携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (10月17日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 New!
アンディ えつこ
鏑木繁 小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/09/17 15:06

窪田製薬HD Research Memo(6):開発ステージのため損失が続くものの2019年12月期は会社計画通りの進捗

*15:06JST 窪田製薬HD Research Memo(6):開発ステージのため損失が続くものの2019年12月期は会社計画通りの進捗
■業績動向

1. 2019年12月期第2四半期累計業績
窪田製薬ホールディングス<4596>の2019年12月期第2四半期累計の連結業績は、事業収益の計上がなく、研究開発費や一般管理費の計上により営業損失が1,530百万円(前年同期は1,488百万円の損失)、税引前四半期損失並びに親会社の所有者に帰属する四半期損失がともに1,422百万円(同1,384百万円の損失)となり、前年同期比では若干損失が拡大した。

費用の内訳を見ると、研究開発費は前年同期比175百万円増加の1,269百万円となった。人件費及び諸経費が減少したものの、スターガルト病を対象とするエミクススタトの臨床試験費用や「PBOS」の開発費用増が主な増加要因となった。一方、一般管理費は同133百万円減少の260百万円となった。人員減に伴う人件費の減少や諸経費の削減に取り組んだことによる。なお、同社は2018年から経営体制の再構築(費用の適正化)に取り組んできたが、2019年12月期第1四半期で目標を達成しており、人員についても前四半期比では横ばい水準となっている。

2. 2019年12月期の業績見通し
2019年12月期の連結業績は、事業収益の発生を見込んでおらず、営業損失で3,200百万円(前期は3,273百万円の損失)、税引前損失、親会社の所有者に帰属する当期損失でそれぞれ3,000百万円(同3,046百万円の損失)と期初計画を据え置いている(為替前提レートは110円/米ドル)。研究開発費はスターガルト病の臨床第3相試験や「PBOS」、オプトジェネティクス等の開発費増により、前期の2,479百万円からやや増加する見込みだが、経営合理化による一般管理費の減少により相殺し、事業費の総額は前期並みの水準で計画している。なお、2020年12月期についてもNASAとの共同開発プロジェクトを除けば、研究開発費は2,500百万円をベンチマークとし、一般管理費についても500〜600百万円の水準が続く見通しとなっている。


手元資金は100億円弱となり、3年分の事業活動資金は確保
3. 財務状況について
2019年12月期第2四半期末の総資産は前期末比1,057百万円減少の10,232百万円となった。主な変動要因を見ると、流動資産は現金及び現金同等物、その他の金融資産が1,546百万円減少した。一方、非流動資産はその他の金融資産が541百万円増加したが、これは2019年よりIFRSの会計基準変更に伴い、リース対象資産をバランスシートに反映させることになったもので、その中身はリース債権(主にオフィス資産)となっている。

負債合計は前期末比107百万円減少の639百万円となった。流動負債でリース負債148百万円を計上した一方で、未払債務が205百万円、未払報酬が158百万円減少した。また、非流動負債では長期繰延賃借料及びリース・インセンティブ、その他が68百万円減少した一方で、リース負債196百万円を計上した。

資本合計は前期末比949百万円減少の9,593百万円となった。親会社の所有者に帰属する四半期損失1,422百万円の計上で繰越損失が拡大したものの、新株予約権の行使に伴い、資本金及び資本剰余金が641百万円増加したことによる。また、2019年12月期第2四半期末の手元資金は9,933百万円となっており、今後3年程度の事業費用は賄える水準となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《MH》

記事一覧

  • 2019/10/17 20:06:ドル・円は一時108円94銭まで上昇
  • 2019/10/17 19:42:17日の日本国債市場概況:債券先物は154円30銭で終了
  • 2019/10/17 19:02:欧州為替:ドル・円は本日高値を更新、ブレグジットの合意受け
  • 2019/10/17 18:57:米国株見通し:ブレグジット合意を好感
  • 2019/10/17 18:28:アドバンスクリエイト---9月度の月次速報を発表
  • 2019/10/17 18:17:欧州為替:ドル・円は本日高値圏、ポンドの上昇がけん引
  • 2019/10/17 18:15:日経平均テクニカル:5日ぶり小反落、ボリンジャーは上値拡張小休止
  • 2019/10/17 18:03:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は5日ぶりに小反落、KDDIと東エレクの2銘柄で約10円分押し下げ
  • 2019/10/17 18:00:17日の香港市場概況:ハンセン0.7%高で続伸、新世界発展3.9%上昇
  • 2019/10/17 17:39:サーバーワークス---2Qは売上高が30.74億円、リセールが好調に推移
  • 2019/10/17 17:34:ユナイテッド&コレクティブ---2Qも2ケタ増収、新規出店による店舗数が増加
  • 2019/10/17 17:02:暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:10月17日更新【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2019/10/17 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、ブレグジット合意期待も米利下げ継続に思惑
  • 2019/10/17 17:24:天然ゴムをテクニカル分析すると見えること サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
  • 2019/10/17 17:14:東証業種別ランキング:電力・ガス業が下落率トップ
  • 2019/10/17 16:57:米中最終合意への道筋
  • 2019/10/17 16:55:17日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安で3日続落、指標発表前に買い手控え
  • 2019/10/17 16:45:緊迫下の市場開放(1)【中国問題グローバル研究所】
  • 2019/10/17 16:36:JASDAQ平均は小反発、様子見ムードが強まるも時価総額上位銘柄は堅調
  • 2019/10/17 16:32:ヤマトHD、村田製、SUBARUなど
  • 提供元: フィスコ

    ■投資ニュース

  • 2019/10/17 20:06:ドル・円は一時108円94銭まで上昇
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (31MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「資金管理」ランキング (10/11更新)

    バックナンバー

    資産拡大フェア2019

    1. FXで勝つための資金管理の技術
    2. DVD マネー・マネジメンの追求
    3. 投資苑
    4. デイトレードの基本と原則
    5. ラルフ・ビンスの資金管理大全


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。