)
(4)空運(+13.4%)
(5)卸売(+11.2%)

【下落ワースト5】

(1)その他金融(-30.3%)
(2)ゴム(-18.7%)
(3)銀行(-18.5%)
(4)金属製品(-18.0%)
(5)建設(-17.7%)

(日経平均は-7.4%)


上昇ベスト5のトップは、爆発的な売上成長を示した任天堂を擁する「その他 製品」でした。今年は任天堂で始まり任天堂で終わった年、と締めくくること もできるでしょう。それに続いて、海運、鉱業、卸売がランクアップされてい ます。これに鉄鋼、非鉄を加えた新興国関連の素材、エネルギー銘柄の上昇も 強く印象に残った年となりました。

しかし今一歩、踏み込んで株式市場の動きを追跡すると、年前半と後半とでは 様相がかなり異なります。日経平均や世界のマネー市場が順調な拡大を続けて いたのは7月くらいまでで、それ以降はサブプライムローン問題に関する不安 心理で息苦しくなるほどでした。年の前半と後半とでは、先ほどの騰落ランキ ングも様相がかなり異なってきます。そこで次にパフォーマンスの計算期間を、 年前半と後半に区分けしてみます。


(イ)年前半(2006年大納会→2007年7月末)
【上昇ベスト5】

(1)海運(+58.4%)
(2)卸売(+34.6%)
(3)その他製品(+34.3%)
(4)鉄鋼(+29.0%)
(5)石油(+27.6%)

【下落ワースト5】

(1)その他金融(-16.0%)
(2)電力ガス(-15.2%)
(3)サービス(-11.1%)
(4)銀行(-9.3%)
(5)小売(-9.3%)

(日経平均は+0.1%)


年前半の値上がりセクターには、やはり任天堂の「その他製品」が第3位に食い込んでいます。しかし任天堂を除けば、海運、卸売(=商社)、鉄鋼、石油という資源・エネルギーや素材セクターにパフォーマンス上位はほぼ独占されることがわかります。反対に値下がり業種は、ワースト5のすべてが内需セクターで埋められてしまいました。このように今年の相場は、少なくとも年前半までは非常にはっきりと、外需セクターの優位性、内需セクターの劣勢という構図が強化されたことが見てとれます。

そしてさらに年後半は、これらのランキング上位・下位の顔ぶれがもう一度大きく変わります。


(ウ)年後半(2007年7月末→2007年12月第1週)
【上昇ベスト5】

(1)その他製品(+7.5%)
(2)電力ガス(+6.5%)
(3)空運(+4.7%)
(4)情報・通信(+4.2%)
(5)食料品(+2.2%)

【下落ワースト5】

(1)鉄鋼(-25.7%)
(2)非鉄(-21.5%)
(3)海運(-21.1%)
(4)石油(-20.1%)
(5)機械(-18.1%)

(日経平均は-7.5%)


8月以降、日経平均は大きく下落するような厳しい相場環境に変わりました。株価の急落は、米国の住宅バブル崩壊が震源地となって世界的な信用収縮が起こり、それが世界の好景気を終わらせるという不安心理が映し出されています。この状況下で値上がりを維持できたのは、任天堂のような類まれなる競争力を持った企業か、あるいは景気感応度の低いディフェンシブセクター(電力ガス、食料品)に限られています。

下落の度合いの大きなセクターも一目瞭然です。鉄鋼、非鉄、海運、石油、機械という景気への感応度の高い業種、年前半の上昇相場で華々しく買い進まれた銘柄ほど大きく売られました。

鉄鋼、非鉄、海運、石油などは典型的なシクリカル(循環的な)業種です。日本では古くから「景気敏感株」と呼ばれるように、好景気で業績が伸び、不景気で落ち込むという動きを宿命として繰り返します。ここ数年、中国やインドの高成長に乗って売上や利益が大きく伸び、それによって株価も目をみはるような上昇を遂げました。

しかしそのような驚愕の大変貌も、シクリカルの場合と成長株の場合とでは決定的に性質が異なります。成長株は自らの力で変貌を遂げます。時代の要請を受けて、あるいは時代そのものを自ら切り拓いて、偉大なる成長を成し遂げます。繁栄すればするほど新たな挑戦者が現れて、生存競争は一段と激しくなります。その激烈な競争をくぐり抜けて成功を収めたものだけが「成長株」の称号を与えられるのです。典型的な例が80〜90年代のマイクロソフトとインテルでしょう。

これに対してシクリカル業種は、時代を背負うというほどのものではなく、景気に寄り添う形で他律的に変貌がもたらされます。不景気のサイクルにあっては生き残りの競争が激しくなりますが、そこで生き残ることができさえすれば、次の好景気のサイクルでは同業者はみな等しく業容拡大の恩恵にあずかることができます。そしてまた景気が下向きになれば、それまでの栄華はたちどころに消え去ります。

シクリカル業種の株価の動きは、景気の動きに対して一歩先んじたような軌跡をたどります。株式市場では上昇・下落どちらの局面でも、シクリカルセクターはパイロットランプ的な役割を果たすのです。そうであるならば、子年の2008年相場は、前年の後半からシクリカルセクターの株価が大きく下落した、という事実を引きずりながら新年を迎えることになります。この事実を無視することはできません。ひょっとしたらそこでは、資産防衛のためのヘッジ売り戦略が必要とされる機会が増えることになるかもしれません。

執筆
鈴木一之
Kazuyuki Suzuki

1983年に千葉大学卒業後、大和證券に入社。1987年に株式トレーディング室に配属され、当時「新人類相場」の真っ只中で機関投資家セールスに就く。NTT上場、ブラックマンデー、資産バブル生成とその崩壊、金融危機、ITバブルなど、一時代を画する相場の転換点で一貫して株式トレードの最前線にいた。景気循環論の立場からシクリカル銘柄投資の重要性を説き、テレビ、ラジオ、新聞、マネー誌等でも活躍中。マジメにおかしく分かりやすく解説する投資分析が人気。日本アナリスト協会検定会員。

著書に『大化けする成長株を発掘する方法』、『「会社四季報」で銘柄スクリーニング入門』、『有望株の選び方』、 監訳書に、『オニールの空売り練習帖』、DVDに『DVD バリュー株とサイクルを利用した投資法』、『DVD 伝説の投資家オニールが教える成長株投資』など多数。


投資戦略フェア2008 での講演は『DVD シクリカル投資とオニール流空売り手法』に収録されています。

講演DVD


DVD シクリカル投資とオニール流空売り手法


DVD バリュー株とサイクルを利用した投資法


DVD 伝説の投資家オニールが教える成長株投資〜発掘法と売り戦略〜


DVDブック 大化けする成長株を発掘する方法

著訳書


オニールの空売り練習帖


有望株の選び方


電子書籍 株の学び場 1回〜20回


マンガ オニール流グロース株投資入門の入門


<< Home / 投資戦略フェア2008

■投資ニュース

  • 2021/09/28 12:37:日経平均寄与度ランキング(前引け)〜日経平均は続落、東エレクが1銘柄で約32円分押し下げ
  • 高値圏「原油」ランキング (09/16更新)

    バックナンバー

    DVD 石原順のメガトレンドフォローシグナル

    1. DVD 石原順のメガトレンドフォローシグナル
    2. トレーダーズ・アルマナック
    3. ファイナンシャル・アストロロジー
    4. 個人投資家のための「市況株」短期トレード
    5. 米国商品情報を活用して待ち伏せする“先取り”株式投資術


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (30MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。