携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 8月7日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/12/11 15:19, 提供元: フィスコ

リソー教育 Research Memo(9):既存事業の家庭教師派遣事業では中核市への拠点設置に注力中

*15:19JST リソー教育 Research Memo(9):既存事業の家庭教師派遣事業では中核市への拠点設置に注力中
■中長期成長戦略と進捗状況

4. 家庭教師派遣教育事業の成長戦略と進捗状況
家庭教師派遣教育事業は子会社の名門会が担っている。リソー教育<4714>の中では比較的早い1989年から事業を開始した。100%プロの社会人講師が指導することと、学習塾・予備校に比べて情報開示が不透明な家庭教師業界にあって、進学実績をきちんと公表している唯一の事業者であるという点が特長かつ差別化要因となっている。

家庭教師はTOMAS同様、個別指導であるが、指導場所が異なる。同社グループとしては1都3県ではTOMASの拡大に注力し、TOMASの営業地域外においては家庭教師による個別指導という形ですみ分けてきた。その結果、名門会の地域別売上構成は、首都圏が31%、それ以外が69%となっている。

家庭教師派遣教育事業セグメントを担う名門会としての成長戦略は大きく2つだ。1つは既存事業である家庭教師派遣の拠点数拡大であり、もう1つは新規事業としての個別指導塾「TOMEIKAI」の展開だ。

(1) 家庭教師派遣教育事業の進捗状況
家庭教師派遣教育事業では従来あまり出店していなかった中核市への出店を強化していく方針だ。同社は元来、大阪、名古屋に代表される政令指定都市中心に家庭教師派遣事業を展開してきたが、今後は市場性の高い中核市を吟味しながら拠点数を拡大し、収益の成長実現を図るとみられる。

2020年2月期は北関東地域の強化を打ち出しており、2020年2月期第2四半期においては5月に宇都宮、8月に水戸・高崎に、それぞれ拠点を開設した。さらに下期に入った9月にはつくば駅前校を開設した。

今後は既に拠点を設けている政令指定都市についても、大阪、名古屋といった人口・経済の規模の大きい都市では、拠点の追加開設も検討していく方針だ。

(2) TOMEIKAIの進捗状況
名門会のもう1つの成長戦略は、TOMAS事業の地方展開だ。同社本体が手掛けるTOMAS事業は営業地域を1都3県に限定し、地方については名門会が「TOMEIKAI」ブランドで展開する方針を決定している。

TOMEIKAIは、2019年2月末時点で全国に7校を展開している。2020年2月期第2四半期は新規の開校はなく7校体制が続いている。これは出店候補地の再検討や市場性の精査に時間を要しているためと弊社では推測している。

TOMEIKAI事業のポテンシャルについては、1県2校平均と考えて全国で80〜90校の開校余地があると考えられる。また、医学部をターゲットに門前教室的に開校するケースを想定しても、国公立や私立大学の医学部全81校のうち75校が1都3県以外のエリアにあることに照らすと、やはり80〜90校の開校余地があるとの見方が可能だ。

一方、リスク要因としては、地方の人口減少や地域経済の疲弊が予想以上のスピードで進行していることが挙げられる。前述の潜在市場規模も、半分の50校程度とみておくほうが確実という可能性もある。TOMEIKAIの開校ペースが他の事業・業態よりも緩慢なのはこうした要因も理由の1つとなっている可能性がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)



《ST》

記事一覧

  • 2020/08/11 03:46:NY外為:リスクオン、ダウ一段高、300ドル超高
  • 2020/08/11 01:55:[通貨オプション]変動率低下、レンジ相場や日本の連休でOP売り続く
  • 2020/08/11 01:08:NY外為:加ドル買い強まる、原油高、需要回復期待
  • 2020/08/11 00:27:NY外為:ドル・円、ユーロ・円安値更新
  • 2020/08/10 23:14:【市場反応】米6月JOLT求人件数、予想外に増加、ドルは下落
  • 2020/08/10 22:35:NY外為:ドル買い一段落、米債利回りは低下
  • 2020/08/10 20:11:欧州為替:ドル・円は一時106円18銭、ユーロ安・ドル高は継続
  • 2020/08/10 19:11:欧州為替:ドル・円は下げ渋り、105円台後半で押し目買い興味も
  • 2020/08/10 18:09:欧州為替:ユーロ売り・米ドル買い一服、ドル・円はやや上げ渋る
  • 2020/08/10 17:02:東京為替:ドル・円は切り返し、ユーロ・ドルの失速で
  • 2020/08/10 16:00:東京為替:ドル・円は持ち直し、ドルの買戻しで
  • 2020/08/10 15:40:米国株見通し:伸び悩みか、追加コロナ支援を好感も米中対立が重石
  • 2020/08/10 15:09:東京為替:ドル・円は底堅い、欧米株高観測でやや円売り
  • 2020/08/10 14:40:東京為替:ドル・円は動意薄、ユーロ・ドルはほぼ横ばい
  • 2020/08/10 14:07:東京為替:ドル・円はこう着、ユーロ・ドルは上げ渋り
  • 2020/08/10 13:39:東京為替:ドル・円は変わらず、豪ドル・円は上値が重い
  • 2020/08/10 13:17:東京為替:ドル・円は横ばい、ユーロ・ドルは上昇基調を維持
  • 2020/08/10 12:00:東京為替:ドル・円は下げ渋り、ドル売りは継続
  • 2020/08/10 11:24:東京為替:ドル・円は105円70銭台で推移し、やや下げ渋る展開
  • 2020/08/10 10:39:東京為替:ドル・円は105円70銭台で推移、中国関連の経済指標は予想をやや上回る
  • ■投資ニュース

  • 2020/08/11 03:46:NY外為:リスクオン、ダウ一段高、300ドル超高
  • JPXに移管「商品先物」ランキング (07/17更新)

    バックナンバー

    先物市場のテクニカル分析

    1. 先物市場のテクニカル分析
    2. 指数先物の高勝率短期売買
    3. 先物市場の高勝率トレード
    4. 日経平均VI入門
    5. 先物の世界 相場開眼


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。