携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 12月2日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/09/29 18:00, 提供元: フィスコ

29日の香港市場概況:ハンセン0.5%安で続落、不動産と自動車に売り

*18:00JST 29日の香港市場概況:ハンセン0.5%安で続落、不動産と自動車に売り
29日の香港市場は、主要73銘柄で構成されるハンセン指数が前日比85.01ポイント(0.49%)安の17165.87ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が46.37ポイント(0.78%)安の5912.25ポイントとそろって続落した(ハンセン指数は11年ぶり安値更新)。売買代金は916億8360万香港ドルとなっている(28日は1087億5160万香港ドル)。


中国景気の先行き不安が投資家心理の重し。国際機関や投資銀行は、中国GDP成長見通しの下方修正が相次いでいる。中国不動産業を巡る不透明感も再燃した。上海を拠点とする不動産デベロッパー、旭輝HD(884/HK)にも債務不履行(デフォルト)観測が浮上している(旭輝株は16.3%安)。不動産デベロッパーを巡っては、資金不足などにより建設工事が中断した未完成住宅「爛尾楼(ランウェイロウ)」や巨額債務の問題が不透明要因としてくすぶる状況だ。ただ、下値は限定的。米金利の低下や、中国当局の景気テコ入れスタンスを手がかりに、指数はプラス圏で推移する場面もみられた。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、デベロッパーや管理サービスの本土不動産が急落。碧桂園HD(2007/HK)が11.6%安、龍湖集団HD(960/HK)が7.5%安、碧桂園服務HD(6098/HK)が7.2%安と下げが目立った。


自動車セクターも安い。東風汽車集団(489/HK)が8.1%、小鵬汽車(9868/HK)が5.3%、長城汽車(2333/HK)が4.1%、吉利汽車HD(175/HK)が3.4%ずつ下落した。このほか、新規上場した新興電気自動車(EV)メーカーの浙江零ホウ科技(9863/HK)が公募価格(48.00香港ドル)を33.54%下回る31.90香港ドルで初日取引を終えている。市場の一部からは、EV車の競争激化が懸念材料と指摘された。


宅配や荷役など物流関連の銘柄群もさえない。嘉里物流聯網(636/HK)が5.0%安、中国外運(598/HK)が3.3%安、深セン国際HD(152/HK)が3.1%安と値を下げた。


半面、香港拠点の電力・不動産の一角はしっかり。電能実業(6/HK)が1.3%高、中電HD(2/HK)が1.1%高、長江実業集団(1113/HK)が1.8%高、恒隆地産(101/HK)が0.9%高で引けた。米金利の低下を受け、通貨を米ドルにペッグしている香港でも、域内の急速な金利上昇懸念が薄らいでいる。


一方、本土市場は続落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.13%安の3041.21ポイントで取引を終了した。不動産株が安い。銀行株、運輸株、小売・酒造株、公益株、保険・証券株なども売られた。半面、医薬品株は高い。エネルギー株、ハイテク株、素材株も買われた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

記事一覧

  • 2022/12/03 18:24:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ISM非製造業、米PPI、ドル円動向
  • 2022/12/03 17:08:新興市場見通し:景気後退懸念と円高進行のなか相対優位は継続
  • 2022/12/03 14:26:国内株式市場見通し:米CPIやFOMC前に手掛けづらい展開
  • 2022/12/03 14:25:新興市場見通し:景気後退懸念と円高進行のなか相対優位は継続
  • 2022/12/03 14:24:米国株式市場見通し:PPIに注目、相場変動率は限定的に
  • 2022/12/03 13:55:為替週間見通し:下げ渋りか、米インフレ高止まりで利上げ継続予想は変わらず
  • 2022/12/03 13:54:日米の注目経済指標:日本の7-9月期GDP改定値は上方修正の可能性
  • 2022/12/03 13:54:ユーロ週間見通し:もみ合いか、米利上げペース減速を巡って売買交錯も
  • 2022/12/03 13:53:豪ドル週間見通し:もみ合いか、豪準備銀行理事会や7-9月期GDP発表に注目
  • 2022/12/03 13:52:英ポンド週間見通し:もみ合いか、英国経済の先行き不安は解消されず
  • 2022/12/03 10:00:個人投資家・有限亭玉介:年末ラリーに期待!強いチャートで注目する銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2022/12/03 09:35:2日のNY市場はまちまち
  • 2022/12/03 09:32:米国株式市場はまちまち、雇用統計上振れも利上げ減速期待が下支え(2日)
  • 2022/12/03 09:25:NY株式:米国株式市場はまちまち、雇用統計上振れも利上げ減速期待が下支え
  • 2022/12/03 07:32:前日に動いた銘柄 part2 レーザーテック、ユニネク、ウェルプレイド・ライゼストなど
  • 2022/12/03 07:15:NY金:弱含み、利食い売りで一時1800ドルを下回る
  • 2022/12/03 07:15:前日に動いた銘柄 part1 リファインバスG、マキタ、メルカリなど
  • 2022/12/03 07:13:NY原油:反落、世界経済の減速懸念残る
  • 2022/12/03 07:12:NY債券:米長期債相場は下げ渋り、利上げペース減速予想は変わらず
  • 2022/12/03 07:11:NY為替:米利上げ減速予想は変わらず、ドル買い縮小
  • ■投資ニュース

  • 2022/12/03 18:24:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ISM非製造業、米PPI、ドル円動向
  • 「カレンダー2023」ランキング (11/22更新)

    バックナンバー

    2023源太カレンダー

    1. 2023源太カレンダー
    2. 株式手帳 2023 [黒]
    3. 為替手帳 2023 [ブラック]
    4. ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2023
    5. 株式手帳 2023 [茶]


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (21MB) Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。