携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 8月14日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/12/11 15:14, 提供元: フィスコ

リソー教育 Research Memo(4):全セグメントが増収となり、2ケタの増収増益で着地

*15:14JST リソー教育 Research Memo(4):全セグメントが増収となり、2ケタの増収増益で着地
■業績の動向

1. 2020年2月期第2四半期決算の概要
リソー教育<4714>の2020年2月期第2四半期決算は、売上高12,987百万円(前年同期比10.0%増)、営業利益1,166百万円(同19.8%増)、経常利益1,165百万円(同19.0%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益727百万円(同25.3%増)と、増収増益で着地した。

同社は通期ベースで業績予想を管理しており第2四半期の業績予想を公表していない。したがって事前予想との比較はない。しかしながら、通期予想に対する進捗率や前年同期比伸び率などから判断すると、通期予想の線に沿った順調な進捗だったと弊社では評価している。

売上高は5つの事業セグメントすべてで前年同期比増収となり、全社ベースでは前述のように前年同期比10.0%増収となった。増収額では売上構成比で47%を占める学習塾事業(TOMAS)の伸長が大きく、増収額1,179百万円の約47%に相当する551百万円の増収となった。一方伸び率では、学校内個別指導事業(スクールTOMAS)の伸びが17.1%増と最も高く、以下、幼児教育事業(伸芽会)の12.4%増、学習塾事業の9.4%増と続いた。

利益面では、売上総利益率が28.1%となり、前年同期の27.4%から0.7ポイント改善した。収益性の高い幼児教育事業が全社平均を上回る増収率となって売上構成比を高めたことや、学校内個別指導事業の採算性が大きく改善したことが要因とみられる。販管費は前年同期比9.4%増となったが売上高の伸び率を下回ったため販管費率は19.1%と、前年同期の19.2%から0.1ポイント改善した。これらの結果、営業利益は前述のように前年同期比19.8%増となり、営業利益率は9.0%と前年同期の8.2%から0.8ポイント改善した。

2020年2月期第2四半期決算のポイントは2つあると弊社では考えている。1つは、生徒数の増加を伴った増収を実現していることだ。同社は学校・教室数も増やしつつあるが、その影響を排除した実質ベースでも生徒数を増加させることに成功している。少子化の影響下にあって数量(生徒数)と単価の両要因で増収を達成している稀有な企業と言うことができる。もう1つは5つの事業セグメントすべてで利益率が社内目標を達成したことだ。前年同期との比較においても学校内個別指導事業が黒字転換を果たすなど、全般に利益率が改善傾向にある。こうした2つの点で充実した結果を残したということで、2020年2月期第2四半期が好決算であったことはもちろん、質的にも充実した半年だったと評価することができるだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)



《ST》

記事一覧

  • 2020/08/15 18:00:個人投資家・有限亭玉介:チェック中のDX関連銘柄 【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2020/08/15 17:41:来週の相場で注目すべき3つのポイント:バリュー株の動向、各国製造業PMI、ニューラルポケットIPO
  • 2020/08/15 14:57:為替週間見通し:ドルは伸び悩みか、FOMC議事要旨などが手掛かり材料に
  • 2020/08/15 14:56:国内外の注目経済指標:ユーロ圏製造業PMIはさらなる改善も
  • 2020/08/15 14:55:ユーロ週間見通し:下げ渋りか、ユーロ圏企業景況感などが手掛かり材料に
  • 2020/08/15 14:54:豪ドル週間見通し:底堅い展開か、追加緩和観測後退が下支え
  • 2020/08/15 14:54:英ポンド週間見通し:伸び悩みか、企業景況感の指標などが手掛かり材料に
  • 2020/08/15 14:38:新興市場見通し:「躍進」新興企業に更なる成長期待、IPOではニューラル
  • 2020/08/15 14:09:国内株式市場見通し:日経平均は外部環境次第で上値試す
  • 2020/08/15 14:08:米国株式市場見通し:経済指標や企業決算で投資家心理は改善か
  • 2020/08/15 09:36:14日のNY市場は高安まちまち
  • 2020/08/15 09:32:米国株はまちまち、米中の小売売上高鈍化が重し(14日)
  • 2020/08/15 09:18:NY株式:米国株はまちまち、米中の小売売上高鈍化が重し
  • 2020/08/15 07:59:NY債券:米長期債相場はもみ合い、景気回復のペースは鈍化傾向
  • 2020/08/15 07:57:NY金:反落、戻り売りの興味残る
  • 2020/08/15 07:56:NY原油:続落、利食い売り継続で一時42ドルを下回る
  • 2020/08/15 07:32:前日に動いた銘柄 part2 富士フイルム、ミズホメディー、アールエスシーなど
  • 2020/08/15 07:20:NY為替:ドル弱含み、7月米小売売上高は市場予想を下回る
  • 2020/08/15 07:15:前日に動いた銘柄 part1 アジア航測、ユナイテッドアローズ、オイシックス・ラ・大地など
  • 2020/08/15 04:14:8月14日のNY為替概況
  • ■投資ニュース

  • 2020/08/15 18:00:個人投資家・有限亭玉介:チェック中のDX関連銘柄 【FISCOソーシャルレポーター】
  • JPXに移管「商品先物」ランキング (07/17更新)

    バックナンバー

    先物市場のテクニカル分析

    1. 先物市場のテクニカル分析
    2. 指数先物の高勝率短期売買
    3. 先物市場の高勝率トレード
    4. 日経平均VI入門
    5. 先物の世界 相場開眼


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。