トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版


←187 189→

<< Home / 《オススメの一冊》一覧 / 高橋 大樹 さん


百年に一度の大相場を勝ち抜く方法
儲かる仕組みを見抜くビジネスモデル投資入門

渡辺博文 著
ビジネス社
四六判
1,575円 (税込)
百年に一度の大相場を勝ち抜く方法

今回コメントくださったのは 高橋 大樹 さん です
Q1 オススメ書を教えて下さい。

‘やはり’「普通の人が勝ち抜くのだなぁ」と改めて認識させてくれる本です。

昔、某雑誌で有名作家二人による「普通の重要性」という対談がありました。「有能な作家はいたって‘普通’な人が多い」「変人であることがメリットになることはほとんどない」「僕たちは普通だよね」「そうそう。普通な人が生き残る」希代の個性派作家と評される二人から出てくるその言葉に衝撃を受けた記憶があります。

――百年に一度の大相場を勝ち抜く方法――
奇をてらった風な題名ですが、本書にも、上の対談と同様「普通の重要性」が淡々と描かれています。常識があり、平均的な人の思うところが分かり、分析にも思想にも偏向がない。頑固者でもなければそこまで優柔不断でもなく、他人の意見を許容しつつも自分の価値観を持っている……。相場では、そんな当たり前のことが大切だと書いてあるのです。

きっと著者の言う「普通」とは「バランス感覚」のことなのでしょう。

私は新聞社に勤めていた時代に200人ほどの投資家にインタビューした経験がありますが、そういえば、中長期的に勝つ投資家は、往々にして「バランス感覚に長けた」でした。変な人は、ある部分では思いっきり勝つが、負ける時も大きく負ける。そんな投資成績を持つ人が多かった記憶があります。

しかし、バランス感覚とは、日々ずれていくもの。

毎日相場を張り、緊張感とストレスに喘ぐ投資家は、ときにバランス感覚を失い、成績を落としがちでしょう。

そんなときはパソコンから一時離れ、この本を手に取ってみるといいかもしれません。

Q2 5点満点で採点すると?
読みやすい★★★★★
知識がつく★★★★
おもしろい★★★★★
儲かる★★★★
専門的★★★★
総合オススメ度★★★★
高橋 大樹 さん
Hiroki Takahashi
高橋 大樹さん


著述家

原油相場 石油投資を始める前に読む本 大学卒業後、米国留学、セミナー会社等を経て、経済系新聞社の記者に。現場での取材だけでなく投資専門紙の編集や執筆にも従事する。エネルギー・為替関連のマーケットアドバイザーとしてラジオNIKKEI「マーケットトレンド」に出演。著書に 『原油相場 石油投資を始める前に読む本』がある。

ウェブサイト 高橋大樹のマーケット放浪記

このコーナーの更新は、Traders Shopより無料で配信しているメールマガジンでもお知らせしています。


<< Home / 《オススメの一冊》一覧 / 高橋 大樹 さん Page Top

Copyright(C) 1999-2021 Traders Shop All Rights Reserved.