携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 8月14日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/12/10 15:18, 提供元: フィスコ

USENNEX Research Memo(8):今期も利益超過達成の可能性

*15:18JST USENNEX Research Memo(8):今期も利益超過達成の可能性
■業績動向

3. 2020年8月期の業績見通し
2020年8月期の業績見通しについて、USEN-NEXT HOLDINGS<9418>は売上高197,000百万円(前期比12.1%増)、営業利益9,000百万円(同9.2%増)、経常利益7,700百万円(同14.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益3,300百万円(同45.6%減)を見込んでおり、2019年8月期に発生した不動産売却に伴う繰延税金資産の計上がなくなることにより親会社株主に帰属する当期純利益は減益予想となっているものの、その他は増収増益予想となる。尚、2020年8月期の業績見通しは中期経営計画に沿って提示された予想数値であるが、2020年8月期に緊急課題として注目される人手不足への対応に関しては、アルバイトマッチングアプリ「Baitry」や外国人材採用支援サービス「Stay Worker」が、接客サービスが顧客に多い店舗サービス事業及び業務用システム事業が恩恵を受けそうである。また、1年前倒して黒字化する見込みとなっているエネルギー事業の電力販売も注目される。こうした施策が順調に進捗すれば、2020年8月期も売上・利益が計画に対して超過達成する可能性が生じると考える。


中期経営計画も1年前倒し達成の可能性
4. 中期成長イメージ
中期経営計画「NEXT for 2024」で目標とする2022年8月期営業利益100億円、2024年8月期営業利益130億円について、達成する可能性が十分あると考えている。目標を達成すれば、年平均利益成長率は「高成長」の目安となる2ケタが見込まれる。ただし、営業利益率に関しては、前期先行コストの反動やキャンシステムの構造改革、通信事業のビジネス転換などプラス要因の一方、のれん償却が毎期30億円程度あること、高成長だが低採算のエネルギー事業の拡大などマイナス要因もあり、中期経営計画では4%台の水準で推移することになっている。新規成長事業のエネルギー事業は電力の卸売のため利益率が低く、全社の見た目の収益性の足を引っ張り、資産回転率も引き下げることになるからである。したがって、エネルギー事業を除くと、営業利益率は中期的に6%前後の高い水準での推移が、また、キャッシュを稼ぐ力を象徴するのれん償却前営業利益率は8%前後とさらに高い水準が見込まれる。以上から、「NEXT for 2024」が順調に進捗すれば、高収益・高成長なキャッシュ創出な企業と言うことができるだろう。もちろん借入金の返済も、中期経営計画どおり実行される予定である。さらに、2020年8月期の業績が超過達成するようなことになれば、収益モメンタムが強まったと理解できることから、中期経営計画も1年前倒しされる可能性が高くなると考える。同社の成長性発揮に期待したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)



《ST》

記事一覧

  • 2020/08/14 10:57:シノケングループ---2Qは1Qに比べ減少幅縮小、ゼネコン事業とエネルギー事業を中心に好調に推移
  • 2020/08/14 10:54:テリロジー---1Q利益率の向上及び経費の減少効果により、大幅増益
  • 2020/08/14 10:54:出来高変化率ランキング(10時台)〜メドピア、ロコガイドなどがランクイン
  • 2020/08/14 10:48:(中国)上海総合指数は0.15%安でスタート、慎重ムードが強い
  • 2020/08/14 10:47:ミズホメディー---ストップ高買い気配、新型コロナPOCT検査キットを発売へ
  • 2020/08/14 10:44:東京為替:ドル・円は107円近辺で推移し、下げ渋る状態が続く
  • 2020/08/14 10:33:脆弱性が高い新興国は?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
  • 2020/08/14 10:30:大戸屋HD---5日続伸、オイシックスとの業務提携を14日に決議予定と
  • 2020/08/14 10:26:「国境対馬振興特別措置法案」だけで国境は護れるのか【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
  • 2020/08/14 10:06:東京為替:ドル・円は引き続き106円90銭台で推移
  • 2020/08/14 10:03:マブチモーター---急騰、通期経常利益は上方修正で業績底打ち意識も
  • 2020/08/14 10:03:概況からBRICsを知ろう 上海指数総合は小動き、全体としては方向感を欠く展開
  • 2020/08/14 10:02:富士フイルム---続伸、第1四半期は市場想定を上回る着地に
  • 2020/08/14 10:00:出来高変化率ランキング(9時台)〜カヤック、ボルテージなどがランクイン
  • 2020/08/14 09:57:アールエスシー---ストップ高買い気配、第1四半期営業利益は72%増
  • 2020/08/14 09:36:日経平均は74円高でスタート、富士フイルムやエーザイが堅調
  • 2020/08/14 09:34:カヤック---急騰、20年12月期業績予想を上方修正
  • 2020/08/14 09:28:電通グループ---大幅続伸、4-6月期は大幅減益も想定以上に底堅い決算に
  • 2020/08/14 09:28:東京為替:株高持続、ドル・円は106円90銭台で推移
  • 2020/08/14 09:04:個別銘柄戦略:ZOZOやセコムに注目
  • ■投資ニュース

  • 2020/08/14 10:57:シノケングループ---2Qは1Qに比べ減少幅縮小、ゼネコン事業とエネルギー事業を中心に好調に推移
  • JPXに移管「商品先物」ランキング (07/17更新)

    バックナンバー

    先物市場のテクニカル分析

    1. 先物市場のテクニカル分析
    2. 指数先物の高勝率短期売買
    3. 先物市場の高勝率トレード
    4. 日経平均VI入門
    5. 先物の世界 相場開眼


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。