トレーダーズショップ

トップかごを見るこのページのPC版




DVD 相場で道をひらく7つの戦略 〜標準偏差ボラティリティトレード〜

西山孝四郎(石原順)が30年の運用経験から学んだ実践方法

巨額の資産を運用するとともに確実に利益を得なければならない厳しい世界で、
30年もの間、現役で生き続けているファンドマネージャーが投資の極意を明かします。

年単位で一時的にも損失を出せばファンドの打ち切りや職を失う厳しい現実で、
どのようにリスクをコントロールをしながら、
忍耐強く、そして冷静に売買の判断を下してきたのでしょうか。

変わり続ける環境に順応しながら
その先を見越した鋭い視野と確かな技術を真似ることは簡単なことではありませんが、
投資の王道ともいうべき変わることのない根底となる理論と実践は
初心者だけでなく、ある程度経験を積んだ投資家にとっても得られるものは多いはずです。

長い運用経験の中で学んだ市場の見方と運用手法を
わかりやすく解説します。

>>>詳しくはこちら


ラジオNIKKEIの人気講師が語る『2015年相場の行方と狙いの注目銘柄』

注目相場を一刀両断!

「過剰流動性相場はいつまで続くのか?」金森 薫

「パラダイムシフト相場の戦略」櫻井英明

「経営指標ランキングシート」井上 哲男

「2015年の相場道の極意」杉村 富生

>>>詳しくはこちら


DVD サイクルから見た株式相場 有望セクターと銘柄

経済の千里眼 菅下氏が2015年の有望銘柄を大予測
2015年から2016年にかけて未来のシナリオを読み解く

2015年の有望セクターと銘柄、そして2016年までの日経平均株価の目標値まで予測する。

2016年7月までの日経平均株価の目標値は2万2666円。
これを突破すると、その先には戦後6回目の大相場が待ち構えているという。

この予測を裏付ける2015年の有望セクターは大きく分けて3つ。
底上げセクター、QE2(もしくはQE3)セクター、成長戦略セクターである。

各セクターから有望銘柄の具体例として各15銘柄を紹介する。

>>>詳しくはこちら