携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 8月14日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/12/09 15:11, 提供元: フィスコ

プロスペクト Research Memo(1):不動産関連を中心に建設、投資顧問業など幅広い事業を行う複合企業

*15:11JST プロスペクト Research Memo(1):不動産関連を中心に建設、投資顧問業など幅広い事業を行う複合企業
■要約

プロスペクト<3528>の起源は、繊維事業を行っていた井波機業株式会社であったが、1994年に繊維事業から撤退し、事業の主力を不動産事業(主にマンション分譲)に転換した。その後、一時期はマンション開発大手の大京グループに属していたが、2007年に自主独立経営を開始、ファンドとして同社への投資を行っていた旧(株)プロスペクトのオーナー社長であったカーティス・フリーズ氏が2010年に同社の代表取締役社長に就任した※1。それからはM&Aにより建設事業、注文住宅事業などへ事業を拡大し、現在では不動産販売事業(マンション分譲、土地建物、注文住宅)、アセットマネジメント事業、建設事業※2、ソーラー発電を含む再生可能エネルギー事業などの幅広い事業を行っている。

※1 カーティス・フリーズ氏は、2019年3月期第2四半期決算の四半期報告書提出遅延にかかる混乱の責任を取り2018年12月13日付で代表取締役を退き、さらに同社が2020年3月期から監査等委員会設置会社へ移行するのに伴い2019年6月27日付で取締役を退任している。
※2 建設事業は、2019年3月に子会社株式をすべて売却したことから2020年3月期からはセグメントに含まれない。またアセットマネジメント事業も、2019年5月に子会社の清算を決議しているので、2019年5月までの業績が2020年3月期連結業績に反映されるが、それ以降は連結業績に含まれない。両セグメントともに2021年3月期には完全に除外される。


1. 2020年3月期第2四半期業績(実績)
2020年3月期第2四半期業績の連結業績は、売上高1,833百万円(前年同期比45.8%減)、営業損失1,383百万円(前年同期は1,907百万円の損失)、経常損失477百万円(同1,483百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失536百万円(同1,569百万円の損失)となった。営業損失となった最大の理由は、2017年7月に子会社化したThe Prospect Japan Fund Limited(以下、TPJF。2019年5月15日付で解散及び清算を決議)が保有する有価証券の下落により評価損等を計上し、それらが連結決算としてマイナスの売上高、営業損失として計上されたことによる。ただし、それ以外の各事業セグメントはほぼ計画どおり順調に推移した。また貸付金の回収が進んだことから貸倒引当金戻入額496百万円を営業外収益に計上したことから、経常損失は営業損失より縮小した。これらの多くは現金の流出を伴う損失ではなくあくまで評価損なので、手元資金への影響は少なかった。

2. 2020年3月期業績見通し
同社は、「ロシアにおけるバイオマス発電関連事業が進行中であり、また重要なセグメントの1つであるアセットマネジメント事業や海外で展開している不動産事業は、経済情勢や市場環境の変動による影響を大きく受ける傾向にあることから、通常の業績を適正に予想し開示することが極めて困難なため、業績予想は開示しない方針」と述べている。したがって2020年3月期の連結業績予想は開示されていないが、2020年3月期は復配を行う方針で、年間1円の配当を必達目標と設定し、配当を実施するために、業績の回復に加えて資本剰余金や利益剰余金の振替えなどの施策を実行した。

■Key Points
・不動産関連を中心に建設、投資顧問業、再生可能エネルギー関連など幅広い事業を行う複合企業
・再生可能エネルギー関連事業を成長ドライバーに、M&Aも積極的に推進

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)



《YM》

記事一覧

  • 2020/08/14 12:03:サイバーリンクス---2Q決算発表、大幅増収増益
  • 2020/08/14 12:02:注目銘柄ダイジェスト(前場):Dスタンダード、カヤック、マブチモーターなど
  • 2020/08/14 11:48:Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(前引け)
  • 2020/08/14 11:40:東京為替:ドル・円は106円90銭台で推移し、下げ渋る状態が続く
  • 2020/08/14 10:57:シノケングループ---2Qは1Qに比べ減少幅縮小、ゼネコン事業とエネルギー事業を中心に好調に推移
  • 2020/08/14 10:54:テリロジー---1Q利益率の向上及び経費の減少効果により、大幅増益
  • 2020/08/14 10:54:出来高変化率ランキング(10時台)〜メドピア、ロコガイドなどがランクイン
  • 2020/08/14 10:48:(中国)上海総合指数は0.15%安でスタート、慎重ムードが強い
  • 2020/08/14 10:47:ミズホメディー---ストップ高買い気配、新型コロナPOCT検査キットを発売へ
  • 2020/08/14 10:44:東京為替:ドル・円は107円近辺で推移し、下げ渋る状態が続く
  • 2020/08/14 10:33:脆弱性が高い新興国は?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
  • 2020/08/14 10:30:大戸屋HD---5日続伸、オイシックスとの業務提携を14日に決議予定と
  • 2020/08/14 10:26:「国境対馬振興特別措置法案」だけで国境は護れるのか【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
  • 2020/08/14 10:06:東京為替:ドル・円は引き続き106円90銭台で推移
  • 2020/08/14 10:03:マブチモーター---急騰、通期経常利益は上方修正で業績底打ち意識も
  • 2020/08/14 10:03:概況からBRICsを知ろう 上海指数総合は小動き、全体としては方向感を欠く展開
  • 2020/08/14 10:02:富士フイルム---続伸、第1四半期は市場想定を上回る着地に
  • 2020/08/14 10:00:出来高変化率ランキング(9時台)〜カヤック、ボルテージなどがランクイン
  • 2020/08/14 09:57:アールエスシー---ストップ高買い気配、第1四半期営業利益は72%増
  • 2020/08/14 09:36:日経平均は74円高でスタート、富士フイルムやエーザイが堅調
  • ■投資ニュース

  • 2020/08/14 12:03:サイバーリンクス---2Q決算発表、大幅増収増益
  • JPXに移管「商品先物」ランキング (07/17更新)

    バックナンバー

    先物市場のテクニカル分析

    1. 先物市場のテクニカル分析
    2. 指数先物の高勝率短期売買
    3. 先物市場の高勝率トレード
    4. 日経平均VI入門
    5. 先物の世界 相場開眼


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。