携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 12月2日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/09/29 17:16, 提供元: フィスコ

井関農 Research Memo(6):2022年12月期は増収及び営業増益を見込む

*17:16JST 井関農 Research Memo(6):2022年12月期は増収及び営業増益を見込む
■今後の見通し

1. 2022年12月期の業績見通し
井関農機<6310>の2022年12月期の連結業績は、売上高で前期比5.3%増の166,500百万円、営業利益で同13.3%増の4,700百万円、経常利益で同1.9%減の4,600百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同3.0%減の3,100百万円と増収及び営業増益、経常利益以下は前期並みを見込んでいる。2022年12月期第2四半期において海外市場が好調だったことを受け、売上高に占める国内・海外の割合を見直しているものの、通期の予想は据え置いた。国内売上高は、期初予想を6,200百万円下方修正し112,800百万円、海外売上高は、6,200百万円上方修正し53,700百万円を見込んでいる。

2. 国内事業
国内事業は、米価の下落と販売価格の改定の影響から減収を見込んでいるが、新中期経営計画を着実に実行し、農地の大規模化に合わせてトラクタの「TJ」シリーズ、コンバインの「HJ」シリーズ、田植機の「さなえPRJ8」など大型農機の販売に注力すること、各整備拠点でのサービス・サポート対応の強化によって部品・修理収入をしっかりと確保する計画である。

国内の販売面ではI-Magazineを使用した営業活動の効率化が期待される。I-Magazineはクラウド型営業モバイルツールで、製品動画を見せながらの営業、他部署(主に技術に詳しい「夢ある農業総合研究所」などの職員)の人員と一緒になった営業が可能になるほか、在庫管理、営業職の行動管理などが可能になる。2022年12月期中に全国の販売会社に配布をし、営業活動の効率化を実現する考えだ。

また、部品・修理収入の確保に関しては、ブロック戦略を導入することによって大型整備拠点を中心とした販売・整備体制の確立を進める計画だ。適正収穫時期に農機が故障し作業ができなくなってしまうと損失が大きくなることから、企業のサポート・メンテナンス体制も農機購入の際の重要な判断指標になるという。大型整備拠点を中心に収穫時期が終わった後の格納点検・整備をしっかりと行い、故障を事前に防ぐことで顧客の信頼及びリピーターを獲得する考えだ。

3. 海外事業
同社の海外事業は、上期の好調が継続することと受注残が業績に寄与することを見込んでいる。北米と欧州はライフスタイルの変化を捉え、しっかりと業績に取り込む計画だ。また、ISEKIドイツ社を連結子会社としたことによる販売体制の強化も業績の拡大に寄与することが予想される。アジアではタイで連結子会社化したISTを中心に畑作に対応したトラクタを投入し、市場のニーズをしっかりと捉える方針だ。これにより、海外売上高は同社初の500億円を突破することを見込んでいる。

2022年12月期の業績予想は、達成の可能性が高いと弊社は考える。国内市場は軟調な推移が予想されるものの、海外市場においては受注残が積み上がっており、これが業績の拡大に寄与するためだ。また、利益についても改善が期待される。2022年6月から実施している原材料価格の高騰を受けた価格の改定が下期に効果を現し始めるためだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 清水陽一郎)


《SI》

記事一覧

  • 2022/12/03 18:24:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ISM非製造業、米PPI、ドル円動向
  • 2022/12/03 17:08:新興市場見通し:景気後退懸念と円高進行のなか相対優位は継続
  • 2022/12/03 14:26:国内株式市場見通し:米CPIやFOMC前に手掛けづらい展開
  • 2022/12/03 14:25:新興市場見通し:景気後退懸念と円高進行のなか相対優位は継続
  • 2022/12/03 14:24:米国株式市場見通し:PPIに注目、相場変動率は限定的に
  • 2022/12/03 13:55:為替週間見通し:下げ渋りか、米インフレ高止まりで利上げ継続予想は変わらず
  • 2022/12/03 13:54:日米の注目経済指標:日本の7-9月期GDP改定値は上方修正の可能性
  • 2022/12/03 13:54:ユーロ週間見通し:もみ合いか、米利上げペース減速を巡って売買交錯も
  • 2022/12/03 13:53:豪ドル週間見通し:もみ合いか、豪準備銀行理事会や7-9月期GDP発表に注目
  • 2022/12/03 13:52:英ポンド週間見通し:もみ合いか、英国経済の先行き不安は解消されず
  • 2022/12/03 10:00:個人投資家・有限亭玉介:年末ラリーに期待!強いチャートで注目する銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2022/12/03 09:35:2日のNY市場はまちまち
  • 2022/12/03 09:32:米国株式市場はまちまち、雇用統計上振れも利上げ減速期待が下支え(2日)
  • 2022/12/03 09:25:NY株式:米国株式市場はまちまち、雇用統計上振れも利上げ減速期待が下支え
  • 2022/12/03 07:32:前日に動いた銘柄 part2 レーザーテック、ユニネク、ウェルプレイド・ライゼストなど
  • 2022/12/03 07:15:NY金:弱含み、利食い売りで一時1800ドルを下回る
  • 2022/12/03 07:15:前日に動いた銘柄 part1 リファインバスG、マキタ、メルカリなど
  • 2022/12/03 07:13:NY原油:反落、世界経済の減速懸念残る
  • 2022/12/03 07:12:NY債券:米長期債相場は下げ渋り、利上げペース減速予想は変わらず
  • 2022/12/03 07:11:NY為替:米利上げ減速予想は変わらず、ドル買い縮小
  • ■投資ニュース

  • 2022/12/03 18:24:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ISM非製造業、米PPI、ドル円動向
  • 「カレンダー2023」ランキング (11/22更新)

    バックナンバー

    2023源太カレンダー

    1. 2023源太カレンダー
    2. 株式手帳 2023 [黒]
    3. 為替手帳 2023 [ブラック]
    4. ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2023
    5. 株式手帳 2023 [茶]


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (21MB) Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。